最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

トニー・コスタンザが死去、プロフィールや「マシンヘッド」について!

投稿日:

マシーン・ヘッドのオリジナル・ドラマーのトニー・コスタンザが死去。プロフィールや「マシンヘッド」とのかかわり、クライシス、クローバー、デブリスインク、パップスミアにも参加。

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザが死去。

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

 

Machine Head、Crowbar、Crisisなどのバンドでドラムを演奏したトニー・コスタンザ(Tony Costanza)が8月4日に52歳で亡くなりました。

 

コスタンツァは1991年にMachine Headに参加し、最初のショーを実行し、バンドの1994年のデビューであるBurn My Eyesで終わるいくつかのパートを書きました。

 

コスタンツァはバンドのデモで演奏したが、完全な長さが録音される前に残った。また、クライシス、クローバー、デブリスインク、パップスミアにも出演しました。

 

彼のかつてのクライシスのバンドメイトであるアフザール・ナシルディーンは声明を出しています。

「今日私が私の兄、バンドの伴侶、ホームボーイと家族を失ったことを心配しているすべての人に受け入れ、通知しなければならないのは非常に残念です。トニー・コスタンツァは類を見ない存在でした。心の広い男で、親しい人への愛と忠誠。」

「私はこの損失の現実にまだ関係することはできません。私は彼が多くのファンを持っていることを知っています、そして私は彼の最大のファンの一人でした。彼は文字通り私のために身代わりになったのでしょう。それは彼がそうであったギャングの兄弟のようなものです。」

「トニーは今朝彼の睡眠中に死んだので、彼は平和で痛みはなかったと確信しています。

彼女がすべてのオンスを必要とするので、彼の母が彼女が集めることができるすべての力を望みます。」

「彼女とトニーの葬儀費用のGofundMeページを開始します。あなたが彼を知っていて気にかけているなら助けてください。」

「時には喪失感が乗り越えられないので、大切な人との距離を縮めてください。」

私の友達のトニー、私はあなたを愛し、私たちの思い出を永遠に大切にします。あなたが今より良いペースにあることを願っています。安らかに眠る。」

トニーと彼の家族への哀悼の意。

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

 

『Loudwire』によると、クライシスのバンド・メイトだったAfzaal NasiruddeenがFacebookを通じ訃報を伝え、死因は明かされていないが、「睡眠中息を引き取った。だから僕は、安らかで痛みはなかったと確信している」と綴っているという。

 

コスタンザは、1991年、ロブ・フリン(Vo/G)を中心にアダム・デュース(B)、ローガン・メイダー(G)とマシーン・ヘッドを結成。翌年、デビュー・アルバム『Burn My Eyes』の制作を始めてすぐに脱退したが、同作では彼のアイディアが採用されたと言われる。

 

唯一のオリジナル・メンバーであるフリンは、Nasiruddeenの投稿をインスタグラムに載せ、「マシーン・ヘッドの俺らのオリジナル・ドラマー、トニー・コスタンザが亡くなったと知った。とても悲しい。トニーは何らかの形でBurn My Eyesの曲の半分に関与しており、僕らは長年に渡りずっと友情を維持してきた。もし誰かより詳しいことを知っていたら、DMして欲しい」と追悼の言葉を上げている。

 

コスタンザはマシーン・ヘッド脱退後、2001~2004年にはCrowbarに在籍。アルバム『Sonic Excess In Its Purest Form』(2001年)を制作した。

 

トニー・コスタンザがのプロフィール

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

 

トニーコスタンツァは、1968年7月2日生まれ。

 

1992年から1993年までバンドで演奏したアメリカのヘビーメタルバンドMachine Machineの最初のドラマーとして知られているアメリカ人のドラマーでした。

ドラムとボーカルをこなします。

 

コスタンツァはバディ・リッチの親友であるアーヴ・クルーガーからジャズのレッスンを受けた。

 

デイブロンバルド、ジーンホグラン、テリーボッツィオなどのドラマーに影響を受けた。

 

コスタンツァはクライシス、クローバー、デブリスインク、パップスミアにも加わりました。

マシンヘッド

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

 

トニー・コスタンザ(Costanza)はMachine Headで2つのショーを行いました。

 

1992年8月29日、ネバダ州ラスベガスでのオークランドでのケガー/ハウスパーティーと最初の「公式」マシンヘッドショー

 

1993年、彼はバンドを去ることに決め、「私は非常に若くてドラム、特にコントラバスを演奏するのが初めてだったので、バンドを辞めました。

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザ

 

バンドは多くのコントラバスを求めていました。基本的に、自分の不安から、私はあきらめました。

私は損失で多くの苦しみを経験し、自分の好きなバンドで演奏したことを決して忘れないでしょうが、私とバンドにとって健康なことをしなければなりませんでした。

すべてのコントラバスの面で非常に堅実な部分がありましたが、それでもバンドに彼らが必要とするものを与えることができないと感じました。」

 

彼はデビューアルバムBurn My EyesA Thousand LiesThe Rage to Overcome、Death Church、A Nation on Fire、Blood for Blood、I’m Your God Now、Block(元々は「Fuck it」というタイトル)から7曲のドラムを書きました。

トニー・コスタンザの動画

 


Tony Costanza, former Machine Head and Crowbar drummer, dies

 


ー    DAVIDIAN – MACHINE HEAD

 


ー          Death Church


ー        Blood for Blood


ー    Machine Head – “A Nation On Fire”


ー       I’m Your God Now

 

まとめ

今回は「トニー・コスタンザが死去、プロフィールや「マシンヘッド」について!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安田 裕美

ギタリスト安田裕美さん死去、プロフィールと主な作品など。

ギタリストの安田裕美さんが大腸がん死去しました。享年72歳。山崎ハコの夫で、井上陽水のデビュー当時を支えたバックギタリスト、編曲家でもありました。 安田 裕美 目次1 安田裕美さん死去2 安田裕美のプ …

ジャッキー吉川

ブルー・コメッツのジャッキー吉川死去、代表曲、活動

ヒット曲「ブルー・シャトウ」で知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーを務めたジャッキー吉川さんが群馬県内の自宅で死去しました。81歳。ブルー・コメッツとジャッキー吉川の …

足立“YOU”祐二

DEAD ENDの足立“YOU”祐二さんの音楽活動やプロフィールについて。

DEAD ENDのギタリストを担当した足立“YOU”祐二さんが6月16日、敗血症のため死去しました。享年56歳。 足立“YOU”祐二 目次1 DEAD ENDの足立“YOU”祐二さん死去2 足立“YO …

ジミー・コブ

ジミー・コブ死去、プロフィール、実績、結婚、家族、演奏動画。

米ジャズドラマージミー・コブさん死去。享年91歳。ジミー・コブさんが5月24日、肺がんのため東部ニューヨークの自宅で死去しました。コブは彼の家で家族に囲まれて亡くなりました。「彼は非常に特別で珍しい人 …

百瀬 喬

音楽評論家百瀬喬さん死去、死因、業績、著書

音楽評論家百瀬喬さん死去。3月6日百瀬喬さんが亡くなわれました。82歳でした。死因は脳出血。葬儀は近親者で営んだ。音楽評論家百瀬喬さん死去、死因、業績、著書、寄稿、論評など。 目次1 音楽評論家百瀬喬 …