最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

エディ・ヴァン・ヘイレン死去、プロフィールやタッピングテクなど!

投稿日:

ハードロック界を代表する米バンド、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)を率いたギタリストのエディ・ヴァン・ヘイレン(Eddie Van Halen)さんが10月6日、がんとの闘病の末、死去した。享年65歳。「100グレイテストギターソロ」の第2位に選ばれたエディの1978年のインストルメンタルソロ「Eruption」は、ギターネックの左手と右手を使用したタッピングと呼ばれるソロテクニックを披露しました。ヴァンヘイレン氏の病気との戦い。#Eddie Van Halen

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

エディ・ヴァン・ヘイレン死去

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

ロックギターの名手、エディ・ヴァン・ヘイレンが65歳で死去。

 

舌がん、喉頭がん、肺がん…エディ・ヴァン・ヘイレンさん 病魔との〝10年戦争〟
10月6日に65歳で亡くなった米人気ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト。

 

エディ・ヴァン・ヘイレンさんは10年以上にわたり、がんとの闘病を続けてきたと米芸能サイト「TMZ」が伝えた。

 

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

同サイトによると、特にこの5年は喉頭がんの放射線治療を受けるため米国とドイツを往復。

 

しかし、昨年11月から状態が悪化し、新たに見つかった肺がんは脳や他の臓器にも転移。今年は入退院を繰り返していた。

 

エディさんに最初のがんが見つかったのは2000年。舌がんだったが、エディさんは「20年以上、演奏中に金属製のギターピックを口に加えていたことが原因だ」と話していた。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

舌がんは2年間の治療で完治したとされた。

 

息子のウルフ(Wolf Van Halen)さんの話。

 

ウルフギャングは6日、ツイッターで父親の死について、「こんな投稿をしなければならないのは信じられないが、父が長くつらいがん闘病の末、今朝亡くなった」と報告。

 

「素晴らしい父親であり、ステージでもステージ外でも父と過ごした全ての時間は貴重だった」とツイートした。

 

エディさんと同時代に活躍したロックバンド「キッス」のリーダー、ジーン・シモンズはツイッターで「胸がはりさける思いだ。エディはギターの神様であり、美しい心を持った人だった」と悼んだ。

 

彼のリフ、ラン、ソロの溢れ出しは多動性で運動的であり、より深いまたはより暗い感情を無関係に感じさせました。彼が率いたバンドは、これまでで最も人気のあるバンドの1つでした。

 

エディ・ヴァン・ヘイレンは、複雑なハーモニクス、革新的な運指、楽器の特許を取得した独創的なデバイスを組み合わせた、まばゆいばかりのギター演奏で、彼の世代で最も影響力のあるギタリストになりました。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

ヴァン・ヘイレン氏の息子であるヴォルフガングは声明の中で、彼の父親は「癌との長く困難な戦いに負けた」と述べた。その声明は彼がどこで死んだかについては述べていませんでした。

 

光と色のシャワーで爆発したように見える音のロケットを発射します。彼のリフ、ラン、ソロの溢れ出しは、多動性と運動性、喜びと怒りであり、より深いまたはより暗い感情を無関係に感じさせました。

 

「エディは、すべてが少し陰気になっていたときに、ロックギターに笑顔を戻しました」と、彼の仲間のギターエースであるジョーサトリアーニは2015年にビルボード誌に語りました。

 

エディ・ヴァン・ヘイレンプロフィール

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

エドワード・ロデワイク・ヴァン・ヘイレンは、1955年1月26日にアムステルダムでヤンとユージニア(ビール)ヴァン・ヘイレンの子として生まれました。

 

クラリネット、サックス、ピアノを弾く苦労しているオランダのクラシック音楽家である彼の父は、インドネシアでのツアー中に彼のインドネシア生まれの妻に会いました。

 

1962年、ヴァン・ヘイレン氏が7歳のとき、彼の家族は、母親に対する偏見とオランダでの不利な仕事の機会に追いやられて、米国に移住しました。

 

彼らはカリフォルニア州パサデナに定住しました。彼の母親はメイドとして働き、父親は管理人として働き、ミュージシャンとしての仕事を求めていました。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

学ぶべき新しい言語を備えた新しい国で、ヴァン・ヘイレンの息子であるエディと彼の兄であるアレックスは、彼らの共通語として音楽に目を向けました。

 

エディは最初にクラシックピアノを学びました。

 

