最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ジョージ・フロイドの弟、フィロニス・フロイドが米議会で行った証言の内容

投稿日:

黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんの弟フィロニス・フロイドさんが6月10日、下院司法委員会の公聴会で証言しました。その内容を紹介。

ジョージ・フロイドの弟米議会で証言

「黒人の命は20ドルなのか!」 フロイドさんの弟、米議会で証言しました。

 

米ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんの弟フィロニス・フロイド(Philonis Floyd)さんが6月10日、下院司法委員会の公聴会で証言し「黒人の命は20ドル(約2100円)なのかと問いたい」と訴えた。

 

 

ジョージさんは偽造20ドル紙幣使用の疑いで通報され、駆け付けた警官に拘束された際、首を地面に押し付けられて死亡しており、フィロニスさんは「ジョージは誰も傷つけていない。20ドルで死ぬ理由はない」と憤った。

 

フィロニスさんは「黒人が理由もなく殺されるたびに痛みを感じてきた。この痛みを止めてほしい」と強調、警察改革を迫った。

 

フロイドの弟、フィロニス・フロイドが米議会で行った証言の内容

6月10日、下院司法委員会の公聴会で、ジョージフロイドの弟フィロニーズは「彼らは私の兄弟をリンチした」と、主張しました。

 

「それは白昼の現代のリンチだった」とフロイド氏は付け加え、「悲しむにはまだ時間が必要だ」と付け加えた。

 

フィロニス・フロイドは下院司法委員会の前で、人種プロファイリングと警察の残虐行為に関する公聴会に出席した。下院公聴会はは民主党が提案で開催された。

警察正義法案と呼ばれる幅広い一連の警察改革に投票する準備をしています。

公聴会は、5月25日のミネアポリスでの警察によるジョージフロイドの殺害に続く、警察に関する最初の議会上院議員会議でした。

フィロニス・フロイドドは、彼の兄が亡くなった件での、最初の証人です。

「今日あなたがたとと話すことで、兄の人生が無駄になっていないことを確認できるはずです。」と彼は委員会メンバーに語った。

 

人種的不公正を伴うアメリカの容疑者が、警察によってどう扱われたか。

民主党は、法執行政策を徹底的に見直すための広範な計画の一環として、色彩のコミュニティと警察の間の失われた信頼に光を当てる公聴会を開催すると約束しました。

 

水曜日の公聴会は、下院におけるその取り組みの始まりです。

公聴会全体を通じて、パネルの議員たちは、警察の資金調達の問題とどのような種類の改革が必要かについて分岐して、警察の状態についての立場を打ち出しました。両党のメンバーはフロイドの殺害を非難した。

 

「本日ここに来て、私の兄のジョージについて話すよう招待してくれてありがとう。

世界は、彼をジョージとして知っているが、私は彼をペリーと呼んでいます。

昨日、私たちは彼を弔いました。一番大変でした。

私がしなければならなかったこと。今は兄貴です。だから、兄弟を慰め、姉妹、ペリーの子供たち、そしてペリーを愛したすべての人。そして、それはたくさんの人々です。

私は、ジョージがやったことなので、そして私が今兄貴であることが、私が今日ここにいる理由です。

ペリーがいつも私たちのためにしたことをするために、家族や他の人の世話をします。

ジョージが殺された日は私は、彼を助けることができませんでしたが、多分今日、こうしてあなたがたと話すことで、私は彼の死が無駄になっていないことを確認できると思います。」

「問題解決のため、法執行機関を変える必要があります。そしてそれは可能なことです。

彼らが何か間違ったことをしたとき、彼らに責任を持たせなさい。

共感と尊敬をもって人を扱うこと、それが何を意味するかを彼らに教えなさい。

必要な力とは何かを彼らに教えなさい。

命が係わるほどの致命的な力はめったに使用されるべきではなく、生命が危険にさらされている場合にのみ使用されることを教えなさい。」

「ジョージはいつも家族のために犠牲を払った。そして彼は全く、知らない人のためにもやさしかった。

彼は他の人を助けるために自分でできることを少しでもやりました。

彼は優しい巨人でした。それを思い出した。

彼の殺害のビデオを見たとき。彼は穏やかな態度でした。彼は反撃しなかった。彼は、
警官に耳を傾けた。

彼は彼らを「サー」と呼びました。彼の命を奪い、窒息させた男たち。

8分46秒。彼は彼の生涯を懇願したので、彼らをまだ「サー」と呼びました。

そのようなものを見たときの苦痛は言えません。あのビデオをみると、一生尊敬してきた兄貴が死ぬ姿が。お母さんに懇願するような死に方で。

 

