最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国がメコン川を破壊している方法とは!

投稿日:

China is damming the Mekong Basin to environmental hell

私たちが知っているメコン川は破壊されています!残念ながら、貧弱な河川管理と過剰な量の水力発電ダムにより、メコン川は最低を記録するように低下​​しています。中国の河川管理がすぐに改善しない場合、それは私たちが知っているようにメコン川の終わりかもしれません。

中国のチベットダム

中国のチベットダム

中国がメコン川を破壊している方法とは!

メコン川沿いのダム建設は、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムの経済と生態系に深刻な脅威をもたらしています。中国は11のメガダムを建設し、他の資金を支援しています。

 

主要なダム建設プロジェクトは、一部の独裁政権のお気に入りの娯楽となっており、中国が先導しています。

 

しかしながら、支持者が約束するように、水不足からの保護とは程遠く、大きなダムは川の枯渇と乾いた状態をひどく悪化させている一因となっています。

 

これは、歴史的に低いレベルで流れているメコン川流域ほど明白です。

 

ラオスとタイで「水の母」として知られるメコン川は、中国が支配するチベット高原からミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを経由して南シナ海へと流れています。

 

アジアの茶碗である河川流域の農家は、年間3億人を養うのに十分な米を生産しています。

 

この盆地には世界最大の内陸漁業もあり、世界の淡水漁獲量の推定25%を占めています。

 

この重要な水路は現在、脅威にさらされています。これは、チベット高原の境界近くにある中国製の一連のメガダムが原因で、川が東南アジアに渡る直前です。

 

現在一緒に稼働している11のダムは、21,300メガワットの発電能力を備えています。これは、すべてのダウンリバー国の合計の設置済み水力容量を上回っています。彼らは環境、経済、地政学的な混乱を引き起こしている。

 

まず第一に、ヒマラヤから海への淡水と栄養豊富な堆積物の流れを減らすことにより、これらのメガダムはベトナム南部のメコンデルタの後退を引き起こしています。

 

結果として生じる海水の侵入は、稲作農家にエビ養殖または葦の成長に切り替えることを強いています。

 

さらに、メコン川委員会の調査によると、2040年までの水力発電開発には、建設中または計画中の中国のメガダムがさらにいくつか含まれ、魚資源(バイオマスによる)が40~80%減少します。

中国のダム建設

中国のダム建設

 

流域魚は多くの流域で姿を消し、現在、魚種の多様性の点でアマゾンに次ぐ第2位です。

 

ダムはまた、メコンの年間洪水サイクルを混乱させています。これは、巨大な養魚場を開くことに加えて、栄養豊富なシルトを広げることにより、農地を自然に再利用するのに役立ちます。

 

この夏の初めに、中国の景洪ダムのメンテナンス作業により、水の急流が発生しました。その結果生じたタイとラオスでの洪水は作物を破壊し、魚を破壊し、地元の人々の生活に損害を与えました。

 

その後、中国はメコンからの水を使用してダムを補充した。下流の水位の低下は水不足の状況を悪化させ、6月と先月のモンスーン雨が40%不足した結果です。

 

委員会の報告書によると、夏の間に氾濫する代わりに、川は記録的な低水位に達し、魚の資源を使い果たし、米の生産を後退させた。

 

タイでは、全体的な貯水池の利用可能量が前年比24%減少し、干ばつが深刻なため、タイ首相のプラユットチャンオチャ率いる政府が軍隊に対応を支援するよう命令しました。

 

中国はダムを利用して水を兵器化できる。

メコン川

メコン川

 

とにかく、中国はダム建設の熱狂が和らいでいる兆しを見せていない。中国政府にとって、メガダムは工学技術の誇りの象徴です。

 

そのため、世界の他の地域を合わせたよりも大きなダムが稼働しているだけではありません。また、最大の1つである三峡ダムもあり、紛争中のインドとの国境近くにさらに大きなダムを建設する予定です。

 

しかし、中国のダム建設は国家の誇りだけではありません。干ばつがより頻繁かつ深刻になるにつれ、中国のダムネットワークは川の下流国に対するレバレッジを増加させています。

 

 

2016年の下流域での大干ばつに対応して、中国はダムの1つから「緊急水流」を放出した。

 

今日、水をより多く放出することが再び約束されています。これは、下流の国々が現在中国の善意に依存している程度をはっきりと思い出させるものです。

 

