最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

本物そっくりのロボットドルフィンのデレ(Delle)の動画!

投稿日:

本物そっくりのロボットドルフィンが水族館のイルカの解放を求めて開発されました。

米バージニア州ノーフォークを拠点に動物の権利保護活動を行う団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」が2021年5月28日、Facebookに動画を投稿。

カリフォルニア州ロサンゼルスにある市民プールにて撮影されたというこの動画には、プールサイドに腰かけた子ども達に向かって泳ぐイルカのロボットドルフィンのデレ(Delle)という名のロボットイルカの姿があります。

本物そっくりのロボットドルフィン

本物そっくりのロボットドルフィン

本物そっくりのロボットドルフィン。

米バージニア州ノーフォークを拠点に動物の権利保護活動を行う団体「PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)」が5月28日、Facebookに動画を投稿した。

カリフォルニア州ロサンゼルスにある市民プールにて撮影されたというこの動画には、プールサイドに腰かけた子ども達に向かって泳ぐ本物そっくりのロボットドルフィンがあった。

本物そっくりのロボットドルフィンが水面から顔を出して愛嬌を振りまくと、子ども達には笑顔が溢れた。

本物そっくりのロボットドルフィンと子ども達が触れ合う微笑ましい様子を捉えた動画がSNSに投稿され、話題となっている。

本物そっくりのロボットドルフィン

本物そっくりのロボットドルフィン

 

シーワールドの捕虜動物はロボットイルカに置き換えられるかもしれない。

 

本物そっくりのロボットドルフィンは、水族館の狭い水槽で生きるイルカたちを解放することを目的に作られたそうで、試験的に人々との触れ合いを行った際の動画だという。

本物そっくりのロボットドルフィンは、本物そっくりに作られた表皮で覆われ、滑らかに泳ぐその姿は本物と見間違うほどの完成度がある。

本物そっくりのロボットドルフィンは、泳ぐこと以外にも「はい」または「いいえ」で答える簡単な質問にも反応でき、うなずいたり首を振るという反応を示すこともできる。

 

デレ(Delle)という名のこのロボットイルカは、映画『フリー・ウィリー』や『アナコンダ』などのハリウッド大作に登場する動物の製作を担当した会社が発案した。

イルカ、クジラ、イルカを含む鯨類は、非常に複雑で知的な生き物です。彼らは海の中で広大な距離を歩き回ることができ、タイトニットの家族単位に住んでいる信じられないほど社会的です。

研究は、捕虜に保持されているイルカや他の鯨類が大きく苦しむことを示しています。これは、彼らのタンクが海を十分に複製していないという事実によるものです。

 

捕獲シャチは、野生のシャチが海で泳ぐ距離に等しいために、シーワールドで1日に1,400回タンクの周りを泳ぐ必要があります。これは、野生動物の慈善団体クジラとイルカ保護によると鯨類を捕虜に保つことに関する世論は変わりつつある。

 

シャチを捕らえ続ける現実を暴露した2013年の映画「ブラックフィッシュ」の公開に続いて、SeaWorldは活動家、有名人、そして一般の人々からの批判の波に直面しました。

 

海洋公園はシャチの繁殖をやめ、ショーを刷新し、教育的であることに賛成してエンターテイメントから焦点を移しました。

 

今年初め、SeaWorldは海洋公園でイルカサーフィンを禁止すると発表した。

また、ショー中にトレーナーが動物の鼻の上に立つことを許可することも明らかにしました。

 

 

水族館の狭い水槽で生涯を過ごすイルカを解放したいと願って作られたもので、PETAで活動するキャサリン・サリバンさん(Katherine Sullivan)は「海で過ごしていた幼いイルカは、違法に母親が連れ去られてしまい、トラウマになってしまうこともあるのです」と明かしており、連れ去られた母親イルカは望まない妊娠などを強制されてしまう場合もあるという現状を話す。

 

また動物を用いてサービスを提供する活動に対して、現在ヨーロッパの約20か国ではサーカスでの動物使用禁止または制限をするという動きが出ている。

しかしアメリカで行われているイルカとの触れ合い体験には、毎年何十万人が訪れており、このような触れ合いもイルカにとってはストレスになるという。

 

さらにイルカも自然の生き物なので時に事故が発生し、過去にはツアーで一緒に泳いでいたイルカが暴走して引きずり込まれたこともあった。

 

こうした背景もあり、イルカと人間の双方にとって安全な触れ合いのために生まれたのがデレなのだ。デレとの触れ合いを楽しむだけではなく、間近でイルカの生態を学ぶこともできるという。

 

