最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ドミニカ共和国のボナオ在住のエスター・ヒメネス酸攻撃の動画!

投稿日:

ドミニカ共和国のボナオ在住のエスター・ヒメネスさんの動画紹介。エスターさんはなんとか立ち直り、神に感謝し、自分を失うことはなかった。今インフルエンサーになって誰よりも前向きな生き方をしています。#Esther Jimenez

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

ドミニカ共和国のボナオ在住のエスター・ヒメネス酸攻撃。

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

ドミニカ共和国ボナオ在住のエスター・ヒメネスさん(Esther Jimenez、)は2011年9月酸攻撃を受けてしまいました。

 

ボナオ在住のエスター・ヒメネスさん(Esther Jimenez、34)は、SNSで訴えます。「私の顔を奪っても、人生は奪えない」

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

エスター・ヒメネスさんは、SNSで訴える酸攻撃の被害女性で、今インフルエンサーになっています。

 

今から9年前に酸攻撃を受けた女性が、Instagramに多数の写真や動画を投稿し「酸攻撃は私の顔を奪っても、人生は奪えない」と力強いメッセージを発信し注目されています。

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

ドミニカ共和国の首都サントドミンゴの北西に位置するボナオ在住のエスター・ヒメネスさん(Esther Jimenez、34)は2011年9月、25歳(一部報道では27歳とも)の時に見知らぬ男に酸攻撃を受けた。

 

当時エスターさんはカフェでレジ係をしており、男はいきなりやってきて「これはお前に送られたものだからな。俺がかけてやるよ」と言い放つと、ガラス瓶に入った酸をエスターさんの顔に振りかけた。

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

カフェでその様子を目の当たりにした人々は、激しい痛みでもだえ苦しむエスターさんの顔に水をかけると、近くの病院へと連れて行った。しかしそこでは手に負えず、エスターさんはサントドミンゴの「ルイス・エドゥアルド・アイバー病院(Luis Eduardo Aybar hospital)」の熱傷専門病棟へと搬送された。

 

エスターさんは顔、首、腕、足にIII度の熱傷を負い、その後4年間は入退院を繰り返した。

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

これまでに受けた手術は27回に及び、身体の一部の皮膚を顔や首に移植した。また鼻の一部は腐り落ち、右の眼球は摘出せざるを得なかった。

 

エスターさんは「熱傷の後の焼けるような苦しみは耐え難いものがありました。私は正直、『助からないだろう』と思っていたのです。

 

女きょうだいに『私の顔の様子を教えてくれる?』と聞くと『皺が寄った紙のようだ』と言われました。

 

でもあの時は外見がどうだとか、全く気になりませんでした。私はとにかくあの痛みから解放されたかったのです」と当時を振り返ると、こう続けた。

 

「事件の後、母は酸攻撃に遭った私を直視できず、それが原因で命を落としました。また当時付き合っていた彼や友人数人が私から離れていきました。」

エスター・ヒメネス

エスター・ヒメネス

 

なおドミニカ共和国では酸攻撃をした者には5年の刑が科せられるが、エスターさんに酸をかけた男は未だに捕まっていない。

 

エスターさんは「犯人を捕まえて欲しい気持ちはもちろんあります。ただ捕まってもたった5年で刑が終わってしまうのです。そして私が失ったものは二度と返ってこないのです」と憤る。

 

それでもエスターさんはなんとか立ち直り、神に感謝し、自分を失うことはなかった。

 

現在4人の子供を持つシングルマザーであるエスターさんは、自分の経験を動画や写真でInstagramに明かしており、フォロワーは72000人を超えている。

エスター・ヒメネスの動画!