幼いころはクラシックピアノを習っていたが、やがてギターに転向。

 

ドラムを担当する兄アレックスにリードボーカル、デビッド・リーロスとベースのマイケル・アンソニーを加え、70年代に「ヴァン・ヘイレン」を結成した。

 

1083年の大ヒットシングル「ジャンプ」は全米チャート1位を記録するなど、同バンドの代表曲となった。

 

その後、2006年には息子ウルフギャングがヴァン・ヘイレンにベーシストとして加入し、親子で音楽活動を続けていた。

 

ヴァンヘイレン氏は、メイシーズが独立記念日の花火を振り返る方法でソロを構成しました。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

ヴァン・ヘイレン氏は、ギターのネックを両手でタッピングするテクニックを完成させたことで、仲間から最も広く尊敬されていました。

 

このアプローチにより、彼は楽器に新しいテクスチャーとパーカッシブな可能性を追加すると同時に、6本の弦をピアノの88鍵のように表現力豊かに、またはシンセサイザーのように変更できるようにしました。

 

彼は自分が作成した3つのギターデバイスの特許を取得しました。 2012年、Guitar World Magazineは、彼を「史上最高のギタリスト100人」のリストで1位にランク付けしました。

 

 

ヴァン・ヘイレン氏の演奏への熱意は、彼のハードロッキングバンドであるヴァン・ヘイレンのヘドニスティックな曲とペルソナと完璧に調和していました。ロタリオ、ピーコック、ピエロのシーンを盗むミックスを発表しました。

 

1972年に結成されたヴァン・ヘイレンは、米国だけで5,600万枚以上のアルバムを販売し続けました。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

バンドのスタジオアルバムのうち10枚(そのうちのいくつかは、ロス氏との長いスプリットの間にリードシンガーとしてサミーヘイガーと一緒にカットされました)はマルチプラチナムになりました。

 

1つは600万部以上を販売しました(1986年の「5150」、Hagar氏をフィーチャー)。

 

もう1つは500万を売りました(1979年の「ヴァンヘイレンII」)。

 

そして2人は「ダイヤモンド」ステータスを達成するために1000万マークを超えました(バンドのデビュー、1978年の「ヴァンヘイレン」とタイトルの年を発行した「1984」)。

 

バンドのスタジオアルバムのうち11枚がトップ5に到達し、4枚がビルボードのトップ200でトップの座を奪いました。

 

ヴァンヘイレンは、ロイオービソンの「(オー)プリティウーマン」のカバーを含む8枚のビルボードトップ20シングルを集めました。

 

1982年、1984年に1位を獲得して5週間開催した「ジャンプ」。

 

2007年、ロス氏とハガル氏の両方を含むバンドがロックの殿堂入りしました。

 

ヴァンヘイレン氏のタッピングテクニック

ギターワールドの読者投票で「100グレイテストギターソロ」の第2位に選ばれたエディの1978年のインストルメンタルソロ「Eruption」は、ギターネックの左手と右手を使用したタッピングと呼ばれるソロテクニックを披露しました。

 

彼はタッピングを普及させましたが、それまでさまざまなギタリストによってあまり使用されていなかったタッピングテクニックでした。

 

MusicRadarによると、1970年代にジェネシスのリードギタリストであったスティーブハケットは、「両手タッピングを発明したことで広く認められており」、エディに影響を与えました。

 

これについて尋ねられたとき、ハケットは「エディと私はそれについて話したことはありませんが、そうです、彼は私にタッピングをしたと信じています…エディはもちろん素晴らしいプレーヤーであり、彼はテクニックに名前を付けた人です。」

 

ジョージ・リンチはインタビューで、彼とエディは1970年代にハーヴィー・マンデルがスターウッドをタップするのを見たと述べた。

 

エディは、影響力としてレッドツェッペリンのジミーペイジを指名し、ギターワールドとのあるインタビューで次のように述べています。

ジミー・ペイジが1971年に彼の「ハートブレイカー」ソロを演奏するのをタップすることを思いついたと思います。

 

彼はオープンストリングへのプルオフを行っていました。ちょっと待って、オープンストリング…プルオフすると思いました。それはできますが、指をナットとして使って動かしたらどうなりますか?

