最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

前田俊明さん死去、作曲、年曲を手掛けた歌詳細。生まれ、経歴。

投稿日:

作曲、編曲家の前田俊明さんが4月17日に死去しました。享年70歳。前田俊明さん生まれ、経歴など、手掛けた作品など紹介。東京都出身で昭和を代表する作曲家、古賀政男らに師事。山川豊のデビュー曲「函館本線」や伍代夏子(58)の「忍ぶ雨」、藤あや子の「こころ酒」川中美幸の「二輪草」で多数の名曲を手掛けました。

前田俊明

前田俊明

作曲、編曲家の前田俊明さん死去、受賞作品

 

作曲、編曲家の前田俊明さんが4月17日に死去しました。

前田俊明さんは、2019年11月に脳に腫瘍が見つかり入院。手術後は家族ら周囲の献身的なサポートで容体も安定していたが、最後は家族に看取られて死去されたそうです。

作曲、編曲家の前田俊明さんの代表作でもあり受賞作は以下です。

 

1981年(昭和56年)山川豊「函館本線」で第23回日本レコード大賞・新人賞、受賞。 第12回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞受賞。


ー       山川豊 函館本線

 

1990年(平成2年)伍代夏子「忍ぶ雨」で第21回日本歌謡大賞・放送音楽賞受賞。


ー       伍代夏子 忍ぶ雨 高音質

 

1992年(平成4年)藤あや子「こころ酒」で第34回日本レコード大賞歌謡曲演歌部門・編曲賞受賞。


ー        こころ酒 藤あや子

 

1998年(平成10年)川中美幸「二輪草」で第40回日本レコード大賞・編曲賞受賞。


ー          二輪草/川中美幸

 

「二輪草」では第40回日本レコード大賞編曲賞などを受賞し、最近は坂本冬美の「俺でいいのか」の編曲を担当。


ー   俺でいいのか⑤ 坂本冬美 (2019)

 

テレビアニメ「釣りバカ日誌」のオープニング曲「しあわせのうた」があります。

を手掛けた。 


ー        森昌子 釣りバカ日誌

 

作曲、編曲家の前田俊明さん生まれ、経歴

東京都台東区下谷生まれ。明治大学付属明治高等学校から明治大学に進学し、在学中は明治大学マンドリン倶楽部に所属。古賀政男・舩木謙一・猪俣公章に師事。

前田俊明さんの手掛けた曲

主な編曲作品

青木美保
「秋燕」(2016年)
「花海棠」(2017年)
朝丘雪路&山本譲二
「めぐり逢い…東京」(2002年)
浅田あつこ
「雨やどり夢やどり」(1997年)
「恋待花」(1998年)

アローナイツ
「男の弱さ」(2014年)
池畑慎之介
「天狼」(2001年)
五木ひろし
「おしどり」(1991年)
「杯に歌のせて」(1992年)
「悠久の男」(1993年)
「べにばな」(〃)
「再り会い」(1999年)
「望郷の詩」(2003年)
「アカシア挽歌」(2004年)
「ゆめかぜ」(2007年)
「橋場の渡し」(2008年)
「夕陽燦燦」(2015年)
「九頭竜川」(2016年)
「わすれ宿」(2017年)
五木ひろし&都はるみ
「ふたつ星」(2011年)
上杉香緒里
「北の海峡」(1997年)
「三百六十五日」(1998年)
「のんべえ」(1999年)
「燧灘」(2010年)
「おんな傘」(〃)
「越後母慕情」(2012年)
「嫁泣き岬」(2013年)

