最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸術

ジャンルー・ダバディー氏死去、生い立ち、作品、映画脚本、結婚や家族。

投稿日:

仏の著名作詞・脚本家ジャンルー・ダバディー氏が死去しました。1938年パリ生まれ。ミッシェル・ポルナレフさんらフランスの歌手のヒット曲などの歌詞を作ったほか、フランソワ・トリュフォー監督の「私のように美しい娘」(72年)など映画の脚本家としても活躍。08年にフランス語の純化などを目的とした学術団体アカデミー・フランセーズ会員に選ばれた。

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー氏死去

 

フランスの作詞家で脚本家のジャンルー・ダバディー(Jean-Loup Dabadie )氏が5月24日、パリの病院で死去した。81歳。死因は明らかにされていないが、新型コロナ感染ではないという。

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

1938年パリ生まれ。ミッシェル・ポルナレフさんらフランスの歌手のヒット曲などの歌詞を作ったほか、フランソワ・トリュフォー監督の「私のように美しい娘」(72年)など映画の脚本家としても活躍。08年にフランス語の純化などを目的とした学術団体アカデミー・フランセーズ会員に選ばれた。

サッカー日本代表のトルシエ元監督のアシスタントを務めたフローラン・ダバディーさんの父親。

 

パリ-多くの才能を持つ人気アーティスト、81歳で亡くなったジャンルーダバディは、30の映画と数百の歌にフランスの記憶に残る優しくノスタルジックな記憶を残しています。

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

 

 

ジャンルー・ダバディー氏の作品

歌手ジュリアン・クレルクの作詞、フランソワ・トゥルフォー監督の映画の脚本を行いました。


ー  Julien Clerc – Ma Préférence (Audio officiel)

 

 

1938年にパリで生まれ、父が作詞家でもあったジャンルーダバディは、19歳で最初の小説「Les eyes secs」を出版しました。

 


Jean-Loup Dabadie a écrit ces 5 tubes et vous ne le saviez peut-être pas

 

 

ドライアイ(1957)と故郷の神(1958)の作者は、特に作詞家として非常に多様なキャリアを持っていることが知られています。

 

彼は有名なアーティストのタイトルの作者です。彼はまた、テレビや映画の多作な作家でした。ガイベドスにスケッチを送ることから始めて、彼は映画の脚本を書きました。

 

Jean-Loup Dabadieは、特に彼がUne belle fille comme moiを書いたFrancoisTruffautとコラボレーションしました。

 

1976年にリリースされたUnelephantcatrompeのイヴ・ロバートと一緒に、私たちは皆楽園に行きます(1977)。彼は2008年にフランスのアカデミーに任命されました。

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー氏の生い立ち

Jean-Loup Dabadieは1938年9月27日にパリで生まれましたが、幼少期をグルノーブルで過ごしました。

彼はパリに戻り、一流のヤンソン・ド・サイリーとルイ・ル・グランの高校で学び、その後ソルボンヌで学びました。

彼は18歳の誕生日の夏に、アヴィニョンフェスティバルのジャンビラールナショナルポピュラーシアター(TNP)でインターンを務め、この番組にずっと興味を持っていました。

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

彼の執筆は、20歳と21歳のときに出版された2つの小説から始まります(Les Yeux secs et Les Dieux du foyer、 1958年)。

Les Yeux secs et Les Dieux du foye

Les Yeux secs et Les Dieux du foye

Les Dieux du foyer

Les Dieux du foyer

 

 

プレスボスのピエールラザレフは、この2冊の本と、Arts et Spectaclesで執筆した記事がヒットしました。

 

彼はフィリップソレルスとジャンエダーンハリアーと共同でジャーナルテルクエルの作成に協力し、芸術の映画レビューとレポートを書きました。

1962年、彼はテレビに出演し、ジャンクリストフアヴェルティとともにガイベドスのスケッチを描きました。(彼はシルビージョリー、ムリエルロビン、ジャックヴィルレのためにも執筆しました)。

 

ジャンルー・ダバディー

ジャンルー・ダバディー

 

