最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国ではキーワード「脱党」の検索回数が急上昇!

投稿日:

「脱党」がグーグルトレンド入り 米が共産党員の入国禁止の報道受け中国ではキーワード「脱党」の検索回数が急上昇しています。

中国国旗

中国国旗

目次

 中国ではキーワード「脱党」の検索回数が急上昇!

中国のレストラン

中国のレストラン

 

米中は全面的に関係が悪化し、衝突しています。

トランプ政権が中国共産党員とその家族の米国への入国の禁止、さらには在米の党員とその家族に対する居留権の取り消し、強制退去を検討している、という報道が出てすぐ、中国ではキーワード「脱党」の検索回数が急上昇し、その上昇率は150%にも及んだ。

 

米紙ニューヨーク・タイムズは7月15日、政府筋の話として、共産党員のほかに、米政府は中国軍と国営企業の幹部も入国禁止対象にする意向があるとしている。

 

中国共産党員の人たちは、家族の生活や自らの資産を守るため、中国共産党から離脱しようと考えたのでしょうか?

 

トランプ政権が中国共産党員とその家族の入国を全面的に禁止することを検討しているとの報道を受け、グーグルで単語の検索回数の推移を示す「グーグル・トレンド」では、キーワード「退党(中国共産党からの離脱、または脱党ともいう)」の検索回数が急上昇した。

 

 

中国当局の公表では、中国には9200万人の共産党員がいる。米政府は2億7000万人に影響が出ると試算した。

 

報道を受け、グーグルで検索ワードの検査回数の推移を示す「グーグル・トレンド」では、17日午後3時24分ごろ、検索ワード「退党」の人気度動向の数値は最高値100となった。検索の大半は中国本土からだという。

 

ネット上では、中国人や香港人ネットユーザーらはこの措置を歓迎する書き込みが多く見られた。

この措置を歓迎しない中国人はいないだろう。あまりにも感動したので泣きそうだ」「とても良い!汚職官僚はもう逃げられない」「中国共産党の高官の悪夢が始まった」「この措置は、香港人が『全党死清光(共産党を滅ぼそう)』と叫ぶより、パンチが効く」などと書き込み、米政府への支持を訴えた。

 


トランプの反中共戦略が北京を脅かす?背後のブレーンの正体とは?

中国と中共を分けて考えるトランプ政権

アメリカ国旗

アメリカ国旗

 

トランプ政権に助言した一人の中国人がいることで、アメリカが中国の覇権を阻止する政策を立てるときに的確な方針を立てているようです。

トランウ政権が、中国と中共を明確に分けて考える政策もその一環です。

 


トランプの反中共戦略が北京を脅かす?背後のブレーンの正体とは?

 

まとめ

今回は「中国ではキーワード「脱党」の検索回数が急上昇!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャスティン・トルドー首相

カナダ首相、20秒の沈黙 トランプ氏の抗議行動対応で、その後名言を述べる。

カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相が2日、米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の直近のトランプ氏の抗議行動に対する行動について記者からコメントを求 …

周庭アグネス

周庭、黄之鋒氏ら実刑判決を受けてコメント詳細!

周庭氏実刑判決を受けコメント詳細。周氏への実刑判決は初めて。量刑を言い渡された周氏は涙を流し、コメントを残した。周氏は上訴に伴う保釈も認められなかった。周庭、黄之鋒氏らさらに投獄が長引く可能性もありま …

ウィルス

新ウイルス肺炎蔓延を隠蔽するも実際は1700人以上に公式発表より千数百人多い

中国政府は、新ウイルス肺炎蔓延を隠蔽するも実際は1700人以上に公式発表より千数百人多い可能性を指摘。公式発表より千数百人多い1700人以上に上っている可能性があるという見方を、英国の研究者らが17日 …

エリック・シュミット

「中国ファーウェイ通じ北京へ情報流出」元米グーグルCEOが見解

中国ファーウェイ通じ情報流出 元米グーグルCEOが見解。米IT大手グーグルで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は18日までに英BBCラジオで、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機 …

蔡英文と李登輝元総統

蔡英文総統がTwitterで李登輝元総統を追悼!李氏来日公演の様子。

蔡英文総統がTwitterで李登輝元総統を追悼しました。台湾民主化の父ともいわれ、親日家でもありましたる李登輝元総統の死は日本人にとっても大変残念なことです。李登輝が日本議会ホールでスピーチ。李登輝氏 …