最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

15時分でコロナ判定の簡易キット発売。検査規模拡大に期待。みらか、クラボウ

投稿日:2020年5月9日 更新日:

新型コロナウイルスの簡易診断ができる「抗原検査」の検査キットで、みらかホールディングス(HD)の製品が国内で初めて実用化される見通しです。厚生労働省が来週中にも薬事承認する方針です。抗体検査の公的保険の可否。クラボウも15分簡易検査キットを衛生研究所、臨床検査会社などの研究・検査機関向けに発売。検査規模拡大に期待。

コロナ判定の簡易キットみらか

コロナ判定の簡易キットみらか

 

15時分でコロナ判定の簡易キット発売(みらか)

新型コロナウイルスの簡易診断ができる「抗原検査」の検査キットで、みらかホールディングス(HD)の製品が国内で初めて実用化される見通しとなりました。検査規模拡大に期待が持てます。

 

厚生労働省が来週中にも薬事承認する方針です。

 

現行のPCR検査の体制では発症から陽性が確定するまでに1週間程度かかる場合もあるが、みらかのキットは15分前後で判定できます。

精度ではPCR検査に劣るものの、前段階の検査として有効と見られており承認が下りれば、現在課題となっている国内の検査数増につながりそうです。

今回のみらかホールディングス(HD)の15分でコロナ判定ができる簡易キットは子会社の富士レビオが4月27日に厚労省に製造販売承認を申請していたもの。

検査薬の承認には、通常数か月かかるのが普通ですが大幅に短縮される見込みです。

現在はようやく、安倍首相も日本医師会も検査数を増やすために抗体検査の積極導入に賛成の考えを発表しています

当初周20万検査分を国内で生産。需要に応じて生産規模の拡大を検討。

簡易検査様子

簡易検査様子

 

抗体検査・抗原検査の公的保険

公的保険が適用されるまでは、抗原検査を受けられる医療機関は一部に限られる可能性もあります。今後、いっそうの保険適応範囲の拡大が期待されます。

抗原検査風景

抗原検査風景

抗原検査とは?

抗原検査は、インフルエンザなどの診断にも使われる手法で「抗原」と呼ばれるウィルスに特有のたんぱく質を検出する仕組み。

鼻の奥の粘膜を採取してキットにたらすと、検出できます。

したがって病院などで、その場で判定結果が出る利点があります。

一方、ウィルス量が少ない感染初期の患者ではPCR検査に比べて判定制度が劣ります。
今後PCR検査との併用活用で実行効果を上げる見込みです。

 

15時分でコロナ判定の簡易キット(クラボウ製)

クラボウは3月12日、「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」を発売すると発表しました。

16日に衛生研究所、臨床検査会社などの研究・検査機関向けに販売を開始。

 

クラボウ検査キット

クラボウ検査キット

感染の初期段階用「IgM」と、感染進行後用「IgG」の2種類を用意した。併用するとさらに高精度の検査が可能。

いずれも10検体分入りで、税抜価格はそれぞれ2万5000円。1日1000キットの販売を目指す。

イムノクロマト法と呼ばれる血中の抗体による判定法を採用。血液を1滴たらすだけで、新型コロナウイルス感染の有無が15分で分かる。

正診率は95%。3月4日に中国での診療ガイドラインに採用されたもので、中国の提携先企業が開発した

 

感染初期の患者に対してウイルスの検出が難しいPCR法に比べ、感染時に体内で生成される特定の抗体を検出するため、感染初期の患者に対しても判定が可能。

サンプル採取方法や採取部位による偽陰性が出にくい。判定に血液を使うため、検体採取時に懸念される検査作業者への二次感染のリスクも軽減できる。

こちらも有効活用して検査規模拡大を望むところです。

まとめ

今回は、「15時分でコロナ判定の簡易キット発売。みらか、クラボウ」というテーマでお送りしました。

関連記事「抗原検査週40万件体制へ「みらかの抗原検査」承認」

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コロナウィルス

世界各国の抗体検査を新型コロナウイルス対策に導入の現状

欧州やアメリカが新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる「抗体検査」の実施を行おうとする動きがあります。日本でも検討に入っているようです。目的は、早期の経済回復や医療現場での医療スタッフ確保です。 …

ドアをノックし民家に侵入したコアラ

ドアをノックし民家に侵入のコアラが、ソファでテレビを見て1時間過ごす動画!

オーストラリアの南オーストラリア州アデレードにあるワットル・パーク在住のリアム・オマホニーさん(Liam O’Mahoney)は12月20日午前0時頃、ドアをノックし民家に侵入したコアラが、ソファでテ …

三浦瑠麗

三浦瑠麗「徴兵制」問題とは何か?主張の根拠!

AmazonプライムCM出演中の三浦瑠麗氏への抗議が殺到しています。理由は三浦瑠麗氏の主張する「徴兵制」論です。ネットでは#Amazonプライム解約運動に発展しています。 三浦瑠麗 目次1 三浦瑠麗「 …

地震による巨大津波

日本海溝、千島海溝でM9の巨大地震、「巨大地震は切迫している」と警告!

東北から北海道の太平洋に延びる日本海溝・千島海溝でマグニチュード9級の巨大地震が起きるとの想定を、内閣府の検討会が公表しました。過去の津波の痕跡から推定し「巨大地震は切迫している」とも警告した。30m …

新型コロナウィルス

【驚愕】来年まで世界人口の最大70%が新型肺炎に感染、ハーバード大教授 の予測

ハーバード大学伝染病専門家マーク・ リプシッチ教授が、人類の最大70%が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に感染するという見通しを発表しました。「来年までに、世界の40?70%の人々が、新型コロナウ …