最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

2020年7月7日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。

投稿日:

2020年7月7日時点で、揚子江の洪水が警報水位に近づいています。武漢は再び浸水しました。漢口川ビーチは完全に水没しています「川ビーチステージ」は水に浸っています道路はかなり水を含んでいます。長江第1洪水が三峡ダムを通過し、長江中下流の水位が急上昇しました。湖北省建里から江蘇省江陰まで、長江の1200 kmの区間が警告水位を超えました。中国南部で暴風雨が続いており、35日間の暴風雨警報が出されており、全国の26の省と都市で少なくとも2,000万人が影響を受けています。

三峡ダム

三峡ダム

三峡ダムの長江下流武漢の状況

2020年7月7日の状況です。

 

長江第1洪水が三峡ダムを通過し、長江中下流の水位が急上昇しました。

 

湖北省建里から江蘇省江陰まで、長江の1200 kmの区間が警告水位を超えました。中国南部で暴風雨が続いており、35日間の暴風雨警報が出されており、全国の26の省と都市で少なくとも2,000万人が影響を受けています。

 

三峡ダムの大雨と洪水により武漢は再び浸水し、漢口河岸は完全に水没し、「江潭大舞台」は水に浸かった。

 

武漢ソフトウェアエンジニアリングカレッジのドアには深刻な水たまりがあり、運転は船のようなものです。

 

武漢友好大道は水深約0.5メートルの川になっている。武漢近くのXiaogan Cityでの洪水と浸水は、深刻な洪水を引き起こしました。

 

長江、東庭湖、浦陽湖の中下流域の本流の水位は上昇し続けたが、長江、リーアン川、秀水川、湖北長湖、安徽彩子湖を含む10の河川と湖で超警報洪水が発生した。

 

しかし、中国共産党の水資源大臣であるEジンピンは、降雨が続く場合は、三峡の洪水流量を増やし、その後の大洪水に備えて貯水容量を解放する必要があると述べた。

三峡ダムの長江下流武漢の状況動画(2020年7月7日)

2020年7月7日三峡ダムの長江下流武漢の状況動画です。


【禁聞】三峽大壩洩洪 武漢本地暴雨 長江洪水接近警戒水位 武漢再次被淹 漢口江灘完全淹沒 「江灘大舞台」泡在水中 道路積水嚴重 開車如同開船

動画に対する声(原文中国語)

「中国共産党はこれに反対し、神はもうそれを見ることができません。今年の洪水災害は特に深刻です。これは神が中国共産党に与えた死の接吻です。」

「今年の中国共産党の疫病は共産主義の破壊の前兆である」

「全世界で最も恥知らずで無責任な指導者は、中国共産党です。災害が発生したとき、彼は洞窟に隠れましたか?彼の人生は重要です。ああ、ああ、神様が彼を片付けなさい!-「国家安全保障法の香港版」に従って彼は私を片付けますか!私はとても怖いです!」

まとめ

今回は「2020年7月7日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。」というテーマでお送りしました。

関連記事

2020年7月6日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国のダム建設

中国がメコン川を破壊している方法とは!

China is damming the Mekong Basin to environmental hell 私たちが知っているメコン川は破壊されています!残念ながら、貧弱な河川管理と過剰な量の水力 …

村上春樹氏

村上春樹氏ラジオ「村上ラジオステイホームスペシャル」が海外メディアで紹介

村上春樹氏の深夜ラジオ「村上ラジオステイホームスペシャル」が海外メディアで紹介されました。 村上春樹氏 目次1 「村上ラジオステイホームスペシャル」が海外メディアで紹介2 村上春樹氏ラジオで選曲された …

アメリカホワイトハウス

米大統領選の第1回候補者討論会実況、トランプ大統領対バイデン前副大統領対決。

9月29日に実施された米大統領選の第1回候補者討論会実況。トランプ大統領対バイデン前副大統領の討論会。米大統領選の第1回候補者討論会実況と解説動画。#First Candidate Debate fo …

トランプ大統領

トランプ大統領は選挙演説で、「大きくて美しい赤い波」を予測した!

ノースカロライナの集会の演説で、世論調査の劣勢にもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は選挙の夜に「大きくて美しい赤い波」を予測し、大統領選に勝利するといった。また、イエス・キリストだけが私より有名で …

トランプ大統領

アメリカWHO脱退賛否の意見紹介。

トランプ米政権が世界保健機関(WHO)から来年7月に脱退することに対し賛否両論がでています。たとえば、京都新聞が「WHO脱退通告 「自国優先」の身勝手さ」という記事にたいし、ネットでは大きな反論が出て …