最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

スポーツ

ブランコ・シカティックの戦績名試合場面、出身、身長、ミルコとの確執

投稿日:

立ち技系格闘技「K―1グランプリ」の初代王者ブランコ・シカティック氏が3月22日に亡くなりました。享年65歳でした。シカティック氏が所属していたドージョー・チャクリキジャパンが23日明かしました。 シカティック氏は、1954年10月3日、クロアチアのスプリトで生まれた。1993年4月30日に代々木第一体育館で行われたK―1グランプリに参戦し決勝戦でアーネスト・ホーストをKOで破り初代K―1王者となっています。ブランコ・シカティックの戦績、出身、身長、体重、シカティックとミルコの確執の真相について

ブランコ・シカティック

ブランコ・シカティック

ブランコ・シカティックの戦績名場面

ブランコ・シカティックの戦績です。

キックボクシング
戦績 169戦 150勝 15敗 3分 138KO 1NC
K-1: 11戦 6勝 5敗 6KO

1993年4月30日、K-1 GRAND PRIX ’93に参戦。既に38歳であったが、1回戦でチャンプア・ゲッソンリット、準決勝で佐竹雅昭、決勝ではアーネスト・ホーストをそれぞれKOで破り、初代K-1王者となった。

 

1993年ブランコ・シカティックVS Kiatsongrit


  K 1 1993 Branco Cikatic vs Kiatsongrit


BRANKO CIKATIC VS ERNESTO HOOST K-1 Grand Prix ’93 Final

 

1994年12月10日、K-1 LEGEND 乱で自身の引退試合(引退の理由は衰えなどではなく、当時のクロアチア独立戦争に参加するため)を行い、アーネスト・ホーストと1年8か月ぶりに再戦。KO勝ちで返り討ちにし、引退を飾った。また、シカティック本人が、自身のベストバウトとして、この試合を挙げている。引退後は予定通り、クロアチアの特殊コマンド部隊教官として、スポーツ選手で構成された部隊を率いて、戦場に出た。


BRANKO CIKATIC VS ERNESTO HOOST K1 LEGEND 1994

 

1997年3月16日、K-1 KINGS ’97で現役復帰し、ムサシ(現・武蔵)にKO勝ち。同年7月20日、K-1 DREAM ’97でサム・グレコに生涯初のKO負け。この試合でシカティックは立ったまま失神した。グレコによるラビットパンチ(後頭部へのパンチ)があったとインタビューで答えている。「チャクリキに痛いという感情はない」という自身の言葉を実証した形になった。


Branco Cikatic vs Musashi


【K1 1997】アジャンクロードvsサムグレコ JEAN CLAUDE vs SAM GRECO

 

1997年9月7日、K-1 GRAND PRIX ’97の1回戦でマイク・ベルナルドと対戦する。1ラウンド開始直後にお互いに打ち合いに行った際、ベルナルドとシカティックの額が当たり、そのままベルナルドの連打を浴びて倒れる。一旦試合が止まりシカティックの額の傷の深さからドクター、レフリーが試合を止めTKO負けとなる。石井和義K-1プロデューサーがリングのエプロンでマイクを握り客席に向かって説明を行った。以降シカティックはK-1のリングには上がっていない。


【K1 1997】ブランコシカティックvsマイクベルナルド BRANCO CIKATIC vs MIKE BERNARDO

 

1997年10月11日、総合格闘技PRIDEに参戦。PRIDE.1でラルフ・ホワイトと対戦。グラウンド状態のホワイトにシカティックのキックが当たり、「ノーコンテスト」となった。

 

1998年3月15日、PRIDE.2でマーク・ケアーと対戦。ケアーのタックルに倒されないようにロープ掴みと後頭部への肘打ちを連発し、失格負け。ホイス・グレイシーの欠場による緊急参戦であった。


UFC王者vs初代K-1王者!!マーク・ケアーvsブランコ・シカティック

1999年9月12日、PRIDE.7でモーリス・スミスと対戦。1R前腕チョーク(PRIDEの公式記録はギロチンチョーク)で一本負け。

2005年7月18日、WORLD OYAZI BATTLE -SAMURAI RETURN!-で金山裕文と対戦し、1-0の判定ドローとなった。


Branco Cikatic vs Hirohumi Kanayama 2005.07.18

その後、母国クロアチアで警備会社「タイガー・シカティック」の代表取締役として、クロアチアの要人(大統領や大臣)の警護などを業務とする会社を経営している。

また、日本クロアチア協会の常任理事も務めている。その一方で、M-1というイベントを主催しており、時折試合に出場することもある。

ブランコ・シカティックの出身、身長、体重

ブランコ・シカティック 1954年10月3日生まれ。

スプリト出身。

身長
189cm
体重
98kg

最終所属はドージョー・チャクリキ。K-1 GRAND PRIX ’93王者。

初代K-1 GRAND PRIXのチャンピオン

伝説の拳「石の拳」と言われ驚異のKO率を誇った。スイング(大きい弧を描きながら打つ大振りのフック)を得意技とし、実際に多数のフィニッシュ・ブローとなった。また右ストレート、カウンター気味のショートの左フックも得意としていた。

ブランコ・シカティックの死因

2018年に肺塞栓症と敗血症のため入院。

パーキンソン病も発症していた。

2020年3月22日にソリンの自宅で死去

直接の死因の詳細はいまのところ不明。おそらく肺塞栓症と敗血症、パーキンソン病に関係したものと思われます。

 

シカティックとミルコの確執の真相

シカティックとミルコは師弟関係にありましたが、ファイトマネーをめぐり壮絶な争い確執があったそうです。


シカティックとミルコの確執の真相

「ミルコ・クロコップの戦績、生い立ち、出身、身長、現在など」

 

まとめ

今回は、「ブランコ・シカティックの戦績名試合場面、出身、身長、ミルコとの確執」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Mike Tyson

【動画】マイクタイソンのは新しいトレーニングビデオ「I’m back!」

マイクタイソンのは新しいトレーニングビデオ「I’m back!」の動画紹介。そして、ホーフィールド氏は、コロナウイルスのパンデミックへの救援活動に向けて収益を上げることで、タイソンとのエキシビションマ …

大谷翔平

大谷翔平は、開幕から投手と打者の二刀流でフル出場する見込み。

大谷翔平は、開幕から投手と打者の二刀流でフル出場する見込みを、エンゼルスGMがコメントした。二刀流でフル出場での復帰は、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で開幕が7月23日か24日にずれ込む。 大 …

ジョニー・ウォーカー

プロレスラーのジョニー・ウォーカー死去、プロフィールや戦績。

プロレスラーのジョニー・ウォーカーさん死去。 白覆面のミスター・レスリング2号で知られる。アメリカ合衆国の大統領となったジミーカーターは、彼の大ファンで就任式にも招待するが、結局辞退したエピソードがあ …

ララファンライベン

ショート トラックスピードスケーターのララファンライベン死去。

オランダのスケート協会-オランダのスケート協会によると、世界チャンピオンのショート トラックスピードスケーターのララファンライベンが7月10日金曜日に自己免疫反応による合併症の結果死亡した。ヴァンライ …

マット・キーオ

マット・キーオ死去、プロフィール、結婚、家族、実績

元阪神エースのマット・キーオ氏が64歳で死去。来日1年目で開幕投手を務めるなど通算45勝。オークランドAの哀悼のTwitterを紹介。1984年に女優のジーナトマシナと結婚しました。シェーン、カラ、コ …