最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

スポーツ

スティーブ・ダルコウスキー死去、体格、結婚、引退後【野球史上最速の投手】

投稿日:

200キロの速球を投げた伝説左腕が80歳で死去 。スティーブ・ダルコウスキーが4月20日(日本時間21日)、入院中の病院で死去した。100マイル(約161キロ)はおろか115マイル(約185キロ)。はたまた125マイル(約201キロ)投げたという伝説を残した。スティーブ・ダルコウスキー死去、体格、結婚、引退後、ケビン・コスナー主演で邦題「さよならゲーム」のモデル詳細。

スティーブ・ダルコウスキー

スティーブ・ダルコウスキー

 

スティーブ・ダルコウスキー死去

「野球史上最速の投手」スティーブ・ダルコウスキー死去。享年80歳。

テッドウィリアムズから「野球史上最速の投手」と呼ばれたと言われる野生の左利きのスティーブダルコウスキー氏が、今週、コネチカット州ニューブリテンで亡くなりました。

 

スティーブ・ダルコウスキー

スティーブ・ダルコウスキー

 

ダルコウスキーは90年代半ばにコネチカット州の自宅に戻り、残りの人生のほとんどを介護施設で過ごし、アルコール性痴呆に苦しみました。

 

新型コロナウイルスの症状も見られた、という。同氏はアルコール性認知症で26年間入院生活を送っていました。

スティーブ・ダルコウスキー家族はハートフォードクーラントで彼の死を発表しました。

 

スティーブ・ダルコウスキー

スティーブ・ダルコウスキー

 

史上最速200km/Hを超えた史上最速投手

ダルコウスキーは、1950年代と60年代のマイナーリーグで9年間、主にボルチモアオリオールズの組織で、メジャーリーグに到達することない投手でした。

しかし、その間、彼は驚異的な-そして恐ろしい-驚くべきスピードの燃えるような速球で無数の打者を驚かせました。

左腕からの剛速球投手として知られた同氏は一度もメジャーに昇格することはなかった。

そして、オープン戦で対戦したことのあるテッドウィリアムズの「最速」で打席に立つのが恐ろしかったなどとのコメントもあって、一気に米国で知られることになった。

テッドウィリアムズは、最後の4割打者と言われる名選手です。

テッド・ウィリアムズ

テッド・ウィリアムズ

 

またオリオールのポール・ブレアは、「彼は私が今まで見た中で最も激しく投げた。彼は私が今まで見た中で最もワイルドだった」と述べています

Paul-Blair

Oriole Paul Blair

 

メジャー昇格できなかったのは、稀代のノーコン投手で1957年に当時合ったDクラスでは9回平均17・6の三振を奪うも与四球が18・7。62回で39の暴投。同年8月31日には24奪三振、18四球、4死球、6暴投で4―8で敗れたこともあった。

スティーブ・ダルコウスキーの体格

スティーブ・ダルコウスキーは、意外にも、大きな体格ではなく、約5フィート10インチ(178cm)と175ポンド(79,4kg)でした。

 

彼はサイドアームとオーバーハンドの繰り出すところで、まるでパチンコのような動きをしました。

ケビン・コスナー主演で邦題「さよならゲーム」のモデル

 

ケビン・コスナー主演で邦題「さよならゲーム」として日本でも上映された映画「ブル・ダーラム」のモデルはこのダルコウスキー氏でした。

ケビン・コスナー主演で邦題「さよならゲーム」

ケビン・コスナー主演で邦題「さよならゲーム」


ー  Bull Durham (1988) – What Crash Believes Scene

 

スティーブ・ダルコウスキーの野球人生

スティーブ・ダルコウスキー

スティーブ・ダルコウスキー

 

スティーブンルイスダルコウスキージュニアは、1939年6月3日生まれ。

ニックネームはダルコで、アメリカの左利き投手でした。

彼は野球史上最速の投手と呼ばれることがあり、時速100マイル(160 km / h)を超える速球を持っていた。一部の専門家は、それが110 mph(180 km / h)とも言います。

