最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

台中外交官らがフィジーで乱闘で中国のコメント「泥棒が泣き止まる泥棒」!

投稿日:

10月19日に台中外交官らがフィジーで乱闘がありました。南太平洋の島国フィジーで台湾の出先機関が開いた宴会で、台湾と中国の外交関係者らが乱闘になる騒ぎがあり、双方は19日、非難の応酬を繰り広げた。台中外交官らがフィジーで乱闘で中国のコメント「泥棒が泣き止まる泥棒」と主張した動画。

台湾「建国記念日」式典の様子

台湾「建国記念日」式典の様子

台中外交官らがフィジーで乱闘

10月19日に台中外交官らがフィジーで乱闘がありました。南太平洋の島国フィジーで台湾の出先機関が開いた宴会で、台湾と中国の外交関係者らが乱闘になる騒ぎがあった。中国の戦狼外交の現れかも知れません。#a thief crying stop thief

 

中国側は、宴会で出されたケーキの飾りの台湾旗がヒートアップの原因になった可能性を示唆した。

 

台湾側によると、フィジー首都スバにあるグランドパシフィックホテル(Grand Pacific Hotel)で8日、出先機関の台北商務弁事処が台湾の建国記念日を記念して宴会を開き、賓客100人が招かれた。

台湾「建国記念日」式典の様子

台湾「建国記念日」式典の様子

 

その会に、招待されていない中国関係者2人が出席し、賓客らの写真を撮り始めたため退場を求めると、2人は台湾の職員1人に対する暴行に及び、同職員は病院に搬送されたという。

 

台湾外交部の報道官は「法の支配と品行規範に著しく違反した在フィジー中国大使館の行為を強く非難する」と述べた。

 

一方中国側の説明では、在フィジー中国大使館は、同館の職員2人は式典当日に「公務」で「会場外の公共エリア」にいて、台湾の職員1人が「挑発的な行動を取り、中国の外交官1人を負傷させ、損害を与えた」と主張した。

 

また中国外務省は19日の会見で、自国の大使館職員らは、台湾旗が描かれたケーキなど、宴会の詳細を知っていたと発表。

 

外務省の趙立堅(Zhao Lijian)報道官は記者団に対し、「偽の国旗が会場に公然と飾られ、ケーキにもこの偽の国旗があしらわれていた」と指摘した。

台湾側は、中国側の職員2人は警察に連行され、自分たちが攻撃されたと「虚偽の訴え」をしたと批判している。

 

中国はフィジー事件を「泥棒が泣き止まる泥棒」という。

北京は台北のフィジー事件の非難を「泥棒が泣き止まる泥棒」と呼んでいる。


Beijing calls Taipei’s denouncement of Fiji incident ‘a thief crying stop thief’

 

 

中国外務省のスポークスマン、趙立堅は10月19日、台北での最近のフィジーでの衝突の非難を「泥棒が「泥棒を止めろ」と叫んでいる」と非難した。

 

台湾の外交部は、フィジーにある中国大使館の2人の職員が10月8日に台湾駐在員事務所が開催したレセプションに強制的に立ち入り、出席者の写真を撮ろうとしたと述べた。台湾の中央通信社によると、本土の外交官は、グランドパシフィックホテルのイベントで台湾のスタッフと物理的に衝突し、彼らを止めようとし、後に脳震盪のために病院で治療を受けました。

 

まとめ

今回は「台中外交官らがフィジーで乱闘で中国のコメント「泥棒が泣き止まる泥棒」!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バッタ

パキスタンでバッタ大量発生「ダイポールモード現象」による世界的異常気象

パキスタンでバッタ大量発生しました。過去30年で最悪の作物被害になりそうです。特に農業の中心地で作物が壊滅的な打撃を受け、食料価格の急騰を招いています。このバッタ大量発生の原因として指摘されているのが …

「サウスパーク」

米アニメ「サウスパーク」が、中国でネット封鎖に『band in China』の内容は!

米アニメ「south park」が、中国を痛烈風刺。 中国は即刻遮断に。米アニメ「サウスパーク」の『band in China』(バンド・イン・チャイナ)が、言論の自由や人権に関する敏感な内容で中国を …

トランプ大統領

トランプ大統領WHOへの資金拠出停止に舛添・高須賛否両論意見紹介

アメリカがついにWHOに制裁。トランプ米大統領は4月14日、国連(UN)の専門機関である世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するよう政権に指示したと発表した。新型コロナウイルスが世界に感染拡大する …

コンゴ民主共和国

コンゴでエボラの新たな流行発生 。WHOサージチームが対応をサポート。

コンゴでエボラの新たな流行発生 コロナ感染拡大の最中。コンゴ民主共和国の保健省は6月1日、エボラ出血熱の新たな流行が、同国北西部で発生したと発表した。同国では東部でエボラ流行が発生しており、新型コロナ …

ノッサセニョーラアパレシーダ墓

ブラジル新型コロナ感染の最新情報、ブラジルの実態詳細。

懐疑的な大統領。何百万人もが社会的に孤立することを拒否しています。負担の大きい医療システム。これらは、ブラジルを次のコロナウイルスの震源地、そしておそらく世界で最も影響を受けた国の1つに変えている要因 …