最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

受信料裁判でNHK敗訴「イラネッチケー」の開発動機は何か?

投稿日:

受信料裁判でNHK敗訴「イラネッチケー」の開発動機は何か?開発当事者で今回、受信料裁判でNHKが敗訴したNHKが映らない装置「イラネッチケー」の開発当事者はNHKの偏向報道にあったと述べています。

テレビ

テレビ

NHKが受信料裁判で敗訴

NHKが受信料裁判で敗訴しました。

6月26日、東京都内の女性がNHKが映らない「イラネッチケー」を取り付けたテレビを自宅に設置したことを巡り、受信契約を結ばなければならないのかを争った裁判で、東京地裁は女性の主張を認めた。

 

第一審だが、NHKが受信料の裁判で敗訴した。

 

今回訴訟の対象になったNHKが映らない「イラネッチケー」を取り付けたテレビは、「イラネッチケー」というフィルターを取り付けたもので、筑波大学システム情報工学研究科の掛谷英紀准教授の研究室で開発したという。

「イラネッチケー」の開発動機は何か

テレビ電波塔

テレビ電波塔

「イラネッチケー」というフィルター装置の開発を行った筑波大学システム情報工学研究科の掛谷英紀准教授がインタビューで開発動機について語っています。

 

掛谷:きっかけはNHKの国会中継でした。もう7~8年前になりますが、辻元清美議員(当時・民主党)と中山成彬議員(当時・日本維新の会)が、従軍慰安婦について質問をしました。いずれも誰かがYouTubeにアップロードしたんですが、なぜかNHKは中山議員の質問だけを削除要請したんです。

――13年3月8日の衆議院予算委員会でのことだ。慰安婦問題に対して、先に質問に立ったのは辻元代議士で、「(慰安婦関連の資料に)ただ単に強制するという文字がなかったというだけで、果たして(強制はなかったという)その論理は成り立つのか」という旧日本軍の強制ありきの主張だった。一方の中山代議士は、「(当時の朝鮮は)警察、ナンバーツーの警部と高等刑事も朝鮮人が務めていた。これらの体制で、官憲の強制連行というのは考えられないんじゃないですかね」と、強制はなかったとする反対の主張だった。そこでNHKは、従軍慰安婦に強制はなかったとする主張のみを削除要請したのだ。

掛谷:私は慰安婦の問題について、どうこう言うつもりはありません。ただ、正反対の意見を国会で議員が述べているにもかかわらず、一方だけ削除要請するのはいかがなものでしょう。放送法には「政治的に公平であること」とあるのですから、両論併記が当然です。片方だけ削除させるのであれば、公共放送とは言えません。

――おっしゃる通りだ。

引用:デイリー新潮7月1日オンライン記事

 

以上、開発当事者の筑波大学の掛谷英紀准教授は開発の動機は、NHKの偏向報道を問題視してのことと言っています。

「従軍慰安婦に強制はなかったとする主張」はNHKにとっては、邪魔みたいです。

NHK報道は偏向があるのか?

NHK報道の偏向が問題になった一例として、NHK番組「JAPANデビュー」の問題がかつてありました。

日本の台湾統治をテーマとして2009年(平成21年)4月5日に放送された、『JAPANデビュー』第1回「アジアの“一等国”」が問題になりました。

 

放送後「日本統治時代が悪と一方的に描かれており、内容が偏向している」「日本の台湾統治を批判するため、(台湾人の)証言をねじ曲げている」「番組にはやらせや、事実の歪曲・捏造があり、放送法に違反している」「台湾の人の心と日台関係を傷つけた」「台湾をよく知らない人に排日的だと誤解を与える」「NHKに「人間動物園」とおとしめられ、名誉を傷つけられた」などとして問題になった。

訴訟にまで発展したが、この時も、今回の掛谷英紀准教授が感じた「慰安婦の問題」と同様に、無理に反日的な側面だけを誇張していると良識ある人なら感じるでしょう。

 

どうもNHKは、反日側に傾いたスタッフが番組制作にかかわり公共放送の大原則を逸脱しているようです。

 

なぜか、渋谷のNHKには、中国メディヤが常駐するスペースまであるといいます。

 

これも、外国に対して、開かれた国営放送を目指すのであればおかしなことです。

 

もう一つの夢

NHKのマーク

NHKのマーク

 

筑波大学システム情報工学研究科の掛谷英紀准教授の研究室で開発した「イラネッチケー」にはもう一つの夢があるとのこと。

それは、「貧困世帯に、NHKが映らないテレビを配ること」だそうです。

掛谷:実は他にやりたいことがあります。子供がいる貧困世帯に、NHKが映らないテレビを配りたいんです。いま、NHK受信料の免除は、ほとんどないと言っていい。生活保護世帯は免除となりますが、貧しくても金額を支払わされている人はたくさんいます。受信料はけっこうな負担ですからね。それが払えないために、テレビを置けなくなって、民放の「仮面ライダー」を見ることができない子供もいるんです。ホテルもNHKが映らないテレビを必要とするでしょう。部屋数分の受信料を取られていますからね。ホテルには有料でNHKが映らないテレビを売って、そのお金で貧困家庭には無料で配ってあげたいです

そういえば、NHKの職員の平均年収は1千数百万といいます。そして、暇なので不祥事ばかり起こしています。

黙ってても受信料が転がり込んできます。

この裁判でもかなりの裁判費用をかけかけているようですがすべて受信料からです。

守りたいのは公共放送ではなく「自分たちの生活」のような気もします。

今、HNKはネットの世界に入り込もうと必死です。そして、ネット利用している国民すべてから受信料を取ろうと画策しています。

 