彼の投球の速度を正確に測定するためのレーダー銃または他の装置がゲームで利用できなかったので、彼の投球の実際の最高速度は不明のままです。

その実際の速度に関係なく、彼の速球は彼に「ホワイトライトニング」というニックネームを与えました。

しかし、腕を痛めるアクシデントにあいます。

スライダーをフィルリンツに投げているときに、左肘に何かポップな音を感じたと言っています。

これは激しい筋肉の緊張であることが判明しました。

しかし、ダルコウスキーの負傷の原因については不確実性があり、他の情報筋は、ヤンキースのピッチャージムブートンからバントを仕掛けた後、最初に投げたときに肘を痛めたと主張しています。

いずれにせよ、ダルコウスキーの腕は完全には回復しませんでした。

 

彼が1964年に戻ったとき、ダルコウスキーの速球は時速90マイル(145 km / h)に下がり、シーズンの途中でオリオールズから解雇されました。

ダルコウスキーはピッツバーグパイレーツとロサンゼルスエンジェルスの組織でさらに2シーズンプレーした後、一時的にオリオールズファームシステムに戻りましたが、1966年に引退することを余儀なくされました。

メジャーリーグに到達せず、マイナーリーグでクラスBのボールを終えたにもかかわらず、彼の引退に関する1966年のスポーツニュースの記事の見出しは「Living Legendリリース」でした。

 

ダルコウスキーは高校で野球を始め、ニューブリテン高校のクォーターバックとしてフットボールもしました。

フットボールチームでの在籍中に、1955年と1956年に2回、ディビジョンチャンピオンシップに勝利しました。

しかし、彼は野球で最も優れており、1回の試合で24人の打者を倒したというコネチカット州の記録を保持しています。

1957年に高校を卒業後、スティーブ・ダルコウスキーはすぐにボルティモアオリオールズから

4,000ドルのボーナスを獲得し、テネシー州キングスポートにあるクラスDマイナーリーグの系列会社でプレーしました。

彼は全キャリアをマイナーリーグで過ごし、9年間のキャリアで9つの異なるリーグでプレーしました。

オリオールズメモリアルスタジアムへの彼の唯一の出場は、1959年のエキシビションゲームの最中、彼が相手バッターを打ち負かしたときでした。

ダルコウスキーの名声は、高速ボールの高速性でした。

当時の正確な測定は困難でしたが、コンセンサスは、ダルコウスキーが定期的に時速100マイルをはるかに超えて投げていたことです。

 

しかし、彼のアルコール依存症と野外での暴力的な振る舞いは、選手生活中も引退後も問題を引き起こしました。

彼は野球を引退した後、アルコール依存症として長年過ごし、肉体労働者としてまずしい生活を送っていました。

脚本家で映画監督のロンシェルトンは、ダルコウスキーの直後にボルチモアオリオールズのマイナーリーグ組織でプレイしました。

彼の1988年の映画ブル・ダーラムは、シェルトンがダルコウスキーについて伝えられた物語に基づいています。

 

 

スティーブ・ダルコウスキーのピッチングスピード

ダルコウスキーについて最も勇敢な打者でさえ怖がっていた。

テッドウィリアムズは、春のトレーニングゲームで1度ダルコウスキーと対戦しました。 「史上最速」とウィリアムズは言った。 「もう二度と彼に会いたくない」とも。

最後の4割打者テッド・ウィリアムズ氏が「今まで見た中で最速」と言いました。

長年の審判員であるダグハーヴェイも、彼が見た中で最速の投手としてダルコウスキーを挙げた。

ダルコウスキーの最高の投球速度の推定はたくさんあります。

 

キャッチャーのカルリプケンシニアは、時速115マイル(185 km / h)まで投げたと推測しています。

 

Cal Ripken Senior

Cal Ripken Senior

カルリプケンシニア

カルリプケンシニア

 

ほとんどのオブザーバーは、彼が日常的に毎時110マイル(177 km / h)をはるかに超えて投げ、時には115 mph(180 km / h)に達したことにも同意しています。

 

プロ野球で長年使用されていたレーダー銃は、ダルコウスキーがプレイしているときには存在しなかったため、このレベルの速度を裏付ける唯一の証拠は逸話です。

 

高速でワイルドなピッチを好む傾向があったので、彼が直面したバッターにとっては恐ろしい対戦相手だったでしょう。

 

エルミラのダルコウスキーのキャッチャーであるアンディ・エチェバレンは、彼の速球は、「軽く」、キャッチしやすいと説明しました。

エチェバレンによると、彼のワイルドなピッチは通常高く、時には低くなった。 「ダルコウスキーは、膝の高さから入ってくるように見える速球を投げ、あっという間に打者の目を通り過ぎた。