 

2005年に期限が切れるまで、エディはエレキギターの背面に取り付けるフリップアウトサポートデバイスの特許を保持していました。

 

この装置により、ユーザーは、ギターの面を前向きではなく上向きにして、ピアノと同じようにギターを弾くことにより、タッピング技術を使用することができます。

 

ヴァンヘイレン氏の動画。

インストルメンタルソロ「Eruption」は、ギターネックの左手と右手を使用したタッピングと呼ばれるソロテクニックを披露しました。


ー    Van Halen Eruption Guitar Solo

 


Van Halen – “Eruption” ( Eddie Van Halen Guitar Solo) Live In Charlotte, NC 9/11/15

ヴァンヘイレン-「Eruption」(エディヴァンヘイレンギターソロ)ノースカロライナ州シャーロットでのライブ9/11/15

 

トップ5エディヴァンヘイレンライブソロ。


ー    Top 5 Eddie Van Halen Live Solos

ギターの伝説的人物であるエディ・ヴァン・ヘイレンは65歳で亡くなりました。これらは、長年にわたって私たちのお気に入りのライブソロギターの瞬間の5つです。


Eddie Van Halen Collection on Letterman, 1985, 1995

 

ヴァンヘイレン氏の病気との戦いと死。

エディ・ヴァン・ヘイレン

エディ・ヴァン・ヘイレン

 

エディはアルコール依存症と薬物乱用に苦しんでいました。

彼は12歳で喫煙と飲酒を始め、最終的には機能するためにアルコールが必要であると述べた。

エディは2007年にリハビリテーションに入り、その後インタビューで彼が2008年以来冷静であったことを共有した。

エディは、過去の長引く怪我、高リスクのアクロバティックな病期に苦しみ、1995年に診断された慢性無血管壊死が耐えられなくなった後、1999年に人工股関節置換術を受けた。

 

エディは2000年に舌がんの治療を受け始めました。

その後の手術で舌の約3分の1が切除されました。

エディは2002年に癌がないと宣言された。

エディは、2015年に、ギターピックを口に入れる習慣があることで、舌がんを非難しました。

「私は、舌を手にした正確な場所で、常に口の中に持っていた金属製のピックを使用しました。がん……つまり、私はたくさんの薬やすべてを喫煙してやっていたのです。しかし同時に、私の舌は完全に澄んでいます。これは私自身の理論ですが、医師はそれが可能だと言っています。」

2012年、エディは憩室炎の重度の発作のために緊急手術を受けました。

手術のために必要な回復時間は、日本で予定されていたヴァン・ヘイレンのツアー日程の延期につながりました。

エディは、過去5年間に喉頭がんと闘った後、2019年に入院した。

彼は2020年10月6日に65歳でこの病気で亡くなりました。

 

 

まとめ

今回は「エディ・ヴァン・ヘイレン死去、プロフィールやタッピングテクなど!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブルースウィリアムソン

ブルースウィリアムソンが死去、プロフィールや動画紹介!

The Temptationsのリードシンガーで知られるブルースウィリアムソン(Bruce Williamson)が死去。 49歳でした。2020年8月、ウィリアムソンは胆嚢手術から回復した後、COV …

前田俊明

前田俊明さん死去、作曲、年曲を手掛けた歌詳細。生まれ、経歴。

作曲、編曲家の前田俊明さんが4月17日に死去しました。享年70歳。前田俊明さん生まれ、経歴など、手掛けた作品など紹介。東京都出身で昭和を代表する作曲家、古賀政男らに師事。山川豊のデビュー曲「函館本線」 …

Joe Diffie

ジョー・ディフィーの生い立ち、家族、実績、音楽スタイル、死亡詳細

3月29日、アメリカのカントリー・シンガー、ジョー・ディフィー(Joseph Logan Diffiee )が新型コロナウイルスが原因で死亡した。享年61歳。1990年代に大活躍した。ビルボードのカン …

小林信吾

キーボーディスト小林信吾死去、プロフィールやアレンジ曲作品など!

キーボーディスト小林信吾さんが10月4日に62歳死去しました。1991年に編曲で参加したKAN「愛は勝つ」で日本レコード大賞を受賞。角松敏生、中西圭三、中島みゆき、浜崎あゆみ、平原綾香ら多数のアーティ …

モリ・カンテ

モリー・カンテ死去。プロフィール、代表曲動画

モリー・カンテ:アフリカの音楽スターが70歳で死去。モリ・カンテさん(ギニアの音楽家)が22日、ギニアの首都コナクリの病院で死去、70歳。 ギニアで生まれ、隣国マリで長く生活した。80年代後半に発表し …