最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ロンドン塔の「カラスの女王」が姿くらます動画!

投稿日:

ロンドン塔のカラスの女王が姿くらましました。英ロンドン・テムズ川沿いにそびえる要塞「ロンドン塔」から、カラスの女王が消えたということです。最近、2007年から塔に在住していたメルリナという名のメスのカラスが数週間ほど姿を見せていない。

レイヴンマスターとワタリガラス

レイヴンマスターとワタリガラス

 

ロンドン塔の「カラスの女王」が姿くらます。

レイヴンマスターとワタリガラス

レイヴンマスターとワタリガラス

 

英ロンドン・テムズ川沿いにそびえる要塞「ロンドン塔」から、カラスの女王が消えました。

ロンドン塔では常にワタリガラスが数羽飼育されています。

カラスの世話は「レイヴンマスター」という役職を与えられた衛兵が行っています。

 

ロンドン塔のワタリガラス

ロンドン塔のワタリガラス

 

イギリスでは、カラスたちが全て去ってしまうと要塞も王国も滅びるという伝説が昔からあります。

英国の言い伝えでは、すべてのカラスが塔を離れると、王国は崩壊し、国は混乱に陥ります。

今まさにコロナウイルスの蔓延を食い止めるために設置された封鎖中に、スカイフは前例のない挑戦に直面しました。

彼は、訪問者が遊んだり食べ物を盗んだりすることなく、鳥を楽しませる新しい方法を見つけなければなりませんでした。

ロンドン塔のワタリガラス

ロンドン塔のワタリガラス

 

最近、2007年に塔へやってきたメルリナという名のメスのカラスが数週間ほど姿を見せていないということです。

レイヴンマスターとワタリガラス

レイヴンマスターとワタリガラス

 

現在、ロンドン塔では7羽のカラスが飼育されているが、メルリナは群れの支配者として長く君臨し、カラスの女王として国民から親しまれていたという。

レイヴンマスターとワタリガラス

レイヴンマスターとワタリガラス

 

「これほど不在が続いているということは、残念ですが亡くなってしなったのかもしれません。仲間のカラス、レイヴンマスター、塔のコミュニティにいる私たち皆、彼女を惜しんでいます」とスポークスパーソンはコメントしている。

 

ロンドン塔の「カラスの女王」が姿くらます動画。

 

レイヴンへのインタビュー|ロンドン塔


ー  Interview with a Raven | The Tower of London

レイヴングリップは一言を望んでいます🎤タワーは最近あまりにも静かで、レイヴンはあなたがいなくて寂しいです!

マイクをGrippに渡して、彼らが何をしているのかについてチャットしました。ロンドン塔にレイヴンズの会社を訪ねてください。

 

神は鳥を救う:ロンドン塔のレイヴンマスターに会う| AFP


God save the birds: meet the Tower of London’s ravenmaster | AFP

クリス・スカイフは英国で最も重要な仕事の1つです。

彼はロンドン塔の「レイヴンマスター」であり、レイヴンを現場に留めておく責任があります。

英国の集団的想像力にしっかりと根付いた伝説によると、すべてのカラスが塔を離れると、王国は崩壊し、国は混乱に陥ります。コロナウイルスの蔓延を食い止めるために設置された封鎖中に、スカイフは前例のない挑戦に直面しました。

彼は、訪問者が遊んだり食べ物を盗んだりすることなく、鳥を楽しませる新しい方法を見つけなければならず、飛ぶかもしれないという恐れを引き起こしました。

他の場所で食べるものを見つけて、何世紀も前の伝説を危険にさらすために離れて。

 

「退屈な」カラスがロンドン塔を去る。


‘Bored’ ravens are leaving the Tower of London

観光客の足がかりがないため、ロンドン塔のワタリガラスは退屈になり、一部のワタリガラスが飛び去っています。

塔の守護者として知られる鳥は、神話に包まれ、サウスローンの宿泊施設に住んでいます。伝説によると、君主制であり、ロンドン塔は、6匹のカラスが要塞を離れると倒れます。

 

まとめ

今回は「ロンドン塔の「カラスの女王」が姿くらます動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

通勤風景

年功序列崩壊で成果主義に移行が早まる!ついに年功型賃金、終身雇用の見直す必要性を発表。

ついに、年功序列崩壊で成果主義に移行がやってきます。今後雪崩のように年功序列型が崩壊し能力重視の成果主義がやってきます。年功序列とは、いかにも日本の集団帰属主義にマッチして浸透してきました。 経団連は …

井波律子

井波律子氏死去,プロフィール、業績、作品、夫陵一氏プロフィール

「三国志」研究で知られる中国文学者、井波律子氏死去。 享年76歳。5月13日午後8時2分、肺炎のため京都市内の病院で死去した。日本の中国文学研究者。『三国志』の研究や『三国志演義』の翻訳などで知られる …

「ベアザン」熊讚

超人気の「ベアザン」熊讚オフィスがオープン!

超人気の「ベアザン」熊讚オフィスがオープンし、クマのファンが混んでサイン入り写真を入手。北市政府のマスコットである「ベアザン」熊讚は、19歳の誕生日に正式に事務所を開設しました。 「ベアザン」熊讚 目 …

ジム・ロジャーズ

世界3大投資家ジム・ロジャーズ氏も「PCR検査数増」を主張

世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ(Jim Rogers)氏が、週刊朝日「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」の中で新型コロナウイルス対策の質問 …

身体に落書きして叱られる3歳児フィン君

身体に落書きで叱られる3歳児が穏便に済ませようと話す姿の動画!

米アラバマ州フォート・ペイン在住のラターシャ・マクレンドン=ダヴさん(LaTasha McClendon-Dove)はある日、リビングから息子のフィン君(Finn)3歳半といとこ2人の笑い声が聞こえた …