ダルコウスキーの最大の遺産は、彼の投球能力を取り巻く逸話の数(他のものよりも信頼できるものもある)かもしれません。

彼は打者の耳の一部を引き裂くようなピッチを投げたと言われていました。

別の話によると、1960年にカリフォルニア州ストックトンで、ダグハーヴェイの審判のマスクを3か所で破った投球を投げ、18フィート(5 m)後方にノックし、脳震盪で3日間病院に送ったという。

彼の投球速度の唯一の記録された証拠は、1958年にダルコウスキーがオリオールズによって軍事施設であるアバディーン試験場に送られたときから生じています。

ここでは、レーダーマシンを使用して、時速93.5マイル(150.5 km / h)で計時しました。

 

ギネスブックによると、現在の最速ピッチの記録保持者はノーランライアンで、1974年にはピッチが100.9 mph(162.4 km / h)で記録されていますが、レコードは何年も更新されていませんが、アールウィーバーは両方の投手に長年にわたって触れていたと語り、ダルコウスキーはライアンよりもはるかに速く投げたと言っています。

Nolan Ryan

Nolan Ryan

 


Steve Dalkowski, ‘fastest pitcher in baseball history,’ dies at 80

 

スティーブ・ダルコウスキーの引退後、結婚など

スティーブ・ダルコウスキー

スティーブ・ダルコウスキー

1965年にベーカーズフィールドの学校教師リンダムーアと結婚したが、2年後に離婚した。

彼は稼いだ仕事を見つけることができず、移民労働者になりました。

ダルコウスキーはアルコール中毒でした。

 

彼は選手時代も酒を飲み、そして引退後にエスカレートしていきます。

彼は1974年から1992年まで定期的にアメリカプロ野球選手協会(APBPA)から支援を受け、リハビリを行いました。

彼は仕事を見つけ、数ヶ月間地味にとどまることができましたが、すぐに飲酒に戻りました。

APBPAはアルコールを購入するために資金を使用していたため、彼への財政援助を停止しました。

1980年代の健康状態の悪さにより、彼は完全に働くことができなくなり、10年の終わりまでに、彼はカリフォルニアの小さなアパートに住み、無一文で、アルコール性痴呆症に苦しんでいました。

この間のある時点で、彼はバージニアというモーテルの店員と結婚し、1993年に、オクラホマシティに移しました。

彼女は1994年に脳動脈瘤で亡くなりました。

ダルコウスキーは数年間、ニューブリテンの長期介護施設に住んでいました。

2003年のインタビューで、ダルコウスキーは、1964年から1994年に発生した人生の出来事を思い出すことができなかったと述べました。

彼は2020年4月19日にコネチカット州ニューブリテンで死去した。

 

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高田川部屋の勝武士

高田川部屋の勝武士がコロナ感染で死去。角界のコロナウイルスの感染クラスター

高田川部屋の勝武士がコロナ感染死 28歳だった。日本相撲協会は13日、新型コロナウイルス感染のため入院していた高田川部屋の三段目の勝武士さんが、5月13日にコロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため死 …

大谷翔平

大谷翔平は、開幕から投手と打者の二刀流でフル出場する見込み。

大谷翔平は、開幕から投手と打者の二刀流でフル出場する見込みを、エンゼルスGMがコメントした。二刀流でフル出場での復帰は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で開幕が7月23日か24日にずれ込む。 大 …

ブランコ・シカティック

ブランコ・シカティックの戦績名試合場面、出身、身長、ミルコとの確執

立ち技系格闘技「K―1グランプリ」の初代王者ブランコ・シカティック氏が3月22日に亡くなりました。享年65歳でした。シカティック氏が所属していたドージョー・チャクリキジャパンが23日明かしました。 シ …

佐々木朗希選手

佐々木朗希「少年少女へメッセージ」東日本大震災を乗り越えつかんだ夢

ロッテのドラフト1位・佐々木朗が3月4日、全国の少年少女へメッセージを送りました。新型コロナウイルスの影響で学校が休校で学校に行けない、野球をできない子供たちに「自らの頭で考えることの重要性」を投げか …

木村 花

木村花さんが死去、最新の試合。経歴、プロフィール

テラハに出演の木村花さんが2020年5月23日死亡。享年22歳。最新の試合は、今年、2020年1月4日、新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム 1.4にダークマッチで初 …