最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

内モンゴル自治区で中国語強制に市民が猛反発!

投稿日:

内モンゴル自治区で中国語強制に市民が猛反発しています。内モンゴル自治区で、9月1日新学期が始まりました。新学期から混乱が激しくなっています。内モンゴル自治政府が、モンゴル語で教えられていた学校が中国語教育に変わったことを発表した後、その地域で大規模な「市民不服従」運動が勃発しました。中国はモンゴル人の文化的浄化を推進しようとしており、内モンゴル人は中国の専制政治に勇敢に抵抗しています。新学期には、学校の教室は空になり、保護者は子供たちを学校に通わせて抗議を表明することを拒否しました。

内モンゴル人国語教育で抗議

内モンゴル人国語教育で抗議

内モンゴル自治区で中国語強制に市民が猛反発!

内モンゴル自治区で中国語強制に市民が猛反発しています。内モンゴル自治区で、9月1日新学期が始まりました。新学期から混乱が激しくなっています。内モンゴル自治政府が、モンゴル語で教えられていた学校が中国語教育に変わったことを発表した後、市民のそして、子供たちの抗議行動が高まっています。

 

新学期には、学校の教室は空になり、保護者は子供たちを学校に通わせて抗議を表明することを拒否しました。

 

中国は、ウイグルで人権弾圧をおこない今度は、内モンゴル自治区でも酷いことを行おうとしています。

今後逮捕者が出たり、人権弾圧が起きなければいいのですが!

 

 

新学期には、学校の教室は空になり、保護者は子供たちを学校に通わせて抗議を表明することを拒否しました。


新學期開學報到日,內蒙古學校教室空無一人, 家長們拒絕送孩子去學校,以此來表達抗議#中國維權 #民生事故| #大紀元新聞網

新学期が始まると、内モンゴルの学校の教室は空になり、保護者は子供たちを学校に送って抗議を表明することを拒否します。

 

中国はモンゴル人の文化的浄化を推進する。内モンゴル人は中国の専制政治に勇敢に抵抗する。


中国准备文化清洗蒙古人,内蒙古人勇敢抵抗中国暴政

 

オンラインの実際のショット。内モンゴルで中国の教えへの変化に反対するために「市民の不服従」運動が勃発。


【網絡一線實拍】內蒙古局部爆發規模的“公民不服從”運動 反對改採漢語教學

内モンゴルで、公式にモンゴル語を教える地元の学校が、モンゴル語の代わりに中国語教育に変わると発表した後、地元の「市民の不従順」運動が大規模に勃発し、何万人もの生徒と保護者がストライキと抗議集会を開始しました。

 

学校はキャンパスの人々に所定の場所に行くようにさせました、これは前例がないです。

 

【オンライン実写】モンゴル人が拒否。民族性が崩れ始めている内モンゴル人学生:母国語と国民のために闘おう!


【網絡一線實拍】蒙文下架 民族特色開始被摧毀 內蒙古學生:為母語為民族而戰!

 

内モンゴル自治政府が、モンゴル語で教えられていた学校が中国語教育に変わったことを発表した後、その地域で大規模な「市民不服従」運動が勃発しました。

 

モンゴル人の懸念には理由がないわけではありません。

内モンゴルのさまざまな地域の政府がモンゴル語の​​本の大規模な目録を作成し、すべてのモンゴル語の​​本を棚から取り除く必要があると報告されています。

路上の様々なモンゴルの特徴が破壊され始めています。

 

まとめ

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイバンコク

巣ごもり過ごし方変化でEC消費の加速する東南アジアの状況

東南アジアでは、新型コロナウィルスの影響で、各国が外出制限に踏み切るなかで巣ごもり的過ごし方に変わり、料理宅配、などの電子取引(EC)向けビジネスを拡大する動きが盛んになっている。東南アジアのEC市場 …

木村 花

木村花さんが死去が国際ニュースで報道。

木村花さんが死去が国際ニュースで報道されました。FOXNEWSは、「A cause of death for the star is still unknown.」木村さんの死因は不明となっています。 …

アイリーン・ヒラノ・イノウエ

アイリーン・ヒラノ・イノウエの業績、生い立ち、家族、死去詳細

アイリーン・ヒラノ・イノウエ(Irene Hirano Inouye )さんが4月7日死去 。日米の交流促進、米ロサンゼルス出身の日系3世。妹は、パティ・ヤスタケで、スタートレック「ナース・オガワ」を …

ハリスとバイデン

バイデン氏一家の汚職疑惑で、2020大統領選への影響分析!

10月14日、ニューヨーク・ポストが大統領候補ジョー・バイデン氏と息子ハンター氏がウクライナの天然ガス会社ブリスマ社の汚職事件に関わっていることを報道後、殆どの左派メディアは沈黙を守っています。バイデ …

ブランスタッドと習近平

米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!

米駐中大使の突然の辞任の理由がわかってきました。米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任は、周囲を驚かせました。#Mr. Branstad, A …