最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

スペンサー・デイヴィス死去、プロフィールや動画など!

投稿日:

10月19日スペンサー・デイヴィスが死去しました。享年81歳。 60年代英国ロックの重要人物スペンサー・デイヴィスのプロフィールや動画など紹介。#Spencer Davis dies

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

 

スペンサー・デイヴィス死去。

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

 

ロックの長老の政治家の一人であるスペンサーデイビスが81歳で死去。

 

スペンサー・デイヴィスが肺炎のため81歳で死去しました。

 

10月19日に「キープ・オン・ランニング」「愛しておくれ」などのヒット曲で知られるスペンサー・デイヴィス・グループの創設者、スペンサー・デイヴィスが、肺炎の治療を受けている最中に亡くなりました。

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

 

スペンサー・デイヴィスと長年の付き合いがある代理人のボブ・バークは、スペンサーについて「非常に倫理的で、才能に満ち溢れており、素晴らしい心を持ち、大変に知的で、寛大な人だった。彼には長年のパートナーであるジューンと3人の成人した子供たちがいた。寂しくなるだろう」と振り返っている。

 

スペンサー(Vo,Gt)を中心に、後年にトラフィックを結成するスティーヴ・ウィンウッド(Vo, Or)、マフ・ウィンウッド(Ba)、ピート・ヨーク(Dr)によって結成されたスペンサー・デイヴィス・グループは、60年代半ばに「キープ・オン・ランニング」「愛しておくれ」「アイム・ア・マン」といったヒット曲を連発。ザ・フーやローリング・ストーンズとツアーを行い、ブリティッシュ・インヴェイジョンを象徴するバンドとして活躍した。

 

1967年にスティーヴとマフのウィンウッド兄弟が脱退すると、バンドは勢いを失い1969年に解散。

 

スペンサーはその後も活動を続け、70年代にバンドを再結成させるとともに、ソロ活動も精力的に行ってきた。2008年にはソロアルバム『So Far』をリリースしている。

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

 

ウェールズのギタリストは、KeepOnRunningとSomebodyHelpMeで大西洋横断のヒット曲を記録したスペンサーデイビスグループの原動力でした。

 

10代のスティービーウィンウッドも出演したバンドは、60年代にザフーとローリングストーンズとツアーをしました。

 

デイビスは月曜日に肺炎の治療を受けている間に病院で亡くなりました。

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

「彼はとても良い友達だった」とミュージシャンと30年以上一緒に働いてきたボブ・バークは言った。

 

「彼は非常に倫理的で、非常に才能があり、心のこもった、非常に知的な、寛大な人でした。彼は惜しまれるでしょう。」

 

スペンサー・デイヴィスのプロフィール

スペンサー・デイヴィス

スペンサー・デイヴィス

空挺部隊の息子であるデイビスは1939年にスウォンジーで生まれ、6歳でハーモニカアコーディオンを学び始めました。

 

デイビスは16歳で公務員として働くためにロンドンに移りましたが、後にバーミンガムに移り、そこで昼間はドイツ語を教え、夜は地元のクラブで演奏しました。

 

ブルースとスキッフルに触発されて、彼は後にローリングストーンズのメンバーであるビルワイマン聖人と呼ばれるバンドを結成しました。

 

クリスティン・マクヴィーとしてフリートウッド・マックのクラシックなラインナップのコアメンバーとなったクリスティン・パーフェクトとフォークミュージックを演奏しました。

スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループ

 

しかし、彼が金を打ったのは彼の名を冠したロックグループでした。

 

1963年に結成されたスペンサーデイビスグループは、ギターにデイビス、オルガンとボーカルに10代のスティービーウィンウッド、ベースに弟のマフ、ドラムにピーターヨークをフィーチャーしました。

スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループ

 

もともとはリズム&ブルースカルテットと呼ばれていましたが、1964年にマフがインタビューを楽しんだのはデイビスだけだと指摘したときに名前を変更しました。

 

彼らのブレイクアウトヒット、Keep On Runningは、西インドのパフォーマー、ジャッキー・エドワーズの曲のカバーでした。

 

1966年に全英チャートを突破したとき、それはトップスロットからダブルA面ビートルズシングルWe Can Work It Out / Day Tripperをノックしました-そしてデイビスはビートルズから彼の達成を祝う電報を受け取りました。

 

スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループ

 

デイビスが犬を避けるためにブレーキをかけた後、車のフロントガラスに頭をぶつけたとき、フォローアップは遅れました-しかし、別のジャッキー・エドワーズのカバーである誰かが助けてくれて、1966年3月にカルテットに2番目のナンバーワンを与えました。

 

バンドは、彼らが独自の作詞作曲チョップを持っていることを証明し続け、I’m AManGimmeSome Lovin ‘のようなヒットシングルで、後にブルースブラザーズによってカバーされました。

スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループ

 

スペンサーデイビスグループはまた、番組のマスコットであるムルガトロイドという名前の太ったカササギを指す仮名「ムルガトロイドバンド」の下で、長年の子供向けテレビ番組「カササギ」の主題歌を録音しました。

 

1966年までに、バンドは自分たちの映画、ゴーストゴーズギアと呼ばれるミュージカルコメディーに出演し、幽霊屋敷に立ち往生していました。

スペンサー・デイヴィス・グループ

スペンサー・デイヴィス・グループ

デイビスはまた、バスの乗客としてビートルズのマジカルミステリーツアーでカメオ出演しました。

バンドがアメリカでツアーをしたことはありませんでしたが、ヒットはアメリカで続きました。

 