川中美幸
「ぐい呑み酒」(1990年)
「あんたの春」(1991年)
「夢追い女」(1992年)
「月の砂漠」(1993年)
「北山しぐれ」(1995年)
「二輪草」(1998年)
「なにわの女」(2000年)
「春ふたり」(2001年)
「大河の流れ」(〃)
「貴船の宿」(2002年)
「おんなの一生?汗の花?」(2003年)
「おもろい女」(2004年)
「うすゆき草」(2005年)
「歌ひとすじ」(2006年)
「灯籠流し」(〃)
「金沢の雨」(〃)
「ふたり花」(2010年)
「長崎の雨」(2011年)
「花ぼうろ?霧氷の宿?」(2012年)
「めおと桜」(2013年)
「祇園のおんな」(2014年)
「吾亦紅?移りゆく日々?」(〃)
「一路一生」(2015年)
「人生ごよみ」(2016年)
「あなたと生きる」(2017年)
北川大介
「この愛に生きて」(2004年)
「小樽夢見坂」(2005年)
「やぐるま岬」(〃)
「アカシアの女」(2006年)
「想い出はマロニエ」(2007年)
「雨の酒場町」(2010年)
「水芭蕉」(2011年)
「波止場酒」(2015年)
北島三郎&藤あや子
「夫婦綴り」(2016年)
北見恭子
「夜ごとの涙」(1988年)
「春の夢」(1991年)
「若狭恋枕」(1995年)
「女の旅路」(2015年)
北原ミレイ
「おんな道」(1989年)
桐生なおと
「なみだ雨」(1999年)
黒川真一朗
「グラスの氷」(2006年)
「それが女の道なのよ」(2008年)
「柿田川」(2009年)
伍代夏子
「忍ぶ雨」(1990年)
「恋ざんげ」(1993年)
「ひとり酒」(1994年)
「女のひとりごと」(1995年)
「北の舟唄」(〃)
「お江戸チョイチョイ節」(2002年)
「ふたり坂」(2004年)
「浮世坂」(2005年)
「金木犀」(2006年)
「舟」(2007年)
「京都二年坂」(2008年)
「霧笛橋」(2011年)
「ほろよい酒場」(2013年)
「矢車草?やぐるまそう?」(2014年)
「花つむぎ」(2016年)
「宵待ち灯り」(2018年)
小林旭
「五月雨ワルツ」(1988年)
「旅の酒?放浪編?」(2003年)
「昭和・男道」(2012年)
「ひとりの女に」(2014年)
小林幸子
「春蝉」(2003年)
「おんなの酒場」(2011年)

坂本冬美
「播磨の渡り鳥」(2004年)
「ふたりの大漁節」(2005年)
「雪国?駒子 その愛?」(2007年)
「紀ノ川」(2008年)
城之内早苗&山本譲二
「渋谷川」(2012年)
神野美伽
「人生夜汽車」(1990年)
「浪花八景」(1994年)
「女もつらいよ」(1997年)
「釜山海峡」(〃)
「浪花の春」(2002年)
「浮雲ふたり」(2003年)
「あかね雲」(2004年)
「めおと雲」(2005年)
「番屋」(2007年)
「みさお酒」(2010年)
「桜みち」(2011年)
「黒髪」(2012年)
水前寺清子
「青空」(1990年)
杉良太郎
「北からの手紙」(1990年)
「風暦」(2000年)
「いいってことよ」(2001年)
「おもいでの神戸」(2002年)
瀬口侑希
「雪舞い岬」(2017年)
千昌夫
「人生ふたり旅」(2002年)
た行[編集]
チェリッシュ
「明日に向かって」(1994年)
天童よしみ
「忘れ酒」(1994年)
「あんたの花道」(2002年)
「蝶柳ものがたり」(2003年)
「男の夜明け」(2004年)
「人生みちづれ」(2010年)
「母恋鴉」(〃)
「一声一代」(2014年)
「女のあかり」(2016年)

