最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

豪クイーンズランド州ケアンズ4万本のひまわりOZメッセージの動画!

投稿日:

豪クイーンズランド州ケアンズ4万本のひまわりOZメッセージの動画紹介。豪クイーンズランド州ケアンズのイニスエールに暮らすフレデリック・ジェームズさん()は、自身の敷地内で大量のひまわりを使い「G’DAY WORLD FROM OZ」という巨大なメッセージを作成。

4万本以上のひまわりメッセージ

4万本以上のひまわりメッセージ

 

豪クイーンズランド州4万本のひまわりOZメッセージ

「人々を笑顔にしたい」と願いを込めて、4万本のひまわりで巨大メッセージを作ったのは、豪クイーンズランド州ケアンズのイニスエールに暮らすフレデリック・ジェームズ(Frederick James)さんです。

4万本以上のひまわりメッセージ

4万本以上のひまわりメッセージ

 

オーストラリアに住むフレデリック・ジェームズさんが、4万本以上のひまわりを使って世界に向けたメッセージを作り上げた。この巨大なメッセージはSNS上で話題となり、多くの人が押し寄せて渋滞や駐車場が満車になる事態にまで発展したという。

 

豪クイーンズランド州ケアンズのイニスエールに暮らすフレデリック・ジェームズさんは、自身の敷地内で大量のひまわりを使い「G’DAY WORLD FROM OZ(世界の皆さんこんにちは。オージーより)」という巨大なメッセージを作った。

4万本以上のひまわりメッセージ

4万本以上のひまわりメッセージ

 

ただしこの計画を実行するために、4万本以上のひまわりを植える必要があった。

 

そこでフレデリックさんは近隣の人やバヌアツから季節労働者として出稼ぎに来ている人達の力を借りて、4万粒以上のひまわりの種を植えたという。

4万本以上のひまわりメッセージ

4万本以上のひまわりメッセージ

 

そしてメッセージが完成し写真をネット上に公開するとすぐにSNS上で拡散され、予想外の大きな反響を呼んだ。ネット上だけでは収まらず、6週間で同州のブリスベンやゴールドコーストから5千人以上がこの景色を直接見ようとフレデリックさんの元を訪れた。

 

「まさかこんなに大きな反響があるなんて、本当に圧倒されてしまいました。驚きましたよ」と明かすフレデリックさんだが、多くの人が一度に押し寄せたため周辺の駐車場は満車になり、道路が渋滞するなどの事態が起きてしまった。これにはフレデリックさんも「交通整理する人を呼んでこないと…」と思ったそうで、事態の収拾に努めたという。

4万本以上のひまわりメッセージ

4万本以上のひまわりメッセージ

フレデリックさんは新型コロナウイルスなどの影響で疲れ切った人々を笑顔にしたいとして「全世界に向けて何かメッセージを発信したい」とこの計画を思いついたと言い、「訪れた人はみんな笑顔で写真を撮っていました。このメッセージが多くの人の心をちょっとだけ明るくできたと思います」と話している。

豪クイーンズランド州4万本のひまわりOZメッセージの動画。

 

オズからのG’dayWorld-ひまわりメッセージ。


ー   G’day World from Oz – Sunflower Message

クイーンズランド州ファーノースの小さな町、カソウェリーコーストのイニスフェールから世界へのメッセージ。これは私の海外のフォロワー全員のためのものです。乾杯みんな。

まとめ

今回は「豪クイーンズランド州ケアンズ4万本のひまわりOZメッセージの動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

MouserチーフLarry

イギリス首相官邸のチーフマウサーのラリーキャット!

ダウニングストリートで最も有名な猫は、ボリスジョンソンを新しいフラットメイトにして、ラリーキャットです。ラリーキャットのプロフィールや職務について。そしてラリーザダウニングストリートの猫の最高の瞬間の …

ゴーン被告が無断出国の海外逃亡をした理由は、司法取引にあった!?

突然のゴーン被告の無断出国の海外逃亡が起きたが、そのきっかけになったのが、2018年10月に行われた検察と日産の幹部二人との司法取引が原因とみられる。この司法取引によってゴーン被告の裁判での勝訴が難し …

抗うつ剤の副作用

抗うつ薬の副作用で死の淵をさまよった女性クリスチャン・ベネット!

米テキサス州在住でデザイナーのクリスチャン・ベネットさん(Christan Bennett)が、5年前に体験した壮絶な薬の副作用について英メディアが伝えた。病気を治すための薬が稀に副作用を起こすことが …

マディソン・マクマナス

15歳で薬物に溺れた28歳女性の衝撃ビフォーアフター!

15歳で薬物中毒、過剰摂取19回、ホームレス6年、28歳女性の衝撃ビフォーアフター。米ニュージャージー州在住のマディソン・マクマナスさん(Madison McManus)が安価で強力なクラック・コカイ …

PCR検査、ドライブスルー

PCR検査、ドライブスルー方式導入。新型コロナウィルス対策で。

新型コロナウィルスの検査で、ようやく厚生労働省は、「ドライブスルー方式」での実施を認める事務連絡を出しました。感染研が主張する積極的疫学調査の考えを国もようやく改めたようです。   PCR検 …