最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

作曲家ジョニーマンデル死去、実績や生い立ち・結婚など。

投稿日:

オスカー賞とグラミー賞を受賞した作曲家、ジョニーマンデルが死去。享年94歳。

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

米作曲家のジョニーマンデル死去

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

米作曲家のJ・マンデルが死去しました。「いそしぎ」の主題歌で受賞し知られています。

 

ジョニー・マンデル(Johnny Mandel)が6月29日、西部カリフォルニア州オーハイの自宅で心疾患のため死去。94歳でした。

 

アレンジャーとして、マンデルは彼の時代の最も偉大な歌手の何人かと仕事をしました。

 

映画音楽やジャズ、ポップスなど幅広い分野で作曲や編曲を手掛け、1965年の映画「いそしぎ」の主題歌でアカデミー賞グラミー賞を受賞した。フランク・シナトラやトニー・ベネットら大物歌手の作品にも携わった。

 

ジョニーマンデルは、オスカーとグラミーで優勝した作曲家、アレンジャー、ミュージシャンです。

 

 

フランクシナトラ、ナタリーコールなどのアルバムを手がけ、その作曲クレジットには「The Shadow of Your Smile」と、映画とテレビ番組「M A S H」があります。

 


The Sandpiper (いそしぎ)-”The Shadow Of Your Smile”

 

ASCAPのエグゼクティブバイスプレジデント兼チーフマーケティングオフィサーのローレンイオサ氏によると、マンデル氏は月曜日にカリフォルニア州オーハイの自宅で心臓病を患っていました。

 

彼の最も広く耳にした作曲は、おそらく「自殺は無痛」、ロバートアルトマンの朝鮮戦争風刺「MASH」の散漫なテーマであり、後にアランアルダを主演した大ヒットTV番組でした。

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

 

マンデルは1925年にニューヨーク市で生まれ、オペラ歌手である母親の影響を受けました。

 

彼は幼い頃から完璧なピッチを持っていたので、マンハッタン音楽学校ジュリアード音楽院で学びました。

 

1940年代までに、彼はアレンジを書いて、ドラマーのバディ・リッチのようなスターや、連邦準備制度の将来の会長であるサックス奏者のアラン・グリーンスパンのようなありそうもないミュージシャンと一緒に演奏していました。

 

マンデルは2020年6月29日にカリフォルニア州オーハイの自宅で亡くなりました。彼は94歳で、以前より心臓病に苦しんでいました。

ジョニーマンデルの実績

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

 

ジョンアルフレッドマンデルは、アメリカの作曲家であり、人気の曲、映画音楽、ジャズの編曲者でした。

 

 

彼が使用したミュージシャンには、カウントベーシー、フランクシナトラ、ペギーリー、アニタオデイ、バーブラストライサンド、トニーベネット、ダイアンシューア、シャーリーホーンなどがいます。

 

彼は17のグラミー賞にノミネートされ、5を獲得しました。

 

マンデルは、1989年から2011年までASCAP理事会のメンバーを務めました。

 

 

マンデルはまた、「Being There」、「I Want to Live!」「Caddyshack」のサウンドトラックにも取り組んだ。

「Being There」のサウンドトラック


The Room Upstairs – Johnny Mandel (Being There 1979 soundtrack)

 


ー    Johnny Mandel – I want to Live

 

そして彼の映画作品に由来する歌には、オスカーにノミネートされた「愛の時間」とゴールデングローブにノミネートされた「モリーアンドローレスジョン」もあります。

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

 

これには、1958年に彼自身が作成した最初の映画のスコアのために彼が受け取った3つのノミネーションが含まれていました。

 

 

1943年、彼はジャズバイオリニストジョーヴェヌーティとトランペットを演奏しました。

 

翌年、ビリーロジャースと協力し、ボイドレイバーン、ジミードーシー、バディリッチ、ジョージーオールド、チャビージャクソンのバンドでトロンボーンを演奏しました。

 

1949年に彼はボブクーパーのオーケストラで歌手ジューンクリスティに同行しました。

 

1951年から1953年まで、彼はエリオットローレンスのオーケストラで、そして1953年にカウントベイシーで音楽を演奏および編曲しました。

 

その後、ロサンゼルスに居住し、ズートシムズのベーストランペットを演奏しました。

 

マンデルは、数多くの映画サウンドトラックの音楽を作曲、指揮、編曲しました。

映画the sandpiper (1965)のサウンドトラック


the sandpiper (1965) OST FULL ALBUM johnny mandel

 

マンデルは、1949年にウッディハーマンの「Not Really the Blues」、「Hershey Bar」(1950)、「Pot」などのジャズ作品を書いた。

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

 

またスタンゲッツの「」(1953年)、カウントベイシーの「ストレートライフ」(1953年)と「ローライフ」(1956年)、チェットベイカーの「トミーホーク」(1954年)の作品もあります。

 

シナトラが自身のレーベル、Reprise Recordsを立ち上げたとき、1960年に彼はマンデルを選んでそこに彼の最初のアルバムをアレンジしました。

 

彼の最初のクレジットされた貢献は、「私は生きたいです! 」1958年に、3つのグラミー賞にノミネートされた。

 

彼のその他の作品には、「Suicide Is Painless」(映画およびTVシリーズM * A * S * Hのテーマ)、「愛にふさわしい」、「エミリー」、「愛の時間」(アカデミー賞)。

