最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸能

岡村春彦さん死去、生い立ち、プロフィール、出演作品、著書

投稿日:

演出家で俳優の岡村春彦さんが5月31日、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。享年85歳。札幌南高等学校在学中に、加清純子や樫村幹夫らとともに文芸同人誌「青銅文学」を創刊。2008年に東京不知火座を設立。2009年には佐野碩の評伝『自由人 佐野碩の生涯』を発表した。

岡村春彦

岡村春彦

岡村春彦さん死去

演出家で俳優の岡村春彦さんが5月31日、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。

 

兄は報道カメラマンの故岡村昭彦氏。 劇団民芸の同期、故米倉斉加年さんらと劇団青年芸術劇場を立ち上げ、「森は生きている」などの演出を手掛け、また、TBSのテレビドラマ「七人の刑事」シリーズやNHK大河ドラマ「新・平家物語」などに出演しました。

岡村春彦

岡村春彦

岡村春彦さんの生い立ち

大日本帝国海軍参謀の岡村於菟彦の子として1935年3月9日東京都生まれる。

北海道放送演劇養成所に学ぶ。

北海道札幌南高等学校在学中に、加清純子や樫村幹夫らとともに文芸同人誌「青銅文学」を創刊。

加清純子とは恋仲であった。札幌南高校を追い出されるようなかたちで退学となり、「青銅文学」は27号で終刊。

加清純子

加清純子

 

退学後は、母の住む浜松へと転校した。

 

岡村春彦さんのプロフィール

日本の俳優・演出家。

生年月日:1935年3月9日

没年月日:2020年5月31日(85歳没)

出生地:日本・東京都

学歴:國學院大學卒

趣味:スキー、水泳

著名な家族

母方の曾祖父に日本赤十字社創設者で伯爵の佐野常民

伯父に医学者緒方知三郎

兄はジャーナリストの岡村昭彦

経歴

1960年、劇団民藝水品研究所3期生の同期である米倉斉加年や常田富士男らとともに劇団青年芸術劇場(現・シアター青芸)を旗揚げ。

安保闘争に参加するなど新劇の中でも異端の劇団で、福田善之の脚本と観世栄夫の演出で多くの話題作を発表したが、米倉の脱退などもあり、1966年に解散。

その後は六芸社へ所属。

2008年に東京不知火座を設立。

2009年には佐野碩の評伝『自由人 佐野碩の生涯』を発表した。

 

岡村春彦さんの出演作品

映画

製作年     映画主題        役柄

1959年    脅迫の影       アルバイトの大学生

1963年    真田風雲録      -

1969年    沖縄列島       ナレーター

1969年    ねじ式映画 わたし  -
ー            は女優

1970年    無常         荻野

1970年    日本の悪霊      警官

1972年    哥          有田

1990年    ウルトラQ ザ・ムービー  伊豆の郷土史家
ー            星の伝説

テレビドラマ

1960年   風に鳴る楡

1961年   三日月の影 尼子十勇士戦記

1961年   青春を返せ

1962年   女の園 第22話「扇」

1962年   純愛シリーズ  第38話

1962年   「シー・ハイル」第57話

1962年   「醜い人形」

1962年   汚れた、小さな手

1962年   泣くなマックス  第20話「けっこん」第25話「命美しく」

1963年   泣くなマックス  第25話「命美しく」

1963年   夕焼け雲

1963年   僕たちゃ天使なんか信じない

1963年   七人の刑事(第1シリーズ)第109話「時雨」

1964年   おかあさん(第2シリーズ)第224話「東京都札幌区」

1964年   七人の刑事(第2シリーズ) 第3話「城壁」

1964年               第95・96話「黙否犯人」

1966年               第149話「魔の詩」

1967年               第231話「復讐」

七人の刑事

七人の刑事

1969年   教育勅語

1964年   お富の貞操

1966年   ウルトラマン     第10話「謎の恐竜基地」

1966年     少年グラフ      林一郎カメラマン

1966年   望郷

1966年   三匹の侍  第6話「血と砂金」

1967年   三匹の侍 第21話「復讐」    川上広之進

1967年   レモンのような女   第1話「離婚 結婚」

1967年   ウルトラセブン   第4話「マックス号応答せよ」

ー               第6話「ダーク・ゾーン」 地球防衛軍・通信隊員

1968年   ある夏土佐にて

1971年   こどもが帰ったあとからは その3

1971年   シルバー仮面 第2話「地球人は宇宙の敵」  – キルギス星人(人間態・声)

