最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

民家で暴れ回る猿が盗んだナイフを掴んで屋根の上から威嚇する動画!

投稿日:

ブラジル、パライバ州の農村部のある民家で、猿の強盗騒ぎが起きた。その家に住むイリアーヌ・アレクサンドルさん(Eliane Alexandre)は当時、外出先から自宅に戻ると台所に猿がいたことから驚いたという。猿はナイフを振り回しながら、食器などを破壊して暴れ回り、イリアーヌさんは家族総出で捕獲しようと試みたが、猿はナイフを握ったまま屋根の上に登り威嚇した。この動画がとらえられた。

ナイフモンキー「チコ」

ナイフも持った強盗猿は「チコ」と名付けられた。

 

民家で暴れ回る猿が盗んだナイフを掴んで屋根の上から威嚇。

ブラジル、パライバ州の農村部のある民家で2021年現地時間2月28日、猿の強盗騒ぎが起きた。その家に住むイリアーヌ・アレクサンドルさん(Eliane Alexandre)は当時、外出先から自宅に戻ると台所に猿がいたという。

 

イリアーヌさんの台所からナイフを盗んだ猿が暴れ回り、住民は迷惑をかけられたにもかかわらずそのサルに「チコ」Chicoという名前をつけて可愛がった。

 

猿はナイフを振り回しながら、食器などを破壊して暴れ回った。イリアーヌさんは家族総出で捕獲しようと試みたが、猿はナイフを握ったまま屋根の上に登りその場に座り込んでしまった。

イリアーヌさんら家族は食べ物を与えてその隙にナイフを取り返そうとした。

 

だが、猿はしっかりとナイフを握ったままでもらった食べ物をむしゃむしゃと食べていた。また猿は食べ物を与えてくれた人に対して、威嚇したという。

 

その後、猿はしばらくして屋根から去っていったものの、再びイリアーヌさんらの前に現れた。

 

この時の猿は非常にフレンドリーで、食べ物をもらうとイリアーヌさんの家族の肩に乗って食べていたという。

そして、今回は猿はゲストとして扱われました。

彼はイリアーヌさんたちの家の人たちの肩の上に立って、ロッキングチェアに座り、食べ物を受け取りました。

猿は、おとなしいが、混乱を引き起こしています。

 

イリアーヌさんはこの猿について、「おそらくペットとして飼われていたものの、世話ができなくなった飼い主によって捨てられたのではないか」と話している。

 

家族は猿にチコ(Chico)と名前をつけて食べ物を与え、チコも家族に懐いていった。

 

イリアーヌさんは「チコのことが大好きで、このまま家にいて欲しいとさえ思っています」と言います。

 

しかし野生動物をペットとして飼うことは禁じられているため、イリアーヌさんは最終的に当局に連絡し、猿を自然に返してもらうことにしたそうだ。

 

つまり動物は野生であり、住民はそれを家畜化することはできないので、イリアーヌさんの家族は、状況を調査する環境警察の到着まで、サルのチコを滞在させています。

 

猿が盗んだナイフを掴んで屋根の上から威嚇する動画。

チコはエリアンの家族に多くの余計な仕事を与えました。地元住民が撮影したビデオは、チコが家の屋根にナイフを持ち、物を返すことを拒否した瞬間を示しています。以下のビデオをご覧ください。

ナイフサル「チコ」の動画

恐怖を体験した女性は、家に帰ると、ナイフを振り回す大暴れの猿を見つける。


Terrified woman returns home to find monkey on knife-wielding rampage

 

まとめ

今回は「民家で暴れ回る猿が盗んだナイフを掴んで屋根の上から威嚇する動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

柴咲コウ

種苗法改正案、今国会成立を断念で柴咲コウのツイートが炎上のわけ

「種苗法改正案」今国会成立を断念へ。 柴咲コウさんの懸念ツイートで慎重論拡大。で柴咲コウのツイートが炎上しています。その訳(理由)を見てみましょう。 柴咲コウ 目次1 種苗法改正、今国会見送りを表明2 …

レイチェル・キャリー

処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」!

アメリカテキサス州ダラス在住のレイチェル・キャリーさんは、処方薬で全身の皮膚が爛れた女性が」「数千匹のヒアリに噛まれたような痛み」を訴えています。鏡で顔を見た時はそれが自分だと認識できないほどでした。 …

返事をして会話をするネコのカーミット(Kermi)

必ず返事をして会話をするネコのカーミット(Kermit)の動画!

米カリフォルニア州ロサンゼルスに住むハビエル・ネグレテさん(Javier Negrete)は2015年、トラウマになるようなつらい出来事に直面し、話し相手が欲しいと思っていた時必ず返事をして会話をする …

白木利周さん

白木利周さん死去、活動(業績)。「HANDS」の活動内容について

白木利周さんが、4月26日、肝細胞がんのため死去。享年78歳。1995年の阪神大震災で長男健介さん(当時21歳)を亡くした。NPO法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」(HANDS)の設立発起人にな …

厚労省が就職氷河期世代から10人採用へ求人支援の統一試験実施具体化

「就職氷河期世代」を正規職員に採用する動きが広がっています。この度、厚労省が氷河期世代から10人採用を発表。政府が先に発表した河期世代の支援策として、国家公務員の中途採用枠採用の統一試験実施の具体策が …