ジャン=ルー・ダバディはその後、マスコミを離れて、フルソワ・トリュフォーの言葉でフルタイムの「ショーライター」になった。そこから、映画、演劇、スケッチ、歌の脚本や台詞を書きました。

 

 

 

ジャンルー・ダバディー氏の映画脚本

映画では、彼は1962年にジャックポワトレノーがレパリジャンヌの映画のために制作したスケッチエラの脚本をを書き始めました。

Ferrailleurs(1971)、Cesarand Rosalie(1972)、Vincent、Francois、Paul and the others(1974)、Une histoire simple(1978)およびGarcon! (1983)。
Jean-Loup Dabadie、Unelephantcatrompe enormorm、1976、Nous irons tous au paradis、1977)、Philippe de Broca(ChereLouise、1972)やClaude Pinoteau(Le Silencieux、1973)で1974年に映画「La Gifle」のLouis-Delluc賞を受賞しました。1972年には、FrancoisTruffautによるUne belle fille comme moiの脚本もおこないました。


Max et les ferrailleurs (1971) – leather compilation

 


La Gifle (1974) – Ne crie pas comme ça, moi j’ai plus l’habitude


Jeanne Moreau et Philippe de Broca – Chère Louise (1971)

 

ジャンルー・ダバディー氏の結婚や家族

ジャンルー・ダバディー氏は、マリー・ダバディ(Marie Dabadie)と20年間結婚しました。

マリー・ダバディ

マリー・ダバディ

夫婦には2人の子供がいます。

 

1980年代後半からは女優のジュリーアーノルドと結婚しました。

ジュリーアーノルド

ジュリーアーノルド

1997年ヴェロニークバシェと結婚しました。

彼には以前の結婚から3人の子供、クレメンタイン、クレマン、フローレントがいました。

 

サッカー日本代表のトルシエ元監督のアシスタントを務めたフローラン・ダバディーさんも息子の一人です。

まとめ

今回は、「ジャンルー・ダバディー氏死去、生い立ち、作品、映画脚本、結婚や家族。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-芸術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

菊畑茂久馬

菊畑茂久馬氏死去、プロフィール、最近の活動、著作(著書)

現代美術家の菊畑茂久馬氏死去。菊畑 茂久馬氏が5月21日、肺炎のため福岡市内の病院で死去しました。享年85歳。 菊畑茂久馬   目次1 菊畑 茂久馬氏死去2 菊畑茂久馬氏のプロフィール3 菊 …

財部鳥子

財部鳥子さん死去、プロフィール、作品、著書

財部鳥子さんが5月14日午後、膵臓がんのため東京都清瀬市の自宅で死去しました。享年87歳。新潟県出身で満州で育つ。詩人で中国現代詩の翻訳も行った。小説『天府 冥府』も著す。 財部鳥子 目次1 財部鳥子 …

後藤比奈夫氏

後藤比奈夫氏死去詳細、プロフィールや家族、そして作品など。

「諷詠」名誉主宰の後藤比奈夫氏が死去しました。享年103歳。代表作「東山回して鉾を回しけり」は、物理専攻であったところから、アインシュタインの相対性原理とかコペルニクス的発想などと評されるが、「鉾の前 …

俳人の伊藤敬子さん

俳人の伊藤敬子さん死去、生い立ち、プロフィール、作品、インタビュー動画

俳人の伊藤敬子さんが、6月5日午前5時30分、肺炎のため名古屋市の病院で死去しました。享年85歳。『環礁』に在籍し、加藤かけい、山口誓子に師事。『光の束』は環礁賞を受賞。 俳人の伊藤敬子さん 目次1 …

クリスト氏

現代美術家のクリスト氏死去、生い立ち、結婚、作品の説明と画像、評価。

現代美術家のクリスト氏が5月31日、ニューヨークの自宅で死去、享年84歳。生い立ち、結婚、作品の説明と画像。 クリスト氏 目次1 現代美術家のクリスト氏死去2 クリストの生い立ち3 クリスト氏の結婚4 …