最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

引き取り手がない病気の子犬ジャックに里親希望が殺到「Peaches Bully Rescue」!

投稿日:

米オハイオ州ウェスト・チェスターのフレンチブルドッグやボストンテリアなどの犬を中心に保護活動を行う動物保護施設「Peaches Bully Rescue」で、生まれつき障害を抱えた子犬ジャック(Jack)に、幸運にも引き取り手が見つかったが、約束の当日になっても迎えに来なかった子犬の悲しいストーリーで、里親希望が殺到した動画紹介。ジャックは生後9か月のかわいいアメリカンブリーです。

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

 

「Peaches Bully Rescue」に里親希望が殺到。

 

米オハイオ州ウェスト・チェスターのフレンチブルドッグやボストンテリアなどの犬を中心に保護活動を行う動物保護施設「Peaches Bully Rescue」での話題です。

 

この動物保護施設「Peaches Bully Rescue」で、生まれつき障害を抱えた子犬「ジャック(Jack)に一度は、引き取り手が見つかったのだが、約束の当日になっても迎えがなく、子犬や施設のスタッフは悲しみに暮れた。

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

 

障害を抱えているため、引き取り手を探すことは簡単ではないという「子犬の悲しいストーリー」をSNSへ投稿すると、子犬「ジャック(Jack」を引き取りたいという申し出が殺到した。

 

引き取り手が現れなかった病気の子犬にの「悲しいストーリー」に里親希望が殺到した温かい話です。

 

5か月前、同施設にアメリカンブリーの子犬「ジャック(Jack)」が連れてこられました。

すぐに手術が必要な状態だったというジャックは、生まれつき二分脊椎症というを病気を持っていました。

二分脊椎症は、脊椎に形成不全がある先天性疾患の1つで、症状は下肢の運動と知覚の麻痺や排泄障害などさまざまな障害がでる可能性があります。

 

ジャックの場合、排泄障害があり常にオムツをして過ごさなければならない。さらにジャックは内反尖足という障害も抱えていた。

内反尖足は足が内側または外側に向いてしまう障害で、走ったり歩くことはできるが、長時間歩き続けることはできないという。

 

ジャックは彼の尿道の緊急獣医ケアを必要として、複数の手術から回復しましたが、フルタイムのおむつが必要です。そして獣医は、この状態が永続的であると言います。

 

非営利団体によると、ジャックのお気に入りの活動は、おもちゃや人間と一緒にソファで小刻みに動くことです。

 

 

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

アメリカンブリーの子犬ジャック(Jack)

 

そんなある日、ジャックに引き取りの相手が現れました。

ジャックを引き渡しの当日、ジャックはお風呂に入り、ハーネスときれいなオムツをつけて新しい家族との対面を待ったのだが、いつまで経ってもその家族は現れませんでした。

同施設の創設者ニコル・ブリッグスさん(Nicole Briggs)は「片道40分をかけて約束の場所へ行きずっと待ち続けていましたが、その家族は来なかったのです。電話やメッセージ、メールなど様々な手段で連絡を取ってみましたが、何日経っても音沙汰はなく、ジャックの面倒見ていたスタッフも涙を流していました」とジャックの「悲しいストーリー」を話します。

そして、ニコルさんはこのジャックの「悲しいストーリー」を、ジャックを受け入れてくれる優しい家族をどうにか見つけたいと思いFacebookに投稿しました。

すると次のようなコメントが多数集まりました。600件以上の問い合わせと、200件以上の「引き取りたい」という申し出でした。

「現れなかった家族には、ジャックを育てる資格は無いね」
「全てのことには何か理由があって起きるはず。その家族とは一緒にならなくて正解だったんだよ」
「約束したのに無視なんて、酷いことするよ」
「とても可愛い子じゃない。私が引き取りたい!」

中にはオーストラリアやイギリス、ドイツ、プエルトリコ、シンガポールなど世界中から応援のメッセージや寄付などもあるということです。

ジャックは近日中には新しい家族と対面できるように引き取り相手を調整している。

生まれつき障害を抱えた子犬ジャック(Jack)の動画。

 

ジャック、引き取り手を探したがキャンセルされ、永遠の家を探している二分脊椎のブルドッグ。


Jack, a BullDog with Spina Bifida looking for Forever Home after Stood up by potential adopter

 

引き取り家族を探している先天性欠損症のオハイオ州の犬が立ち上がる|ニューヨークポスト


Ohio dog with birth defect looking for forever home gets stood up | New York Post

 

 

まとめ

今回は「引き取り手がない病気の子犬ジャックに里親希望が殺到「Peaches Bully Rescue」!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「いきなり!ステーキ」

「いきなり!ステーキ」倒産や身売り回避策に株主期待!

2013年に1号店を出して以来最近の「いきなり!ステーキ」の業績悪化が止まりません。株価は、高値の時の20分の一まで、下落しました。閉店も70店舗以上に及んでいます。株主にとっての不安は、倒産や身売り …

18歳ベビーシッターの歌声に涙する人続出

18歳ベビーシッターの歌声に涙する人続出、隠れて撮影した動画!

18歳ベビーシッターの歌声に涙する人続出 隠れて撮影した動画の再生回数1250万回超。米マサチューセッツ州ブリストル郡サマセット在住のニッキー・マーさん(Nicki Maher)が2021年6月22日 …

車の運転席

高齢者 免許更新 テスト内容で実車試験導入、22年から【詳細と問題点】

75歳以上の高齢運転者に免許更新時、一定の違反をした違反者、事故履歴者に、運転技能検査「実車試験」が導入されることになりました。「実車試験」の対象は年間10万人を超える見込みで複数回の受験を可能です。 …

ビジネスパーソン

救済策に不公平感 フリーランス悲鳴、今後も急増するフリーランス

フリーランスの悲鳴が話題になっています。新型コロナウイルス感染拡大に伴う影響や政府への要望について、フリーランス協会が3月3日にSNSで緊急コメント募集を行うと150件以上の悲鳴が寄せられました。コメ …

ウオークスルー方式

富士宮市のPCR検査ウオークスルー方式導入

富士宮市のPCR検査「ウオークスルー方式」スタート。ウオークスルー方式を採用し、医師より検体を採取。これにより、かかりつけ医師の紹介でPCR検査が迅速に受けられることとなった。場所は、富士宮市救急医療 …