米サンフランシスコを拠点に置くテクノロジーシステム開発会社「エッジ・イノベーションズ(Edge Innovations)」がデレの開発を担当し、その費用は2080万ドル(約22億8000万円)になったそうだ。

それでも「費用はかかるが、本物のイルカのように水温調整やエサの費用などは不要で、飼育しているイルカよりも長期間の使用が可能」と同社はメリットを明かす。

 

同社のCEO、ウォルティ・コンティさん(Walti Conti)は以下のコメントをしています。

 

「このロボットイルカは、生き物を使用していることを嫌がって水族館から離れていった人々を再び呼び戻すことができるかもしれません。現在およそ3千頭のイルカが飼育下にあり、それによって数十億ドルもの収益が発生しています。」

「しかしそこには利益の追求だけではなく、イルカを好み、イルカについて知りたいという人間の欲求もあります。その気持ちを満たすために、生きているイルカを用いるのとは別の方法を提供していきたいのです。」

「ロボットイルカが普及するまでには時間がかかると思いますが、海でもカヤックやスタンドアップパドルサーフィン、シュノーケリング、スキューバダイビングなどでイルカと触れ合うことができますよ」

 

シーワールドの捕虜動物ショーは、ロボットイルカに置き換えられる可能性があります。

エッジイノベーションは、現実的な見た目、アニマトロニクスイルカを作成しました。

 

 

サンフランシスコに拠点を置くハイテク企業Edge Innovationsは、本物と同じように動き、泳ぐアニマトロニックバンドウイルカを作成しました。

 

ウォルト・ディズニー・イマジニエーリングの元副社長兼クリエイティブ・ディレクターであるロジャー・ホルツバーグとウォルト・コンティは、それぞれフリッパーという名前のロボットを設計しました。

約600ポンドの重さのロボットイルカは、現実的な筋肉と骨格構造を特徴としています。現在、リモートコントロールできるように設計されています。

同社は、リアルタイムアニマトロニクスは、SeaWorldのような水族館や海洋公園が持続可能で倫理的で安全な方法でショーを続けることを可能にすると考えています。

「海洋動物の動物保護を気にする私たちにとって、これは夢の実現です。ホルツベルクは声明の中で述べた。

中国はアニマトロニックイルカに目を向けています。エッジイノベーションによると、ロボットイルカはまもなく新しい中国の水族館に参加する可能性があります。

ホルツベルクはツイッターで述べた。「私は謙虚で爽快で、今後何年もこれらの動物の節約体験を設計することを楽しみにしています。

本物そっくりのロボットドルフィンのデレ(Delle)の動画。

ロボットイルカがイルカを救う。


ー      Robot Dolphins to the Rescue

 

このロボット イルカは、テーマ パークで飼育されている動物を
置き換えることができます。


This robot dolphin could replace captive animals at theme parks

 

まとめ

今回は「本物そっくりのロボットドルフィンのデレ(Delle)の動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アベノマスク

アベノマスクの問題点はユースビオの実態や側近の思い付き官邸主導でわかる。

アベノマスクの問題点についてです。官僚の思い付きの象徴とも言われるアベノマスク。計画発表時点から不評でした。全戸配布が開始されたと思いきや異物混入が多数発見。即座に全量回収に。何が問題だったのか?ユー …

人混み

同一労働同一賃金の問題点とは。 いつから何が変わる?せまる意識変革の時代

同一労働同一賃金制度が、間もなく導入されます。同一労働同一賃金制度の問題点を指摘しまた、実施時期・詳細内容について詳しく説明。さらに今後の影響について考えます。そしてついに来た変革の時代に対する心構え …

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮の動画!

雌のジャーマン・シェパード・ドッグ「ワンワン(Wangwang)」は、中国・河南省淅川県の検問所で探知犬として活躍していた。そのワンワンの動画がそのワンワンの動画が、犬の目に涙が浮かんでいるようにも見 …

酔った勢いで「セリーヌ・ディオン」に改名してしまった男性

酔った勢いで「セリーヌ・ディオン」に改名してしまった男性の動画!

英スタッフォードシャー州タムワースのクリフトン・キャンプビルに暮らす30歳の男性が、ワインの飲み過ぎで自分の名前であるトーマス・ドッド(Thomas Dodd)を「セリーヌ・ディオン」に改名してしまっ …

廃車になったバスを利用して建てられた、ゲストハウス

廃車になったバスを利用したゲストハウス開業(中国重慶市)!

最近、中国・重慶の8台の「崖の車」がネットワークを爆発しています。標高600メートルの山の上に、姿を現した不思議な建物が中国重慶市出現。間もなく開業予定の廃車になったバスを利用して建てられたゲストハウ …