最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国内モンゴルで「黒死病」発生。症状や感染ルート、過去の感染事例。

投稿日:

中国内モンゴルで、人と人との間で感染を起こす黒死病患者が発生したため、当局が予防措置を発表するなど警戒態勢に。マーモットから感染か?

黒死病ウィルス

黒死病ウィルス

内モンゴルの“黒死病”発生

7月7日香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)によると、中国疾病予防統制センター(CDC)の副所長は、内モンゴルの烏拉特中旗人民病院で黒死病が疑われる患者が発生したのち記者会見を開き「内モンゴルの農村と草原を訪れる旅行客たちは、予防守則を徹底して守ることをもとめる」と語った。

 

内モンゴル自治区北部のバヤンヌルで報告されペストの予防と管理に関するレベルIIIの警告が出されたと国営のPeople’s Daily Onlineが報じた。

 

防護服の中国人

防護服の中国人

 

このような中国CDCの発表は、去る4日に烏拉特中旗人民病院で報告された黒死病疑いの患者が感染判定を受け、黒死病が拡散する可能性があるという憂慮があがったためになされたものである。黒死病と呼ばれる“リンパ節ペスト”は、人間と人間の間でも感染されるため、拡散防止のために格別な注意が要求される。

 

内モンゴル当局は、該当地域にレベル3の警戒令を発令した。この警戒令は今年末まで続く可能性があると、当局は伝えた。

 

つづいて中国中央政府も黒死病の拡散を防ぐために動いた。ロイター通信によると、中国当局はベスト菌をうつすモルモットなどの齧歯(げっし)類に対する狩りを禁止した。

 

中国で報告された腺ペスト、別名「黒死病」とは何か?

感染源マーモット

感染源マーモット

今回の、腺ペスト「黒死病」がどうやって広まったのかまだはっきりしていない。

 

ただし、アラートでは、病気または死んだマーモット(リスに似た大きくて重いげっ歯類)をすぐに報告するように求められ、ペストを運ぶ可能性のある動物の狩猟や食事を禁止しています。

小型哺乳動物

小型哺乳動物

 

5日前、中国の通信社Xinhuaは、モンゴル西部ホブド県で腺ペストの疑いのある2症例を報告していた。

 

2人の兄弟がマーモット肉を食べていた。

感染源マーモット

感染源マーモット

 

報道機関のPTIは、地方自治体は、「現在、この都市では人間のペストが蔓延するリスクがある。国民は、自己防衛の意識と能力を向上させ、異常な健康状態を迅速に報告する必要がある」と述べた。

 

報道によると、当局は警告期間が2020年末まで続くと発表した。

世界保健機関(WHO)によると、腺ペスト「黒死病」とは、この病気は細菌Yersinia Pestisによって引き起こされます。

 

これは通常、小型哺乳類とそのノミに見られる人と畜類共通感染症で、1~7日間の潜伏期間の後に発症します。

 

この病気は通常、マウス、ラット、ウサギ、リスなどの感染した生き物を食べたノミの咬傷から広がります。

 

ペストの種類

 

ペストには、腺ペスト肺ペスト(ペストが肺に進行する場合)の2つの主要な形態があります。

 

WHOによれば、腺ペストは最も一般的な形態であり、痛みを伴う腫れたリンパ節または「房」が特徴です。

 

2010年から2015年にかけて、世界中で3248例の報告があり、584例が死亡しています。

 

現在、コンゴ民主共和国、マダガスカル、ペルーで流行しています。

 

中世では、「黒人死」としても知られている腺ペストのパンデミックにより、ヨーロッパの人口の半分以上が一掃されました。

 

しかし、抗生物質が利用できるようになったことで、この疾患の大部分は現在治療可能です。

 

時間どおりに治療されない場合、腺ペストの症例致死率は30%から60%ですが、敗血症(血流中の循環)と肺炎になると100%の致死率に達する可能性があります。

 

時間通りに診断および治療された場合、この疾患の死亡率は約10%です。

 

腺ペスト「黒死病」の症状

マスクと腺ペストウィルス

マスクと腺ペストウィルス

その症状は WHOによると「突然の発熱、悪寒、頭と体の痛み、脱力感、嘔吐、吐き気。腺ペストでは、リンパ節が炎症を起こし、緊張し、痛みを伴います(ほぼ鶏の卵の大きさ)」

 

これは「横房」と呼ばれます。感染の進行した段階で、炎症を起こしたリンパ節が膿で満たされた開放性潰瘍に変わる可能性があります。

 

それが肺に進むと、肺ペストは最も毒性の強いペストになります。

 

メイヨークリニックによれば、敗血症性ペスト(血流中)は組織死を引き起こし、指、つま先、鼻の黒化を引き起こす可能性があります。

黒死病症状

黒死病症状

 

腺ペスト「黒死病」感染のしかたは、 WHOによると、腺ペストの人から人への伝染はまれです。

 

しかし、肺ペストの人は、飛沫を介して他の人に伝染する可能性があります。

腺ペストの過去の感染拡大例

ネズミとウィルス

ネズミとウィルス

14世紀に何百万人もの命が奪われた、人類史上最悪のパンデミックの1つである「黒死」が発生しました。

 

この病気はアジアのどこかで発生し、中国インドに広がり、1340年代と1350年代にヨーロッパの人口の3分の2が死亡すると推定されています。

抗生物質は現在この病気を治療することができますが、非常に伝染性の高い病気の空中拡散は世界中に大混乱と狂乱をもたらしました。

 

健康な人々が一晩死んでいるのが発見され、船員は死んだか腐敗しているか、黒い挫傷、膿、血に覆われた港に到着し始めました。

家畜駆除

家畜駆除

 

ユダヤ人の暴動と虐殺があり、この病気は厳格な検疫措置と公衆衛生の制定によって制御されたと考えられています。

 

まとめ

今回は「中国内モンゴルで「黒死病」発生。症状や感染ルート、過去の感染事例。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蔡英文

蔡英文総統twitterで中国の「消えた日」に思いと香港市民支援の投稿。

天安門事件から31年がたつ。台湾の 蔡英文総統twitterで中国の「消えた日」に思いを投稿しました。フェイスブックでは「自由な台湾が香港の自由を支える」とハッシュタグを添え、香港に向けて香港市民支援 …

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトが、ツイッターでトランプ大統領を批判と反響

テイラー・スウィフトツイッターでトランプ大統領の「黒人殺害問題のデモ」のtweetを批判。テイラー・スウィフトツイッターの反響。トランプ大統領のデモに対する最近のtweetは。 テイラー・スウィフト …

ナオミ・セイブト

地球温暖化懐疑論とナオミ・ザイプトの「反グレタ」論

地球温暖化問題対策の切り札として、国連に子供まで登場。名前がグレタ・トゥーンベリです。今彼女にノーベル賞候補の声があがっているほど有名になりました。そして、最近、ドイツの気候変動の現実主義者のナオミ・ …

蔡英文

蔡英文総統の日本語ツイッター「勝ってまた会いましょう」失敗と復活の蔡氏について

  新型コロナウイルスの感染拡大阻止への戦いで、台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が日本語でツイッターを発信しました。「手を携えてこの闘いに勝ちましょう」と日本にエールを送ってくれ …

バリ島のビーチ

インドネシア新型コロナウィルスで日本人差別、クルーズ船インドネシア人のその後

インドネシアに在住したり、出張したりした人たちが、こんな差別的な嫌がらせを受けています。テラワン保健相が「マレーシア在住の日本人女性が新型コロナウイルスを持って来た」と発言したことをきっかけに、日本人 …