映画およびTVシリーズM * A * S * Hのテーマ


ー Johnny Mandel – Suicide Is Painless (Audio)

 

彼はサンドパイパーのスコアを含む多数の映画のスコアを書いた。ポールフランシスウェブスターと共同執筆したその映画「シャドウオブユアスマイル」の愛のテーマは、1966年に1965アカデミーの最優秀オリジナルソング賞およびグラミーアワードオブザイヤーを受賞しました。

 

マンデルは映画「ビーイング・ゼア」(1979)のピアノで、エリック・サティの「グノシエンヌ」に加わりました。

 

彼は、1981年にクインシージョーンズ歌Velasで、最高のインストゥルメンタルアレンジメントの伴奏でグラミー賞を受賞しました。

 

1990年代初頭では、熱狂的な「Ring-a-Ding-Ding!」 、コールはグラミー賞を受賞したスマッシュ「忘れられない」があります。

 

これには亡き父(そしてシナトラの友人)であるナットキングコールのテープによるデュエットがありました。

 

近年、ストライサンドの「愛は答え」とトニーベネットの「ロマンスの芸術」の編曲に貢献しました。

 

数十年前、ベネットはリチャードバートンエリザベステイラーの映画「サンドパイパー」のテーマである「The Shadow of Your Smile」の印象的なカバーを歌いました。

 

マンデルポールフランシスウェブスターのバラードは、1966年に今年の曲でグラミー賞を受賞し、ビートルズの「昨日」を上回り、最高のオリジナル曲でオスカーを受賞しました。

 

 

1991年には、ナタリーコールとナットキングコールの “Unforgettable“で、1年後、シャーリーホーンのアルバムHere’s to Lifeでもう一度受賞しました。

 

2004年、マンデルはトニーベネットのアルバム「アートオブロマンス」をアレンジしました。

 

ベネットとマンデルは以前、ベネットの映画の歌アルバム(1966)でコラボレーションしており、マンデルは彼の曲「エミリー」と「シャドウのユア・スマイル」をアレンジして指揮し、アルバムのミュージカルディレクターでもありました。

 

DIVAジャズオーケストラとボーカリストのアンハンプトンキャロウェイをフィーチャーしたジョニーマンデル、アマンアンドヒズミュージックは、2010年5月にジャズアットリンカーンセンターのディジーズクラブコカコーラでライブ録音され、2011年3月にアーバーズレコードからリリースされました。

 

ジョニーマンデル生い立ち・結婚など。

 

ジョニーマンデル

ジョニーマンデル

マンデルは、1925年11月23日にマンハッタンで生まれました。

 

マンデルの父親、アルフレッドは、マンデル&キャッシュを経営する衣料品メーカーでした。

 

マンデルの母親であるハンナ(ハートルービン)は、オペラ歌手になることを目指していました。

 

彼の家族はユダヤ人だった。大恐慌中に父親の事業が崩壊した後、彼らは1934年にロサンゼルスに引っ越しました。

 

マンデルはピアノのレッスンを受けたが、トランペットトロンボーンに切り替えた。

 

マンデルは1959年にロイス・リーと結婚ましたが後に離婚。

 

1972年には、マーサ・ブラナーと結婚し、1976年に生まれた娘のマリッサがいた。

 

マンデルは、映画の作曲家であるマイルスグッドマンのいとこでもありました。

 

マンデルは1993年にバークリー音楽大学から名誉音楽博士号を授与されました。

 

彼は2011 年にNEAジャズマスターズアワードを受賞しました。

 

その後、2018年にグラミー管財人賞を受賞しました。

 

この賞は、レコーディングアカデミーによって「音楽のキャリアの中で、レコーディングの分野でパフォーマンス以外の重要な貢献をした個人」に授与されています。

まとめ

今回は「作曲家ジョニーマンデル死去、実績や生い立ち・結婚など。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前田俊明

前田俊明さん死去、作曲、年曲を手掛けた歌詳細。生まれ、経歴。

作曲、編曲家の前田俊明さんが4月17日に死去しました。享年70歳。前田俊明さん生まれ、経歴など、手掛けた作品など紹介。東京都出身で昭和を代表する作曲家、古賀政男らに師事。山川豊のデビュー曲「函館本線」 …

リトル・リチャード

リトル・リチャード死去、生い立ち、家族、結婚、音楽活動。

リトル・リチャード、フランボヤント・ロックンロールのパイオニア、2020年5月9日、ペニマンはテネシー州で87歳で亡くなりました。死因は骨がんであることが明らかにされた。彼の死の時、彼は兄と一緒に住ん …

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます …

ENDON

ENDONの那倉悦生が死去。死因、最近の活動、インタビュー、おすすめの曲など

ENDONの那倉悦生が4月26日に急逝したことが発表された。ENDONのオフィシャルTwitterアカウントで明かされました。那倉悦生の兄である那倉太一さんが「那倉悦生が、去る四月二十六日、享年三十四 …

ポール・チャップマン

元UFOのポール・チャップマンが死去、プロフィールや音楽活動

元UFOのギタリスト、ポール・チャップマンが、66歳の誕生日に死去しました。チャップマンは彼のニックネーム「トンカ」でよく知られています。多くの友人からメッセージを受け取っています。 ポール・チャップ …