「彼らはそれを酸で燃やしたが、それはそれをダウンさせなかった:エスター・ジメネスは真の回復力の例」


“LA QUEMARON CON ÁCIDO PERO ESO NO LA DERRUMBÓ: ESTHER JIMÉNEZ UN EJEMPLO DE RESILIENCIA VERDADERA”

ここでは、社会的および人間的な性質の最高のインタビュー、レポート、vlogおよびその他のコンテンツをお楽しみいただけます。私たちをサポートし、このチャンネルのメンバーになって、予想される独占的なコンテンツなどの特典をお楽しみください。

 

これは、女性がボナオで悪魔の酸の犠牲者だった方法です。


Así quedó mujer víctima de ácido del diablo en Bonao

ドミニカ共和国、ボナオ。-悪魔の酸の犠牲者の深刻な事件がボナオ市で発生しました。そこでは、女性が危険な液体に浸されました。

前述の州のラ・ロトンダと呼ばれるカフェテリアでキャッシャーとして働いていた、27歳のエスター・ヒメネスについてです。

 

彼らは彼女の顔を傷つけ、彼女は死にかけていると信じていましたが、神は彼女を生かし、今日彼女は祝福されています。


Desfiguraron su rostro y creía morir, pero Dios la dejó con vida y hoy es bendecida para bendecir.

エスターは他の女性と同じように普通の生活を送っていました。戦闘機の母親で、肉体的に美しく、美しさを愛し、情熱的で、幸せで、夢のような、要するに…浮き沈みがありますが、常に改善したいと思っています。ある日、彼女が想像もしなかった最も悲劇的で残酷な出来事が彼女に起こることで、彼女の人生は完全に変わりました。これは彼女の人生の前後をマークしました。男は彼女の顔と体に「悪魔の酸」(異なる酸の混合物)として知られる致命的な酸を投げたので、エスターの顔は彼女の体の大部分とともに完全に変形したままになりました。

このため、彼女は26回の手術を受け、皮膚を再構築し、まだ閉塞している口、鼻、気道を再建し、呼吸困難を維持することで、より良い外観を実現しようとしています。

彼女のプロセスの途中で、エスターはまた、おそらく肉体的なものよりも強い、強い感情的な痛みを経験しました。口を閉じることができずに鏡を見ると、髪の毛がすべて失われ、片方の目が切断されて治療法がなくなったことがわかりました。このようなニュースの中でも、以下で説明します。彼女母親は娘がとても苦しんでいるのを見るのに抵抗できず、エスターの目が切断されるのと同じ日に、彼女は心臓発作で亡くなりました。

まとめ

今回は「ドミニカ共和国のボナオ在住のエスター・ヒメネス酸攻撃の動画!」というテーマでお送りいたしました。

エスター・ヒメネスさんの私の顔を奪っても、人生は奪えないと言い、神を信じ感謝して生きる姿は素敵だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結婚により“ホワイト・クリスマス”という名字を手に入れた

新婚カップルお互いの名字を繋げてミスター&ミセスホワイト・クリスマスに!

英国で新婚カップル、お互いの名字を繋げてミスター&ミセス「ホワイト・クリスマス」が誕生しました。動画紹介。結婚により“ホワイト・クリスマス”というロマンチックな名字を手に入れたのは、英南西部ドーセット …

2500年前の木棺

2500年前の木棺14基発見、エジプトのサッカラ遺跡の動画!

2500年前の木棺14基発見、エジプトのサッカラ遺跡の動画紹介。# 14 wooden coffins buried 2500 years ago 2500年前の木棺 目次1 2500年前の木棺14基 …

走行中の大型トラック

【補足】大型トラックが追い越し車線をのろのろ走るホントの理由

トラックが「ノロノロ運転」をするのには、理由があった。以下の記事ですが、記事事態は本当の部分がありますが、これでは、大型トラックが危険行為をすることの言い訳になってしまっています。現役の2種免許を持っ …

打ち合わせ委風景

日経スマートワーク2020大賞サントリー「在宅勤務理由問わず」他6社受賞

今年2020年の働き方改革と通して成長を目指す先進企業を表彰する「日経スマートワーク2020」が発表されました。大賞に選ばれたのはサントリーでした。評価されたのは「在宅勤務理由問わず」が「働き方改革」 …

コロナ判定の簡易キットみらか

抗原検査週40万件体制へ「みらかの抗原検査」承認

厚生労働省は、新型コロナウィルスの感染の有無を15分前後で簡易診断できるみらかホールディングス子会社富士レビオの製品「抗原検査を」週40万件実施できる体制を目指している。そのため5月13日、国内で初と …