最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親の主張の動画!

投稿日:

米アリゾナ州フェニックス在住のアリス・ベンダーさん(Alice Bender)は、生後8か月の息子ファーン君(Fern)を育てていて、アリスさんは自身の子育ての様子やテクニックをTikTokアカウントに投稿しているが、その中のいくつかの動画が論争になっています。アリス・ベンダーさんは、ヴィーガンで「自然界と息子自身を信じているの」と語っている。

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親。

米アリゾナ州フェニックス在住のアリス・ベンダーさん(Alice Bender)22歳は、生後8か月の息子ファーン君(Fern)を育てる母親で、息子ファーン君が砂や石を口に入れても止めないで「細菌なんて怖くない」という主張が論争になっていて再生回数が130万回を超えています。

 

 

アリスさんは自身の子育ての様子やテクニックをTikTokアカウントに投稿している。

 

アリス・ベンダーさんは、生後8か月の息子が砂を口に入れたり川の石を食べてしまっても止めることはせず、むしろ「細菌なんて怖くない」と主張している。

母親はヴィーガン「自然界と息子自身を信じているの」と語っている。

 

動画には公園の砂場に座り込んで遊ぶファーン君の姿が映っているが、砂を触っていた手をそのまま口の中に入れても、普通なら慌てて止めるところだが、動画を撮影するアリスさんはそのままです。

 

その後もファーン君はショッピングカートの子どもを乗せる部分に設置されたベルトを舐めたり、水辺の石を手に取って口に入れているが、アリスさんはやはり止めません。

 

ファーン君のこうした行動を止めない理由について、アリスさんは「細菌や赤ちゃんへの人々の考え方が、医薬品業界によって意図的に変えられてしまったから

「細菌なんて怖くありませんし、むしろウェルカムですよ。私は自然界と息子自身のことを信頼しているのです。こうした行動は、乳飲み子にとって当たり前のことです」と言います。

 

アリス・ベンダーさんは、乳製品などを含めた動物性食品を食べないヴィーガン(完全菜食主義者)であり、ファーン君もヴィーガンとして育てているといいます。

そんなアリス・ベンダーさん次のようにコメントしています。

「赤ちゃんは積極的に細菌に晒されていくべきだし、母乳で育てることで細菌への免疫力がつくのです。」

「母乳は素晴らしいですよ。天然の薬で、人間が作ったどんな薬よりも優れています。母乳は赤ちゃんに合わせて常に変化しているのです。」

ネット上では、このアリス・ベンダーさんの考えに様々な意見をあげています。

 

「これって虐待でしょ」

「子どもを持つべきではない人っているよね」

「誰か警察を呼んで」

「私もこうして育ってきたよ。免疫システムを構築するには最適だと思う」

「この考えには賛成だな。自然をもっと敬うべきだよね」

 

アリスさんは、以下の様にコメントしています。

「ファーンが母乳を飲まなくなったら、このように細菌に触れる機会は無くなるでしょう。母乳を飲んでいる間は母乳が細菌からファーンを守っていましたが、そうではなくなるからです」。

「私たちも自然の一部ですから、自然界と争うべきでは無いのです。ファーンは他の赤ちゃんに比べて、とても健康的だと気付きましたよ。私たち一族の中で一番身体付きがしっかりしていて、人前に出ると落ち着いていて警戒心がないと良く言われますね」。

 

アリスさんは、棒、岩、汚れ、砂、そして「無衛生なショッピングカート」を舐めることについて独自の考えをしています。

「私は細菌を恐れることはありません。実際、私はそれを歓迎します。私は自然と私の赤ちゃんを信頼しています。」

「赤ちゃんが母乳育児をしている間、この本能を持っているのは偶然ではありません」

アリスさんは1260万回視聴された論争のビデオで言いました。

「約3ヶ月から、赤ちゃんは口を使って周囲の世界を探索し、「赤ちゃんの口」と呼ばれる段階を探ります。」

しかし一方

「赤ちゃんが口に入れた物から少量の細菌を消費することは「免疫システムを高める」のに役立ちますが、砂や汚れは危険なほど高レベルの細菌を宿することが知られており、吸入時に呼吸の問題を引き起こす可能性があります。」という意見もあります。

 

その結果、アリスさんの投稿は、この動きが彼女が信じていたように息子の健康にとって有益であるかどうかについて、両親の間で大きな議論を引き起こしました。

 

「私はあなたがどこから来ているかだけでなく、寄生虫、肉食細菌、髄膜炎、麻疹、MRSAなどを得ます」と、ある女性が書きました。

 

「それはあなたの子供が地面から食べ物を食べさせ、あなたはそれをそれを放置しています」と別の人が言いました。

 

「私は細菌のことを理解していますが、砂と棒はどうかと思います。」

 

子供の頃に汚れを食べることが許され元気に育ったという主張や反対の主張が議論されています。

アリス・ベンダーさんのTikTok

 

 

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親の主張の動画!

生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親アリス・ベンダーさんの動画!

「砂と岩」を食べる赤ちゃん:「奇妙な」生後8か月の赤ちゃんは、
母乳育児を除いて砂と岩を噛みます


“Sands & rocks” eating baby: ‘Strange’ 8 months old baby chew
sand and rocks except breastfeed

 

まとめ

今回は「生後8か月の息子が砂や石を口に入れても止めない母親の主張の動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マレーシア語版『進撃の巨人』

マレーシア版の進撃の巨人のかわいい下着を着用した動画!

マレーシア版の進撃の巨人。ブラジルの漫画家と名乗るウォリーさんが2021年2月3日、漫画「『進撃の巨人」について投稿。そこには、マレーシア語に翻訳された進撃の巨人に登場する2体の巨人が戦う一コマが捉え …

先が見えないサラリーマン

黒字リストラの後は賃下げ圧力が中高年を襲う【産業構造変革】

産業構造の大変革が起きています。ものづくりを主体とする産業構造から付加価値が大きい利益を生むデジタル経済へ転換しています。そこに、必要な人材はAI(人口知能)などのIT関連技術も持つ人材です。そして、 …

no image

働き詰めだった祖父、80歳誕生日に憧れの車を贈られ涙の動画!

働き詰めだった祖父、80歳誕生日に憧れの車を贈られ涙止まらなくなりました。米ニュージャージー州モンマス郡ホルムデルのレストランで10月17日、ポール・キスルさん(Paul Kissel)の80歳の誕生 …

no image

オンライン帰省と8割削減のために示した「10のポイント」根拠

阿部首相は、4月22日3月末の3連休で一気に感染が拡大した事例をあげ、4月末からの大型連休中の対応策の一つとして「ビデオ通話を使用したオンライン帰省」会見で述べた。併せて、政府専門家会議が8割削減のた …

西村経済再生担当大臣

西村康稔経済再生相が「誰も緊急事態宣言はやりたくない」と切れる場面。

東京都の新型コロナの新規感染者が7月2日は107人だったことで、西村康稔経済再生相が「誰も緊急事態宣言はやりたくない」と話し、声を荒げて感染防止の徹底を訴えています。これに対し、「何キレてんの」「僕ら …