最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

聴覚を失った9歳の牧羊犬ペギー(Peggy)ハンドサインを覚えて復帰の動画!

投稿日:

イギリスで聴覚を失った9歳の牧羊犬がハンドサインを覚えて見事復帰した。牧羊犬として活躍していたボーダーコリーの「ペギー(Peggy)」は9歳で、突然聴覚を失い、ハンドサインに置き換えてペギーのトレーニングで牧羊犬に復帰した動画。

聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰

聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰

目次

聴覚を失った9歳の牧羊犬がハンドサインを覚えて復帰。

牧羊犬として活躍していたボーダーコリーのペギー(Peggy)9歳は、突然聴覚を失ってしまい、羊飼いである飼い主から発する声や口笛などの合図を聞き取ることができなくなってしまった。しかし、ペギーの耳にはしこりや感染症の疑いはなく、聴覚を失ってしまった理由は分からなかった。

 

牧羊犬として活躍していたボーダーコリーのペギー(Peggy)は、新たにハンドサインを覚え、耳が聞こえていた当時と同じく羊を追いかけることができるようになったという。

 

ペギー(Peggy)が聴覚を失って困り果てた飼い主は、ペギーを英国動物虐待防止協会「RSPCA」に引き渡した。

RSPCAで働くクロエ・ショーテンさん(Chloe Shorten)はクロエさんは夫で羊飼いでもあるジェイソンさん(Jason、34)と共に、伝統的な牧羊犬への合図をボディランゲージやハンドサインに置き換えてペギーのトレーニングを始めた。

 

牧羊犬トレーナーとクロエさんたちの牧羊犬であるシド(Sid)とノラ(Nora)の協力を得て、「いい子(Good girl)」の時には親指を立ててサムズアップのハンドサインを送り、「待て」の時には手のひらを見せるといった具合に教えた。

牧羊犬トレーナーとクロエさんは言います。

「ペギーが仕事をしたいと思っているのは分かっていました。声に頼らず飼い主と一緒に仕事ができるようになるために、長い時間をかけてペギーとトレーニングを行いましたよ。」

「第2の人生を得て、楽しむペギーの姿を見られたのは本当に素晴らしいことです。ペギーは老犬にも新しい芸を教えることができると証明したのです。」

聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰

聴覚を失った9歳の牧羊犬、ハンドサインを覚えて見事復帰

 

「私たちはペギーを無理に外へ連れ出そうとはしていませんが、チャンスがあればペギーは走り回るのが大好きなので、いつも一緒に外に出ます。」

「離れてどこかへ走っていってしまったら、ペギーを呼び戻すことは難しいので、念のために首輪にはGPSを取り付けています。今も学びの途中にあり、どんどん上達していますよ。」

聴覚を失った9歳の牧羊犬がハンドサインを覚えて復帰の動画。

 

聴覚障害者になった後、仕事ができなくなった犬は、手話を学び、
群れを切り上げ続けます。 SWNS


Dog who couldn’t work after becoming deaf learns sign
language to continue rounding up flock | SWNS

 

手話を学んだ後もまだ働いている聴覚障害者の牧羊犬


Deaf sheepdog still working after she learns sign language

 

耳の聞こえない羊犬ペギーは手話を学び、群れを切り上げる仕事に戻ることができます

ペギーが聴覚を失い、もはや音声コマンドに従うことができなくなった後、彼女の以前の所有者によってあきらめられました。

 

聴覚障害者になった後は働けなくなった年配の牧羊犬は、新しい飼い主が彼女に手話を教えた後、群れを切り上げ続けることができるようになりました。

ボーダーコリーのペギーは、彼女が耳が聞こえなくなり、ハンドラーが彼女と通信できなくなった後、以前の所有者が彼女を飼うことができなくなったときにRSPCAに署名されました。

しかし、RSPCAの動物福祉マネージャーであるミッドノーフォークとノースサフォーク支部のクロエショーテンがペギーを連れて行ったとき、彼女はその犬に恋をしました。

そして彼女は9歳のペギーが彼女が愛した仕事に戻るのを手伝うことを誓った。

 

 

まとめ

今回は「聴覚を失った9歳の牧羊犬ペギー(Peggy)ハンドサインを覚えて復帰の動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

小池都知事

小池百合子氏 学歴詐称疑惑が再燃,説明責任を問われる事態に。

小池百合子氏の 学歴詐称疑惑が再燃しています。ノンフィクション作家石井妙子氏の【女帝 小池百合子】(文芸春秋)が出版され、学歴について詳細の検証を行っています。黒木亮氏の緻密な取材による「学歴詐称」の …

介護風景

介護施設倒産件数が多く発生、前払い金戻らない「前払い金トラブル」リスクも増大

介護施設倒産件数が年100件ペースで発生しています。そうした場合、「前払い金」が戻らないリスクも増大しています。今後は、介護施設を選ぶときは、倒産リスクをしっかり見極めたほうがよさそうです。介護施設倒 …

がんと闘う4歳児のため、はしご車で5階病室へ

がんと闘う4歳児のためはしご車で5階病室へ消防士が窓越しにエールの動画!

がんと闘う4歳児のため、はしご車で5階病室へ向かい消防士の父の同僚が窓越しにエールを送る。米バージニア州ポーツマス市で消防士として働くレヴィン・ターナーさん(Levin Turner)が所属する消防署 …

未払いの給料10万円を油まみれの硬貨で支払う。

未払い給料10万円を油まみれの硬貨で支払った最低オーナーの動画!

米ジョージア州ピーチツリー・シティの自動車整備工場「A OK Walker Autoworks」で働いていたアンドレアス・フラトンさん(Andreas Flaten)は、2020年11月に仕事を辞める …

ICUグランパ

赤ちゃんを癒し続けて14年ICUグランパ86歳で逝去の動画!

米ジョージア州アトランタ在住のデイヴィッド・ドゥッチマンさんは赤ちゃんを癒し続けて14年、ICUグランパと呼ばれました。そして、今86歳で逝去「人生は豊かで充実していた」と言います。 ICUグランパ …