最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

スポーツ

井上尚弥・ジェーソン・モロニーKO瞬間勝利の動画!

投稿日:

プロボクシング ▽WBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦井上尚弥対ジェーソン・モロニー戦が10月31日、米ネバダ州ラスベガスで行われました。結果は7回KOで、井上尚弥のKO勝ち瞬間の動画。井上尚弥・ジェーソン・モロニー戦の試合内容。#Naoya Inoue against Jason Moloney

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

井上尚弥、ラスベガスで衝撃のカウンターKO

井上尚弥が世界戦15連勝!具志堅超えの日本新記録です。

 

プロボクシング ▽WBA、IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦井上尚弥ジェーソン・モロニー戦の結果は7回KOで井上尚弥が勝ちました。

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

 

WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(27)=大橋=が、WBA2位、IBF4位の挑戦者ジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=に7回KO勝ちした。

WBAは4度目、IBFは2度目の防衛に成功し、具志堅用高を抜き、日本人世界戦連勝記録を「15」に更新。試合後には、これも日本人初となる世界主要4団体王座同時制覇の夢を語った。戦績は井上が20戦全勝(17KO)、モロニーが21勝(18KO)2敗。

 

モロニーの首がグルンと“右向け右”した。7回残り10秒の拍子木が合図。ワンツーを仕掛けた相手の左ジャブをかわし、井上の右拳がモロニーの左頬に突き刺さる。

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

井上 尚弥,ジェーソン・モロニー戦

 

相手の右が出る瞬間を突く絶妙のタイミングで右カウンターを狙い撃ち。挑戦者は首が右に90度回ると、腰から砕け落ちた。立てない。10カウント。

 

KO勝ち。井上は誇らしげに左拳を高々と上げた。

 

「最後のパンチはすごく納得のいく形。無観客は大丈夫だったけど、ラスベガスで少し硬くなった。1年ぶりの試合にしては感覚は良かった」と井上。

 

世界戦15連勝は具志堅を抜く日本人単独トップだ。2回以降、圧力をかけて試合を支配。

 

6回には相手の左ジャブ連発に合わせたカウンターの左フックで最初のダウンを奪った。

 

「(倒した)2つのパンチは日本で練習していた。モロニーのレベルの高さを前半に少し感じたので、ジャブでダメージを与えて弱らせる、カウンター狙いの作戦に切り替えた」という王者は「対応力を感じた」と自画自賛した。

 

ファイトマネー100万ドル(約1億500万円)と日本人軽量級では破格の試合を制した井上は「次は4団体統一を目指していきたい」と、世界にも5人しかいない日本初の完全統一王者を目指すことを宣言した。

 

井上尚弥・ジェーソン・モロニー戦の試合内容。

ハロウィンのボクシング聖地で強打炸裂。井上尚弥は鮮やかなKO勝ちに「ここラスベガスでやるうえでよかった」とうなずいた。

 

KO負けがなかった挑戦者を力と技で沈めた。

 

序盤から圧倒しながらも強引に倒すのは難しいとみると、カウンター狙いに変更。

 

6回に左を合わせて最初のダウンを奪うと、7回にもカウンターの右強打。「フィニッシュをどうしようか、やりながら考えていた」という矢先の結論だった。

 

手ごたえはあった。モロニーのレベルの高さを前半に少し感じた。足も上体も動かすので的を絞らせてくれないという印象を1~4回は受けたのでジャブでダメージを与えて弱らせてカウンター狙いでいこうかなと作戦を切り替えた。対応力を感じた。

 

脚をつりかけたようだが、「すこし違和感があった。左脚。3、4回くらい。次の課題として減量方法も考えていこうと思う。」

 

新型コロナウィルスの影響で、4月に組まれていたカードが延期になり相手が変更になった。

日本では、普段のように海外から練習相手を呼べなかった。米国入り後は、自由に外に出られず、試合は無観客。それでも「集中していたので大丈夫だった」という。

 

井上尚弥・ジェーソン・モロニーKO瞬間勝利の動画!

 


井上直哉ノックアウト優勝-7回戦2:59 Naoya Inoue Winner by knockout – 2:59 of 7th ROUND

井上尚弥ラスベガス防衛戦

11月1日(日) よる8時~9時

WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ

王者:井上尚弥
(大橋)VS挑戦者:ジェイソン・マロニー
(オーストラリア)

まとめ

今回は「井上尚弥・ジェーソン・モロニーKO瞬間勝利の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Tom Dempsey

トム・デンプシー死去、認知症や記録が破られるまで、障害克服の様子

米NFLの名選手、元セインツのデンプシー(Tom Dempsey)がコロナで死去。娘のアシュリーが死亡時の詳細を語りました。デンプシーは認知症でしたが、「私たちは彼に、私たちがまだ彼を愛していることを …

ララファンライベン

ショート トラックスピードスケーターのララファンライベン死去。

オランダのスケート協会-オランダのスケート協会によると、世界チャンピオンのショート トラックスピードスケーターのララファンライベンが7月10日金曜日に自己免疫反応による合併症の結果死亡した。ヴァンライ …

ジャロン・エニス

16連続KO勝ちをマークしたジャロン・エニスの動画!

16連続KO勝ちをマークしたフィラデルフィアの新星ジャロン・エニスのハイライトシーン動画を紹介。9月19日、フィラデルフィア出身のウエルター級ファイター、ジャロン・エニス(Jaron Ennis)がフ …

マイク・タイソン

マイク・タイソンのデビューからレノックス・ルイス戦【FULL】KOシーンまで

2002年の試合でKO負けしたマイク・タイソン氏 衝撃のシーンが話題です。2002年にKO負けしたレノックス・ルイス戦、顎を打ち抜かれたタイソン。ボクシング界に今なお伝説の王者として輝くマイク・タイソ …

WBCミドル級ジャモール・チャーロ・セルゲイ・デレフヤンチェンコ戦

ジャモール・チャーロ対セルゲイ・デレフヤンチェンコ戦の完全動画!

WBCミドル級正規王者ジャモール・チャーロ(30)=米国=がWBC1位セルゲイ・デレビヤンチェンコ(34)=ウクライナ=を判定で下し、4度目の防衛に成功した。戦績はチャーロが31戦全勝(22KO)の戦 …