デイビスの言語能力(彼はドイツ語、フランス語、スペイン語に堪能でした)は、バンドがヨーロッパでのキャリアをさらに伸ばすのに役立ちました。

 

これらの言語能力により、デイビスは1968年にドイツ語版の水瓶座の時代(アクエリアスデアワッサーマン)を録音し、彼に永続的なニックネーム「教授」を与えました。

 

しかし、スペンサーデイビスグループは1967年にタイムリーに終了し、その名声の絶頂期にウィンウッドはトラフィックの形成をやめ、デイビスをダイナミックなフロントマンなしで残しました。

 

バンドはさらにいくつかのマイナーヒットを記録しましたが、デイビスがカリフォルニアに移り、そこで彼は短命のソロキャリアに乗り出しました。

 

当時、彼は後にアイランドレコードとの懲罰的な契約のおかげで破産寸前だったと主張した。

「何が起こっているのかわからなかった。何百万ものレコードを売り、それらからペニーを見たことがなかった」と彼は2005年にミュージックマート誌に語った。

 

「1970年に破産を宣言することを検討していましたが、オールマンブラザーズがBeginningsアルバムに載せたDo n’t Want You NoMoreというトラックをEddieHardinと一緒に書きました。 5,000ポンドの小切手がドアから届きましたが、これほど多くのお金を見たことがありませんでした。

 

「その1つの曲から、島で制作されたすべてのものから見たよりも多くのお金を見ました。」

 

この問題についてアイランドレコードのオーナーであるクリスブラックウェルと対峙した後、彼は70年代半ばにレーベルでアーティスト開発の仕事を与えられました。

 

そこで彼は、ボブ・マーリー、ロバート・パーマー、エディー・アンド・ザ・ホット・ロッドなどの新人の宣伝を手伝い、現在ソロ・アーティストとしての地位を確立しているウィンウッドと協力しました。

 

デイビスは、ダスティスプリングフィールドとブッカーTからの寄稿を特集した1984年のクロスファイアで作詞作曲に戻りました。

 

その後、彼はスペンサー・デイビス・グループを改革しました-ウィンウッド兄弟を除いて-彼は彼のキャリアの残りの間世界をツアーし、しばしば年間200以上のショーを演奏しました。

 

デイビスがドラマーのピート・ヨークを通りかかったと言われたバーミンガム国際ジャズフェスティバルの創設者ジム・シンプソンは、次のように述べています。

 

「スペンサーデイビスグループはブルースに固執し、本格的なロックバンドになることはありませんでした。スペンサーは学問的で教育水準が高く、とても優しくて親切で、彼の音楽への嗜好は的を射ていました。」

 

スペンサー・デイヴィスの動画

 


Spencer Davis Group — (1965) Keep on Running [High Quality Sound, Subtitled]

字幕付きで高音質でリミックス!
オリジナルのスタジオアルバムオーディオ-品質を損なうことなく再同期。

スティーブウィンウッド-ボーカルとオルガン
スペンサーデイビス-ギター
マフウィンウッド-ベース
ピートヨーク-ドラム


ー  Spencer Davis Group – Gimme Some Lovin’


ー  The Spencer Davis Group – Midnight Special


Spencer Davis Group – Gimme Some Lovin´ – live Lorsch 2005 – Underground Live TV recording

 

まとめ

今回は「スペンサー・デイヴィス死去、プロフィールや動画など!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Phil May

プリティシングスのフィルメイが死去、生い立ち、家族、音楽活動

プリティシングスのフロントマンを務めたフィルメイが死去しました。享年75歳。BBCの報告によると、BBCは、金曜日の朝(5月15日)にノーフォークのキングズリンの病院で自転車が転倒した後の緊急股関節手 …

ヘレン・レディ

歌手ヘレン・レディ死去、プロフィールやヒット曲・出演映画など。

「私は女」(IAmWoman)歌手、ヘレン・レディが78歳で死去しました。オーストラリア生まれのヘレン・レディは、近年は認知症と診断され、第一線を退いていた。 渡米後の1972年に発売されたシングル曲 …

浅野孝已

ゴダイゴの浅野孝已さん死去、ギタリスト歴、実績など。

ゴダイゴ・浅野孝已さん死去しました。68歳でした。浅野さんは16歳でプロ・ギタリストとしてのキャリアをスタート。天才少年ギタリストとして近代日本ロック史に刻まれる存在となり、 以来、第一線で活躍し、現 …

Victor Willisとトランプ氏

ビクター・ウィリスThe Village People 「Y.M.C.A.」トランプ大統領使用を非難!

ビレッジピープルのフロントマンであるビクター・ウィリス( Victor Willis )はドナルド・トランプ大統領が「Y.M.C.A.」の曲をキャンペーンイベントで使用することを非難。 Victor …

ジョン・レジェンド

歌手のジョン・レジェンドが妻クリッシー・テイゲンに捧げる歌の動画!

歌手のジョン・レジェンドが妻クリッシー・テイゲンに捧げる歌を披露しました。クリッシーは、ジョンとの第3子の流産を明らかにしており、その2週間後となる14日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで開催された …