次回、中国は見返りに何かを要求する可能性があり、必死に喉が渇いた国は拒否することができないかもしれません。

 

つまり、中国はダムを利用して水を兵器化することができるのです。

 

さらに、中国は世界でトップのダム建設業者ですが、これまでで最も野心的な流域間河川水移動プログラムがありますが、それだけが中国ではありません。

 

Landlocked Laosは、特に中国とタイへの水力発電の輸出を、その経済の主力にしようとしています。

 

そのため、ベトナムとカンボジアの反対を超えて、タイが出資しているザヤブリダムが完成しました。現在、試運転が行われており、10月に発電を開始します。

 

Xayaburiダムは中国の上流のメガダムよりは小さいですが、すでに影響を与えています。

 

その充填と試運転だけで、タイ下流のメコン支流の流れに影響を与え、国の干ばつを悪化させています。

 

この影響は、ダムが発電する電力の95%を購入することに合意したタイ政府が干ばつが緩和するまで試運転を一時停止するようラオスに要求したほど十分に明白です。

 

しかし、ここでも中国が役割を果たしています。中国はラオスで最大の投資家として、国の大規模なダムプロジェクトの半分以上に資金を提供し、建設しています。さらに、カンボジアでは、中国は最近、最後ではなく7番目のダムプロジェクトを完了しました。

 

ダムは上流で勝者を生み出す傾向があり、そこで人々は水と水力へのより大きなアクセスを獲得し、下流では敗者を獲得します。

 

メコン地域では、短期的には敗者が勝者をはるかに上回ります。長期的には、環境破壊により、勝者がまったくいないことが保証される可能性があります。

 

このような暗い将来を回避する唯一の方法は、挑戦的な一方的なダムの建設を終わらせ、メコン盆地全体の制度化されたコラボレーションを採用し、各国の権利の保護とその義務の実施に焦点を当てることです。

 

中国がメコン川を破壊している方法の動画

 

中国がメコン川を破壊している方法


ー  How China Is Destroying The Mekong River

今年の中国ではなぜ洪水がそれほどひどいのですか?


Why has flooding been so severe in China this year?

2020年6月初旬以降、中国を襲った激しい降雨と激しい洪水により、数千万人が影響を受け、少なくとも140人が死亡または行方不明になっています。長江にまたがる三峡ダムは、アジアで最も長い川に沿って洪水を制御する能力の点で試されてきました。しかし、なぜ中国の広い地域にわたる洪水が2020年の夏にそれほどひどいのでしょうか。

まとめ

今回は「中国がメコン川を破壊している方法とは!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

サンナ・マリン首相

フィンランドのサンナ・マリン首相、胸の谷間がうっすらジャケット姿動画!

北欧フィンランドのサンナ・マリン首相が、胸の谷間がうっすら見えるジャケット姿で雑誌に登場したことが話題になっています。思わぬ。一部のソーシャルメディアで「下品」「不適切」と批判され波紋を広げている問題 …

no image

中国の失業率は過去最高で食糧配給制再開の憶測も!

労働者は集団で失業しており、中国の世界の工場は大量に閉鎖していますか?真実は何?深センの工業地帯の現状を実際に撮影し、最も現実的な社会と人々の暮らしを明らかにします。食糧配給制再開の憶測も飛んでいます …

ジーン・ケネディ・スミス

ジーン・ケネディ・スミスの生い立ちと家族や政治活動について。

ジーン・ケネディ・スミスさん死去。ケネディ元米大統領の妹で、元駐アイルランド米大使を務めた。ケネディ兄弟に関し「当時、彼らは単に私の遊び仲間でした。それらは私の娯楽の源であり、私の賞賛の対象でした。」 …

新型コロナウィルスー

ニューヨーク抗体検査結果「人口の約14%がコロナウイルスに感染」

発表されたニューヨークコロナウイルス抗体検査結果は、ニューヨークが抗体検査データを発表:人口の約14%がコロナウイルスに感染している可能性がある。つまり、270万人の住民がウイルスに感染している可能性 …

ウイグル人デモ

ウイグル問題で中国の劉暁明駐英大使のバックレ発言が超話題に!

中国の劉暁明駐英大使は7月19日朝、BBC番組「アンドリュー・マー・ショー」に出演し、ウイグル人女性の不妊手術や妊娠中絶を強制しているという現地報道を否定した。この時の劉暁明駐英大使のしらばっくれた発 …