最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ナオミ・ザイプトの生い立ち、身長、出身、現在の活動など

投稿日:

ナオミ・ザイプトの生い立ち身長、出身、家族、小さいころの様子、年齢、活動などについて。地域版コンテストでで物理学で1位を獲得し、数学で2位になるほどの秀才です。ドイツのミュンスター出身の19歳のナオミ・ザイプトは、自分自身を「気候変動の現実主義者」と名乗っておりナオミ・ザイプトは「反グレタ」と呼ばれています。YouTubeビデオを通して、ナオミ・ザイプトは、気候変動に関する科学的コンセンサスを広めています。

ナオミ・セイブト

ナオミ・セイブト

 

ナオミ・ザイプト(Naomi Seibt)の生い立ち、身長、出身、家族

ナオミ・ザイプト(Naomi Seibt)は、2000年8月18日生まれドイツのミュンスター出身
現在19歳です。

身長167 cmです。

セイブトは、ドイツのノルトラインヴェストファーレン州のミュンスター郊外に、家族は母親である弁護士とともに住んでいます。

母親の名前は、Karoline Seibtといいます。

 

2015年14歳のときに政治に興味を持ち、母親Karoline Seibtとの政治イベントに出席し始めました。

当時、彼女はドイツのキリスト教民主同盟(CDU)に対して批判的でした。

彼女は2017年9月に、カトリックの高校であるセントサンマウリッツ高校16歳で卒業しました。

st, mauritz grammer school

st, mauritz grammer school

セントサンマウリッツ高校

 

その間、ジュニア部門でノルトラインヴェストファーレン地方の地域版コンテストでで物理学で1位を獲得し、数学で2位になるほどの秀才です。

Naomi Seibt

Naomi Seibt

ナオミ・ザイプトの活動

ナオミ・ザイプトは現在19歳の、YouTuberです。

 

2019年5月16歳の時に、彼女は最初のYouTubeビデオをアップロードしました。
ナショナリズムに関する彼女の詩「詩は時々沈黙する」という詩で、彼女がドイツ政府のの政治姿勢を批判しています。

 

彼女は、16歳の時に、右派ポピュリストのドイツ党のオルタナティブに賛同したブログである「Philosophia Perennis」のエッセイで初めて世間の注目を浴びました。

 

この記事は、国が「彼らの文化的および政治的アイデンティティを維持する」ための方法として、大量移民を拒否し、ナショナリズムを擁護した内容です。

 

ドイツのミュンスター出身の19歳のナオミ・ザイブは、自分自身を「気候の現実主義者」と名乗っておりそれ以来、彼女は地中海でのフェミニズム、中絶、および移民の救出に対するYouTubeビデオ発信もしました。

ナオミ・ザイプト

ナオミ・ザイプト

 

ナオミ・ザイプト(Naomi Seibt)は、ドイツの気候変動の現実主義者

ナオミ・ザイプト(Naomi Seibt)はドイツの気候変動の現実主義者です。

2019年5月以降、セイブトは「移住からフェミニズム、気候変動」に至るまでのトピックに関するYouTubeビデオを発信しています。

ナオミ・ザイプト(は自分を「気候の現実主義者」と呼んでいます。

 

ナオミ・ザイプトは、彼女は気候変動に関し保守的なハートランド研究所と契約しました。

ナオミ・ザイプト「反グレタ」(スウェーデンのグレタ・トゥンベルグ)の立場をとっています。

彼女は気候変動の保守的なシンクタンクが主催する複数のイベントで講演を行ってきました。

ナオミ・ザイプト(Naomi Seibt)は、グレタ・トゥンバーグ(Greta Thunberg)に対抗し「Anti-Greta」としての保守的なブロガーとしての地位を確立し、ドイツの気候変動代替案に連携しています。

ハートランドインスティテュートによって宣伝された気候変動対策キャンペーンでは、ナオミ・ザイプトは、グレタと反対意見を真っ向から述べています。

ビデオで、グレタ・トゥーンバーグの地球温暖化に対し「パニックになってほしい」に対抗して、セイブトは、正反対のアプローチのコメントしました。

「パニックになってほしくありません。考えてほしいです。」と言っています。

 

ナオミ・ザイプトは、移民、フェミニズム、ジェンダー理論、社会主義、ポストモダニズム、気候変動など、「主流メディア」でコンセンサスを得ていることに批判的な主張をしています。

しかし、ナオミ・ザイプトは、「反グレタ」という言葉が好きではないと言います。

その理由は、「私が自分で考えないで大人から教え込まれた人形であることを示唆してしまうからです。」と言います。

 

しかし、なぜアメリカのシンクタンクは、10代のドイツの活動家にそれほどの関心を示すのでしょうか?

ハートランドインスティテュートは、2018年から2019年にホワイトハウス国家安全保障会議に参加した科学者であるウィリアムハッパーを含む有力な共和党員から支援を受けています。

ハッパーは、「環境におけるCO2の重要な役割」を守る組織であるCO2Coalitionを設立しました。そして、「CO2の問題か」を批判的立場です。

ナオミ・セイブトと気候リアリズムへの旅

気候リアリストになる方法-ナオミ・セイブとのインタビュー

まとめ

今回は、「ナオミ・ザイプトの生い立ち、身長、出身、現在の活動など」というテーマでお送りしました。

ナオミ・ザイプトさんは、10代から、温暖化問題の意見を言ってきましたが、数学、物理に堪能で、自分の頭でしっかり考えて活動しているようで好感がもてます。

ライバルのグレタさんはどうでしょうか?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事もご覧ください

クレタ対抗勢力ナオミ・ザイプト登場で温暖化「警鐘派」と「懐疑派」の代理戦

 

 

 

 

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブラジルの医療機関

南米各国ブラジル・チリ・コロンビアの失業率が新型コロナで急上昇。

新型ウイルスによりブラジルでは失業が急増し、800万人近くが失職。これは、2012年に記録管理が開始されて以来、ブラジルで最大の失業となった。チリとコロンビアも失業の急増を報告した。 ブラジルの墓地 …

企業の業績ダウン

米GDP減少が戦後最大、アメリカの新型コロナウィルスの経済対策

米国の実質国内総生産(GDP)は、4~6月期に年率換算で前期比40%減と戦後最悪のマイナス成長が予想されます。新型コロナウィルスによる経済封鎖で大手企業にも経営不安が 広がり、失業率も10%を突破しそ …

ジャスティン・トルドー首相

カナダ首相、20秒の沈黙 トランプ氏の抗議行動対応で、その後名言を述べる。

カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相が2日、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の直近のトランプ氏の抗議行動に対する行動について記者からコメントを求 …

咳をする男性

中国の肺炎が流行するが原因不明で重症化、対策と、これまでのまとめ。

中国の肺炎が武漢市を中心に去年12月より流行しています。いまのところ原因不明で重症化と死亡事例もでました。いま、少しづつ感染し広がりを見せていますが対策と、これまでのまとめです。 咳をする男性 &nb …

サバクトビバッタの群れ

中国でイナゴ災害と洪水災害で食糧危機に直面する恐れが拡大。

中国の多くの省でイナゴ災害が食糧危機に直面しており、湘陽、湖北、浦安、雲南、桂林、広西、湖南省のイナゴは地中に広がっています。それに追い打ちをかけて大洪水が田畑を襲っています。今後食糧危機に直面する恐 …