つかれた。私は今感じている痛みに疲れており、毎回感じる痛みに疲れていますで。

黒人が理由もなく殺された。今日、私はあなたがたに、それを止めるように頼むためにここにいます。痛みを止める。

疲れないようにしてください。

ジョージの助けの呼びかけは無視された。私が今あなたにかけている呼び出し、呼び出しに耳を傾けてください。

私たちの家族の、そして世界中の通りで鳴っている呼び出しに。
すべての人、背景、性別、人種が集まり、変化を要求しています。」

 

「ジョージはその日誰も傷つけていなかった。彼は20ドルのために死ぬに値しなかった。私はあなたがたに尋ねている:それは黒人男性の価値ですか? 20ドルですか?これは2020です。」

「もし彼の死が世界をより良く変えることになったなら。そして、そうなると思います。それはできると思います。そして、彼が彼は彼は死んでも生き続ける。彼の死が無駄にならないようにするのはあなたがた次第です。」

「ペリーがここにいる間、私はペリーに別れを告げる機会がありませんでした。私はその機会を奪われました。しかし、私は、彼が今私たちを、見てくれていることを知っています。
ペリー、あなたがしたことを見て、兄貴、あはたが世界を変えています。

全てのことに対してありがとう。あなたが地球にいたときに私たちにしてくれたこと、そして今私たち皆に対してしてくれていることに対して感謝します。私は、あなたがママを見つけて、平和と力の中で休むことを願っています。」

 

フロイド氏は、公聴会の後の質問に応じて、ミネアポリスの元警察官であるデレクショービン氏が「兄を憎んで、それが理由で」彼の兄弟を殺したと信じていると語った。

「それは人種差別であるにちがいない」とフロイドは言った。 「それは人種差別と関係があったにちがいない。」

その後、フロイドは涙を拭き取りながら言った、「私はただ願っています、彼を取り戻すことができればいいのに」。

ショービン氏はの殺人容疑に直面している。他の3人の警官が殺人のほう助助と教唆で起訴された。

 

司法省は、フロイドの公民権が侵害されたかどうかを個別に調査しています。

委員会の民主党員は彼らの改革案に向かって証言を導いた。

D-カリフのカレン・バス下院議員は、改革案は、警察の制止措置の使用を禁止するので民主党の法案が通れば、「ジョージ・フロイドは今日生きていただろう」と言った。

フィロニス・フロイドの公聴会での証言の動画

黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんの弟フィロニス・フロイドさんが6月10日、下院司法委員会の公聴会で証言の動画です。

 

フィロニーズ・フロイドは、警察改革に関する下院司法委員会の前で証言しました。

 


Philonise Floyd Testifies Before House Judiciary Committee on Police Reform

 

まとめ

今回は「ジョージ・フロイドの弟、フィロニス・フロイドが米議会で行った証言の内容」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナオミ・ザイプ

クレタ対抗勢力ナオミ・ザイプト登場で温暖化「警鐘派」と「懐疑派」の代理戦争

「気候現実派」を名乗るドイツ人女性が登場しました。独ミュンヘンに在住するナオミ・ザイプトさん19歳です。米イリノイ州の「ハートランド研究所」に加わり、「広告塔」として動画に登場。グレタさんの環境破壊の …

トランプ大統領

アメリカWHO脱退賛否の意見紹介。

トランプ米政権が世界保健機関(WHO)から来年7月に脱退することに対し賛否両論がでています。たとえば、京都新聞が「WHO脱退通告 「自国優先」の身勝手さ」という記事にたいし、ネットでは大きな反論が出て …

蔡英文台湾総統

台湾中国製アプリを排除「iQiYi」「台湾淘宝(タオバオ)」!

アメリカ政府は、アメリカ企業や国民のプライバシー保護及び国家安全保障上の懸念を理由に、TikTokやWeChatなどの中国製アプリを排除する動きがあります。これに追随して台湾では北京に拠点を置くオンラ …

ブランスタッドと習近平

米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!

米駐中大使の突然の辞任の理由がわかってきました。米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任は、周囲を驚かせました。#Mr. Branstad, A …

サンパウロのヴィラフォルモサ墓地

ブラジル医療システムはすでに崩壊、貧困に蔓延する疾患、葬式は10分ごとに発生。

ボルソナロブラジル大統領は新型コロナウィルスを「小さなインフルエンザ」と呼んでいます。ですが、ブラジルの病院の内部では、医師は恐ろしい現実を知っています。ブラジル医療システムはすでに崩壊に向かっていま …