最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局棋譜。

投稿日:

2021年6月3日の第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局の講評と棋譜です。結果は稲葉陽八段が勝ちました。戦型は角換わり腰掛け銀。持ち時間は各6時間で、先手は稲葉八段。

藤井聡太王位・棋聖

藤井聡太王位・棋聖

第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局講評。

稲葉陽八段

稲葉陽八段

6月3日に行なわれた第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局の講評です。

場所は大阪・関西将棋会館で実施されました。

結果は稲葉陽八段が藤井聡太王位・棋聖に165手で勝利しました。

持ち時間は各6時間で、先手は稲葉八段。

藤井聡太王位・棋聖の公式戦連勝記録は第77期で近藤誠也七段(24)に敗れたのを最後に継続した連勝は歴代単独2位の22でストップした。1位は森内俊之九段の26。

 

 

実力者ぞろいの通称「鬼の住処(すみか)」と言われるB級1組。

持ち時間6時間の順位戦では藤井聡太王位・棋聖は、これまで40勝1敗の圧倒的成績だったが、2回戦で敗退洗礼を浴びた形だ。藤井、稲葉ともに1勝1敗となった。

負けた藤井聡太王位・棋聖は「あまり勝機のない将棋になった。B級1組は手強い相手ばかり。その中で力が足りないところがあるのかなと思う」とコメント。

勝った稲葉は「前期から連敗が続いていた。自分の内容をよくしたいと思っていた」とコメント。

A級だった前期は5回戦から5連敗。降級を経験し今年1月般女性との結婚を発表。

 

13人が1年がかりで総当たりし、A級への昇級2枠を争う長丁場の順位戦で藤井が谷川浩司九段(59)の史上最年少名人記録21歳2カ月を更新するためには、今期でA級昇級し、来期挑戦権をつかむ必要がある。

前期、A級へ昇級した永瀬拓矢王座(28)、山崎隆之八段(40)はともに9勝3敗。1敗が即ち命取りではないが、序盤での黒星は避けたいところだった。

 

戦型は角換わり腰掛け銀。

中盤戦の60、66手目の2度、後手の藤井玉が4段目まで進出した。

映画「天空の城ラピュタ」に描かれた城のように単騎で上昇する、まとめづらい自陣。ただ、前例の多い進行だっただけに指し手は快調に進み、昼食休憩までの2時間で67手。

 

再開以降、長考が相次ぎ72手目に藤井が1時間52分。午後6時の夕食休憩までに9手しか進まなかった。

二人の対戦は5度目でNHK杯で稲葉が勝った後、朝日杯、王位戦、銀河戦と稲葉が3連敗した。

その3連敗はいずれも角換わり。今回の戦型選択には相応の準備があったと見られ、第75期で名人挑戦も果たしたその構想力に注目が集まった。

中盤以降、盤面中央に角、銀と持ち駒を打ち付け、構築した厚み。さらに最終盤、攻防の要だった角斬りの王手で優勢を拡大していった。

 

 

タイトル戦を除けば、最も持ち時間が長い順位戦で、藤井王位・棋聖はデビュー以来ほぼ完璧なペースで勝ち続けてきた。

C級1組で1度、近藤誠也七段(24)に敗れたが、その他の対局では全て勝利。

順位戦通算では40勝1敗、勝率.9756と圧巻だ。現在も順位戦としては歴代2位の22連勝中で、1位の森内俊之九段(50)が持つ「26」にあと4つと迫っていた矢先の敗退。

藤井王位・棋聖は3回戦以降もタイトル経験者や勢いのある若手実力者との対戦が控えており、これまで以上にハードな戦いが続いていく。

 

 

 

第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局棋。

第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局棋(全指し手)。


勝つ為の幻の一手が! 第80期順位戦 藤井聡太二冠 vs 稲葉陽八段 
将棋解説 【棋譜並べ】

自宅で学べる将棋オンライン道場

初段になれば、人生が変わります!
初段は縁台将棋では敵なしの強さです。
自己紹介で「将棋初段です」と言えます!
初段になれば更に将棋の奥深さに気づけます。
初段になれば将棋本来の楽しさが理解できるようになります。
初段になれば将棋から人生を学べます。
だから~~~
初段になれば、人生が変わります!

自宅で学べる将棋オンライン道場「段位見極めサポート」

自宅で学べる将棋オンライン道場「初段獲得コース」

自宅で学べる将棋オンライン道場「二段獲得コース」

※特典:ネット道場(無料)で指導対局。

持ち時間15分の対局を指導1回あたり2局程度の指導を行いますので
レッスン所要時間はおおむね1時間30分前後となります。
LINE、Messenger、Skypeを使いネット上で会話しながら指導対局
と感想戦を行いますので対面のリアル対局と同じように学べます。

まとめ

今回は「第80期順位戦B級1組2回戦藤井聡太王位・棋聖対稲葉陽八段対局棋。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井聡太4冠

第6期叡王戦五番勝負第5局藤井聡太王位・棋聖対豊島将之叡王対局棋譜。

第6期叡王戦五番勝負第5局藤井聡太王位・棋聖対豊島将之叡王対局の講評と棋譜。結果は、藤井三冠誕生しました。藤井聡太王位・棋聖が勝ち叡王を奪取しました。史上最年少(19歳1ヵ月)で三冠を達成しました。 …

渡辺明王将(名人・棋王)

第79期名人戦七番勝負第1局斎藤慎太郎八段対渡辺 明名人対局棋譜速報(1日目)。

2021年4月7日実施の第79期名人戦七番勝負第1局斎藤慎太郎八段対渡辺 明名人対局初日1日目の講評と棋譜。1日目封じ手となりました。戦型は矢倉です。封じ手は、60手目△5二金でした。 渡辺明王将(名 …

藤井聡太4冠

第6期叡王戦第1局 藤井聡太二冠 対 豊島将之叡王戦棋譜。

2021年7月25日第6期叡王戦第1局ハイライト 藤井聡太二冠 対 豊島将之叡王戦講評と棋譜。結果は藤井二冠が勝利しました。   藤井聡太王位・棋聖 目次1 第6期叡王戦第1局 藤井聡太二冠 …

渡辺明王将(名人・棋王)

第70期王将戦七番勝負第6局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局棋譜(1日目)

2021年3月13日実施の第70期王将戦七番勝負第6局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局棋譜(1日目)の講評と棋譜。 渡辺明王将(名人・棋王) 目次1 第70期王将戦七番6局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局講評 …

谷川浩司九段

谷川浩司九段伝説の「角不成」解説。 大山康晴十五世名人も驚嘆35手詰!

1983年7月19日の対・大山康晴戦(王位リーグ)で、大山の玉を詰ます手順の中で打ち歩詰め回避の角不成(99手目▲4三角引不成)という、まるで作った詰将棋のような手を指して勝っている。大山康晴十五世名 …