最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

怪我をした鳥の母になった犬が母乳が出るようになった動画!

投稿日:

豪クイーンズランド州クーメラに住むジュリエットさん(Juliette)は2020年9月、飼い犬ペギー(Peggy)と散歩中に草むらの中で怪我をして動けなくなっているカササギを見つて連れ帰り介護。その後スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い犬ペギー(Peggy)とカササギの間に親子のような強い絆が生まれペギーのお乳が出るようになった動画。

カササギ

カササギ

怪我をした鳥の母になった犬が母乳が出るようになった。

豪クイーンズランド州クーメラに住むジュリエットさん(Juliette)は2020年9月、飼い犬ペギー(Peggy)1歳と散歩中に草むらの中で怪我をして動けなくなっている鳥のカササギを、ペギーが吠えたため発見した。

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い犬ペギー(Peggy)と鳥のカササギの間に親子のような強い絆が生まれていき、ペギー(Peggy)が怪我をした鳥の母になったようになり手をつないで眠ったり母乳が出るようになったりした。

 

ジュリエットさんは今から9か月ほど前、瀕死の状態だったカササギを保護して地元の野生動物専門家に相談し、パートナーのリースさん(Reece)と一緒に自宅で世話をすることにした。

 

カササギにモーリー(Molly)と名付け、しばらく様子を見たが、モーリーは丸一日眠り続けて、それでもなんとか持ち直し、1週間後にはだいぶ元気を回復。

 

その後のモーリーとペギーとの関係は、ペギーは当初、モーリーを遠目に見て怖がっていたが、日に日に仲良くなり、モーリーのくちばしに鼻を近づけて臭いを嗅ぐまでになった。

 

こうしてペギーとモーリーは毎日一緒に過ごすようになり、お互いに離れることができない存在にる。

 

でジュリエットさんは、すっかり回復したモーリーがいつでも飛び立っていけるように全ての窓やドアを開け、トカゲや虫などの餌の取り方を教えたといいます。

しかしモーリーがこの家を去ることはなく、ジュリエットさんは次のようにモーリーについてコメント。

「きっとモーリーは、自分のことを犬だと思っているのでしょう。それでペギーがすることを何でも真似するのです。」

「ペギーは窓のそばに座って外の木や鳥を眺めていることが好きなのですが、モーリーもすぐ隣で同じように外を見ているのです。」

「ペギーとモーリーは朝に目覚めた時から寝る時までいつも一緒です。」

「モーリーがペギーの上に乗っていたり、手(足)をつないで寄り添っていたことさえあるのです。」

「ペギーがモーリーの羽づくろいをすれば、モーリーはペギーの顔についた食べ物を嘴で取ってあげるのです。その関係はとても美しいと思います。」

「一番驚いたことは、モーリーがやってきて3週間後にペギーのお乳が出るようになったことです。」

「獣医のもとに連れて行くと、偽妊娠だと言われましたが、ペギーはモーリーのことを娘だと、モーリーはペギーのことを母親だと思っているようです。」

「モーリーはそんなペギーのお乳をつつくので、ペギーにはTシャツを着せて対処したほどです。それにモーリーとペギーは自分たちだけが理解できる言葉を使って話をしているようで、それは見ているだけでも可笑しいんですよ。」

「モーリーがやってきたことは、私たち家族にたくさんの幸せをもたらしてくれました。モーリーが『ここにいたい』と思ってくれている間は、大歓迎ですよ」

スタッフォードシャー・ブル・テリアの飼い犬ペギー(Peggy)と鳥のカササギの間に親子のような強い絆が生まれていき、ペギー(Peggy)が怪我をした鳥の母になったようになり手をつないで眠ったり母乳が出るようになったりした動画は、TikTokビデオでなんと240万回の再生回数を記録。

愛するカップルがベッドにいる間、手をつないでいるように見えます。

 

怪我をした鳥の母になった犬が母乳が出るようになった動画。

 

心温まる:鳥の頭脳を持ったスタッフォードは救助されたカササギと友達になり、
彼らは一緒に眠りさえします。


Heartwarming: Bird brained Staffy makes friends with rescued
magpie and they even SLEEP together

 

まとめ

今回は「怪我をした鳥の母になった犬が母乳が出るようになった動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小石原 昭

小石原昭氏死去、プロフィール、著書、企画集団・知性コミュニケーションズ

編集者小石原昭氏5月10日、急性心不全のため東京都内の自宅で死去。享年93歳。企画集団・知性コミュニケーションズ代表。プロフィール、著書に「時代を掴む男たち」などがある。 小石原 昭 目次1 小石原昭 …

スマートフォン

信用スコアを使ったスマホ融資は危険か!スマホ融資の注意点について。

日本でも、AIを使った信用スコアで、個人の信用力を数値化して融資に利用する「スマホ融資」が広がりそうな流れになっています。この信用スコアを使った「スマホ融資」に危険性は無いのか!、今後拡大するスマホ融 …

ロシュ抗体検査

抗体検査薬の正確性「ロシュ」100%近い、日本でも導入予定。

アメリカは、5月3日までに米食品医薬局(FDA)がスイスの製薬大手ロシュの抗体検査薬で緊急使用を許可しました。ロシュは、正確性が「100%に近い」としています。日本でも5月中に承認申請する予定です。ド …

データを記入する女子

同一労働同一賃金でパートの退職金はいつからどうなる?をわかりやすく解説します。

同一労働同一賃金が導入されます。同一労働同一賃金でパートの退職金は、いつからどうなるかどう変わるかですが、実施時期は大企業と、中小企業によって変わってきます。また同一労働同一賃金が導入後、パートの退職 …

西ノ島

小笠原諸島の西之島火山が活発化、「爆発の可能性も」!

海上保安庁は20日、昨年12月に噴火を確認した東京・小笠原諸島の西之島を17日午後に上空から観測した結果、山頂にある中央火口の連続的噴火や灰色の噴煙が高度約1800メートルまで上がっていることを確認し …