永井裕子
「みちのく雪列車」(2001年)
「哀愁桟橋」(2002年)
「菜の花情歌 / かもめ屋主人」(2003年)
「片恋しぐれ町 / 鴎うた」(2004年)
「旅路の女 / 北の里唄」(2004年)
「さすらい海峡 / しあわせ音頭」(2005年)
「渡し舟 / 似た者どう」(2005年) ※デュエット西方裕之
「山鳩の啼く町 / ソーラン家なき子」(2006年)
「雪港 / 明日に咲け」(2006年)
「石見路ひとり / 望郷神楽ばやし」(2007年)
「男の情歌 / 北陸本線冬の旅」(2009年)
「はぐれ雲 / 夜泣酒」(2010年)
「北陸本線冬の旅?リミックスバージョン? / 明日に咲け」(2011年)
「望郷おんな節 / TOKYOスカイツリー音頭」(2011年) ※なでしこ姉妹
「そして・・・雪の中 / 刈干キリキリ」(2012年)
「石見のおんな / 石見銀山ひとり坂」(2012年)
「さよなら港 / 明日は明日」(2013年) ※なでしこ姉妹
「郡上八幡おんな町 / 祭り女の渡り鳥」(2014年)
「音信川 / 越前泣き岬」(2016年)
「松江恋しぐれ / 谷中ほたる」(2016年)
「海猫挽歌 / 浮橋情話」(2018年)
中条きよし
「やっと逢えたね」(2011年)
「男の忘れ物」(2012年)
中条きよし&長保有紀
「恋は悲しみのタンゴ」(1996年)
新沼謙治
「雨やどり」(1988年)
「幸福の坂道」(1989年)
「大雪よ」(1992年)
「男のやせがまん」(1994年)
「愛妻 北挽歌」(2000年)
「古里はいいもんだ…」(2001年)
「笑い飛ばして」(〃)
新沼謙治&朝川ひろこ
「かりそめのラブソング」(1990年)
は行[編集]
原田悠里
「雪割草」(1991年)
「みちのく雪灯り」(1992年)
「氷見の雪」(2004年)
「沙の川」(2005年)
「桜が咲いた」(2009年)
「飛騨の月」(2010年)
「明日を信じて」(2011年)
「秋月の女」(2013年)
「女‥みぞれ雨」(2016年)
「人生夢桜」(〃)
半田浩二
「夢流れ」(1995年)
「女房役」(2001年)
藤あや子
「雨夜酒」(1991年)
「こころ酒」(1992年)
「むらさき雨情」(1993年)
「女泣川」(1994年)
「み・れ・ん」(1995年)
「紅」(1996年)
「うたかたの恋」(1997年)
「女のまごころ」(1999年)
「くちづけ」(2000年)
「ふたり花」(〃)
「恋酔酒」(2002年)
「無情の酒」(2007年)
細川たかし
「北斗の星」(1994年)
「雪港」(2000年)
「この蒼い空には」(2002年)
「大鴉?故郷偲んで?」(2003年)
「夫婦ごころ」(2004年)
「城埼恋歌」(2005年)
「あやいろの恋」(2006年)
「恋宿り?銀山夜景?」(2008年)
「櫻の花の散るごとく」(2009年)
「北海無法松」(2016年)
「縁結び祝い唄」(2017年)