受信料という既得権は、なんとしても守りたいようです。

 

今回の裁判の「イラネッチケー」裁判の戦い方を見てもその意図が分かります。

 

記事詳細はコチラです。「週刊新潮7月1日記事」

 

ネットの声

NHKの看板

NHKの看板

「イラネッチケー」裁判でNHK敗訴のネットの声を見てみましょう。

「今のままだとたぶん最高裁でNHKが勝ってしまうと思う。
最高裁で勝訴をもぎ取るには、全国規模での社会的盛り上がりが必要だと思うけど、きっとマスコミは協力なんてしない。
せっかくNHKの横暴に一矢報いる判決が出たんだから、なんとかこのチャンスを絶やさないでもらいたいんだけど……。」

「NHKはニュースと国会中継だけやってりゃいいんだよ。民放でタダで見れる番組を垂れ流して、年間2万も3万も巻き上げるやり方は、容認できない。NHKは単なる民間企業、この連中に報道の中立を守れる訳がない。」

「民放の「契約の自由」ということをNHKはしっかり認識すべき。

見ていないもの、いらないものに対して金銭を支払うこと自体がおかしい。

見ている人だけが支払えばいい。し、技術的には、支払っていない人のNHKの電波を止めることもできる(スクランブル化)。

そもそもそも、NHKの社員が何で1500万円も貰えるのよ。即刻解体して欲しい。」

「うちはNHKを見ているので受信料は払っていますが、契約するかどうかは、個人で選べるようにすべき。
一番はスクランブルして、受信料を払っていない家は見られないようにすることだけど、それをNHKが拒否しているからね。
NHKが映らないテレビ、良いと思う。一定の需要はあるでしょう。」

「NHKが映らないテレビを設置して受信料を支払わなくていいというのはごくごく当然の判断。
単にテレビ、モニターを設置しただけで受信料を請求されるなんてどう考えても納得いかない。」

「NHKは受信料でボロ儲けし、その大金を政治献金で政治家を誘惑しているから放送法は変えないし、NHKを支持する政治家が多いから裁判であの手この手で国民を潰しにかかる。」

「契約の自由があるはずなのに、テレビ置いたら放送法に縛られるとか、意味が分からないし時代遅れ。
親と同居することになって数年ぶりにテレビを買ったけど、年間25000円弱かかるしNHK見ないから、返金してほしい。
新社屋建設しなくてもいいし、ペイパービューにしてニュースしか見ない人のために月数百円のプランを作るとか工夫して欲しい。
沖縄だけ未だに受信料が少し安いのも納得できない。テレビでAmazonプライムを見れるようにしたら親も海外ドラマしか見ないし。パソコンだと画面が小さくてよく見えないからテレビが必要なだけなのに。理不尽。」

「そもそも、今の日本にNHKの必要性はあるのか?グローバル社会で外国人もたくさん永住している、仕事で長期滞在もしている、インターネットもある、スマホ普及率も高い、情報は手軽に入手できる、NHKが中立性を保てずやらせや、偏った情報操作もある、国民にも情報の選択する権利がある、何故、NHKを強制的に見ないといけないのか?個人の必要性がない情報を拒否する権利がある、全ての国民から受信料を取ることは違法だと思います、見たい人が払えば良い。」

「悪法も法だという意見はあります。でもこれのどこが公共放送なんだという疑問しか持てない放送局と受信契約を強制されるなんて屈辱しか感じません。もしも全てのぜい肉をそぎ落として本当の公共放送会社になると言うならむしろ大歓迎ですし喜んで契約したいとは思いますが、
多分娯楽ばかりの贅肉で、本当の報道の中立性すら説明できないのではないのでしょうか。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20200702-00640125-shincho-soci

以上ネットの声でした。やはり、NHKという存在の不合理を皆さん感じているようです。

 

まとめ

今回は「受信料裁判でNHK敗訴「イラネッチケー」の開発動機は何か?」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

踊るナマズ

作家の勝目梓氏の喪主高瀬ちひろ さんについて

作家の勝目梓氏の3女喪主高瀬ちひろ さんについての関係を詳しく説明します。喪主の高瀬千尋さんは、作家の勝目梓氏と、作家高瀬千図氏との間の子供です。勝目梓氏と、作家高瀬千図さんは、結婚後離婚しています。 …

『戦姫絶唱シンフォギア』

アニメーション監督の伊藤達文さん死去、作品やプロフィールなど。

アニメーション監督の伊藤達文さんが死去しました。5月23日、脳幹出血のため死去しました。享年55歳。結婚前は、玉川 達文氏として活躍していた。 『戦姫絶唱シンフォギア』 目次1 アニメーション監督の伊 …

電車の広告

【速報】2020年日経の企業イメージ調査「広告接触度」ランキング

2020年日経の企業イメージ調査「広告接触度」ランキングのビジネスパーソン投票と一般投票の各上位ランキング20位までの速報と解説コメントです。上位にはビールメーカーが3位まで占めています。オリエンタル …

新型コロナウィルス

新型コロナRCP検査一日7000件体制に、国が方針変更か?

国が、新型コロナウィルスの検査態勢の拡充を急いでいます。当初は最大で一日約1500件が限度でしたが3月中には約7000件に増える見通しに。今後、新型コロナウィルスのさらなる感染に備えてか、あるいは、感 …

気仙沼の津波痕

黒い津波の成分は有害ヘドロが黒色の正体だった。衝撃力は脅威の2倍

2011年3月11日東日本大震災では、甚大な被害をもたらした原因になったのが大津波でした。その中でも未だ知られざる不気味な実像をさを抱かされるのが黒い津波です。東北地方沿岸部の宮城県気仙沼市、岩手県宮 …