1972年   新・平家物語     – 藤原成親

1972年   新・平家物語(総集編)- 藤原成親

新・平家物語

新・平家物語

1973年   ファイヤーマン   第7話「恐怖の宇宙細菌」 – 小宮博士

1973年   ウルトラマンタロウ 第20話「びっくり! 怪獣が降ってきた」 - お杉の夫

1975年   6羽のかもめ   第23話「非常識」

1975年   寿の日

1977年   日本の戦後  第2話「サンルームの二時間」

ー           第3話「酒田旅行」

1977年   青い沼の女

舞台

ー     セチュアンの善人、魔女傳説

 

岡村春彦さんの著書

2008年 『自由人 佐野碩の生涯』岩波書店

『自由人 佐野碩の生涯』

『自由人 佐野碩の生涯』

 

 佐野碩の演劇とのかかわり

佐野碩の演劇とのかかわりについて。

父の仕事の関係で、中国・天津の日本租界に出生。幼少時代に関節炎を患ったため右足が曲がらなくなり、終生杖が必要な体となった。

日本に帰国し、暁星小学校から暁星中学校に進むが、2年生時に旧制開成中学校に転校。

その後旧制浦和高等学校から東京帝国大学法学部に進学。

浦和高等学校時代に演劇活動を始め、校内に演劇研究会を発足させた。

しかし、1924年に文部省が官立学校での演劇を事実上禁止する訓令を発したため、演劇活動を学外に移すこととなった。

東大時代は新人会に所属した。この頃から社会主義運動に関心を示す。

移動劇団「トランク劇場」に参加し、社会主義演劇活動を行なう。

1926年にはトランク劇場を改組する形で村山知義・千田是也らと前衛座を結成。

 

前衛座はのちに左翼劇場と改名、1929年に結成された日本プロレタリア劇場同盟(プロット)の中心的存在となる。「インターナショナル」の訳詞で知られる。

佐野碩

佐野碩

 

まとめ

今回は「岡村春彦さん死去、生い立ち、プロフィール、出演作品、著書」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

志村けん

志村けん新型コロナの感染源はどこか。東京夜の繁華街が感染拡大の危険に?

ザ・ドリフターズの志村けんが、3月17日に発症。倦怠感をおぼえ、19日に発熱と呼吸困難の症状が出て20日に都内の病院に搬送され「重度の肺炎」との診断を受け入院。3月23日、新型コロナウイルス検査で陽性 …

志村けん

志村けんの感動エピソードと山下達郎、優香、渡辺美奈代からのメッセージ

志村けんの生前の感動エピソードとメッセージです。作家の高橋源一郎氏のツイッターでの生前のエピソード、相葉雅紀さんにかけた言葉、和田アキ子とのエピソード、パン君との別れ、山下達郎のメッセージ。優香、渡辺 …

神田愛花アナ

神田愛花がセント・フォースの合コン事情を告白「そこまで聞いてない!」衝撃!の解答とは

2月14日に放送された「ダウンタウンなう」に「セント・フォース」所属の女性キャスターがゲスト出演し神田愛花アナが、お酒が入った勢いもあってNHK時代の合コン事情を告白「そこまで聞いてない!」衝撃!の解 …

国山ハセンアナウンサー

国山ハセンアナ結婚を発表!お相手は「ナンパ婚」黒木メイサ似の 25歳の会社員

TBSの国山ハセンアナウンサーがTBS系「グッとラック!」で結婚したことを発表しまた。お相手は黒木メイサ似の25歳の会社員。「グッとラック!」の番組中で「簡単に言うと、私国山、ナンパしました。これはつ …

志村けんがけんかでマジギレ、島崎和歌子の顔も見たくない!

1月8日に「志村けんのバカ殿様マツコもサンドも氷川も初笑いSP」が放映されました。 この時のゲストがマツコ・デラックス、氷川きよし、そして島崎和歌子でした。その後、酒の席で志村けんと島崎和歌子がけんか …