真木ことみ
「極楽とんぼ」(1996年)
「こころ舟」(1998年)
「片恋岬」(2001年)
「一路出世船」(〃)
「おんなの時雨」(2007年)
「母の暦」(2009年)
「無情の雨が降る」(〃)
「紅つばき」(2010年)
「春よ来い」(2011年)
「海峡のおんな」(2013年)
「石蕗の花」(〃)
「女の慕情」(2016年)
「凛と咲く」(2017年)
牧村三枝子
「室生寺」(1993年)
「花あかり?ワルツ?」(1995年)
牧村三枝子&渡哲也
「花あかり」(1995年)
松尾雄史
「くちなし慕情」(2012年)
「純子の泪」(2013年)
「北斗岬」(2014年)
「メルボルン特急」(2016年)
美川憲一
「うたかたの夢」(1993年)
「幸せになりたい」(1995年)
「北国夜曲」(1996年)
「慕情」(1997年)
「別れの旅路」(1998年)
「東京ホテル」(2000年)
「恋女」(2001年)
「女のひとりごと」(2002年)
「湯沢の女」(〃)
「泣かんとこ」(2003年)
「納沙布みれん」(2004年)
「愛は煌めいて」(2005年)
「赤い鴎」(2006年)
「長崎みれん」(〃)
「淡雪のひと」(2008年)
「アカシア雨情」(2010年)
「雨がつれ去った恋」(2014年)
「吾妻橋で待つ女」(2015年)
都はるみ
「桜時雨」(1993年)
「草枕」(1995年)
「幻夢のえれじい」(1997年)
「花はあなたの肩に咲く」(2006年)
「小さな春」(2009年)
森進一
「十六夜舟」(1987年)
「指輪」(1989年)
「ひとすじの白い道」(1995年)
「女恋港」(〃)
「薄雪草」(1996年)
「哀の河」(2003年)
「女の恋」(2008年)
「女坂」(2012年)
「私の恋」(2016年)
「北港」(2018年)
森進一&森昌子
「しあわせのうた」(2003年)

八代亜紀
「あかんたれ」(1994年)
「あんた逢いに来い」(1996年)
「風のブルース」(1999年)
「朧月夜」(2000年)
「立ち呑み『小春』」(2007年)
山内惠介
「二十才の酒」(2003年)
「流氷鳴き」(2005年)
「つばめ返し」(2007年)
「風蓮湖」(2009年)
山川豊
「函館本線」(1981年)
「こころ花」(1988年)
「夜桜」(1992年)
「面影本線」(1995年)
「男のららばい」(1998年)
「港のブルース」(2003年)
「螢子」(2015年)
「今日という日に感謝して」(2018年)
山本譲二
「七夕月」(1993年)
「花も嵐も」(2000年)
「おまえにありがとう」(2001年)
「しあわせの青い鳥」(〃)
「都会の子守歌」(2002年)
「おまえと生きる」(〃)
「放浪?さすらい?」(2003年)
「ふるさとのはなしをしよう」(2004年)
「倖せあげたい」(〃)
「名もない花に乾杯を」(2005年)
「新宿の月」(2006年)
「惚れたおまえと」(2007年)
「千里の道も」(2009年)
「哀愁運河」(2010年)
「こころの絆」(2012年)
「蓬莱橋」(〃)
「北の孤愁」(2014年)
「ふたりで一つの人生を」(2016年)
「ふたりでよかった」

まとめ

今回は「前田俊明さん死去、作曲、年曲を手掛けた歌詳細。生まれ、経歴。」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安田 裕美

ギタリスト安田裕美さん死去、プロフィールと主な作品など。

ギタリストの安田裕美さんが大腸がん死去しました。享年72歳。山崎ハコの夫で、井上陽水のデビュー当時を支えたバックギタリスト、編曲家でもありました。 安田 裕美 目次1 安田裕美さん死去2 安田裕美のプ …

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます …

Victor Willisとトランプ氏

ビクター・ウィリスThe Village People 「Y.M.C.A.」トランプ大統領使用を非難!

ビレッジピープルのフロントマンであるビクター・ウィリス( Victor Willis )はドナルド・トランプ大統領が「Y.M.C.A.」の曲をキャンペーンイベントで使用することを非難。 Victor …

リナ・サワヤマ

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアやプロフィール!

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアや生い立ち、プロフィールについて。そして現在イギリスでの著名な音楽賞の受賞資格を得られないとツイッターで問題提起した。 #Lina Sawayama リナ …

ボニー・ポインター

ボニー・ポインター死去、プロフィールや家族そして音楽活動について。

ポインター・シスターズのメンバーだったボニー・ポインターさんが6月8日、西部カリフォルニア州ロサンゼルスの自宅で死去した。享年69歳。ポインターの4人の姉妹、ルース、アニタ、ボニー、ジューンは、父親が …