最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第14回朝日杯将棋オープン戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局棋譜。

投稿日:

2021年2月11日実施の第14回朝日杯将棋オープン戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局の講評と棋譜です。結果は、藤井聡太二冠が101手で勝利し、同棋戦3度目の優勝を決めました。

藤井聡太王位・棋聖

藤井聡太王位・棋聖

第14回朝日杯将棋OP戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局講評。

三浦弘行九段

三浦弘行九段

 

2021年2月11日に行なわれた第14回朝日杯将棋OP戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局講評です。

結果は藤井聡太王位・棋聖の二冠が勝ち、朝日杯で3度目V 棋戦優勝は5度目を決めました。

将棋の藤井聡太王位・棋聖(18)が第14回朝日杯将棋オープン戦・決勝で三浦弘行九段(46)に101手で勝利、同棋戦3度目の優勝を決めた。

 

3年前の第11回大会では、史上最年少での棋戦優勝を果たしていたが、タイトルホルダーとして初めて出場した今期も強さと粘りを発揮。棋戦優勝は早くも5度目となり、今期の公式戦連勝も「14」まで伸ばした。

藤井聡太二冠は、準決勝では、序列1位渡辺明名人(棋王、王将)に敗色濃厚の最終盤から大逆転勝利を収めた。

そして本局の決勝では三浦九段と対戦し、横歩取りの出だしから激しい展開に、中盤はじりじりと藤井王位・棋聖のペースに運んだ。

その後、両者1分将棋に入った後は三浦九段の逆襲で、劣勢に追い込まれていた。

それでも短い時間の中で諦めずに粘り続けると、再び形勢は藤井王位・棋聖に振れ、両者ぎりぎりの寄せ合いに突入。最後はわずかなところで藤井王位・棋聖が抜け出した。

 

対局後の藤井二冠のlコメントは以下。

「(序盤は)作戦負けかなと思っていました。難しくなった局面もあったかと思って、最後は負けにしてしまったと思っていました。内容をしっかり振り返って次につなげたいと思います」

第14回朝日杯将棋OP戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局棋譜。

第14回朝日杯将棋OP戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局棋譜(全指し手)です。


優勝者決定! 第14回 朝日杯 藤井聡太二冠 vs 三浦弘行九段 ピンポイント解説 【将棋】

 

まとめ

今回は「第14回朝日杯将棋オープン戦決勝藤井聡太二冠対三浦弘行九段対局棋譜。」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野原未蘭女流1級

大成建設杯清麗戦予選トーナメント伊藤沙恵女流三段対野原未蘭女流1級戦棋譜。

大成建設杯清麗戦予選トーナメント伊藤沙恵女流三段対野原未蘭女流1級戦棋譜です。結果は、伊藤沙恵女流三段が勝ちました。 伊藤沙恵女流三段 目次1 大成建設杯清麗戦予選T伊藤沙恵女流三段対野原未蘭女流1級 …

渡辺明名人

第70期王将戦七番勝負第1局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局棋譜(1日目)。

1月10日実施の第70期王将戦七番勝負第1局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局(1日目)の講評と棋譜。渡辺明王将の封じ手は5五歩でした。 渡辺明名人 目次1 第70期王将戦七番第1局渡辺明王将対永瀬拓矢王座 …

広瀬章人八段

第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬章人八段対局棋譜。

2020年9月24日実施の第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬章人八段対局の講評と棋譜。結果は、広瀬章人八段が101手で勝ちました。 広瀬章人八段 目次1 第70期王将戦7番勝負佐藤天彦九段・広瀬 …

豊島将之竜王

第70期王将戦リーグ豊島将之竜王・広瀬章人八段対局棋譜。

10月15日実施の第70期王将戦リーグ戦豊島将之竜王・広瀬章人八段対局の持ち将棋局と指し直し局の講評と棋譜。結果は200手で持将棋とな、指し直し局126手で豊島竜王の勝ちです。 豊島将之竜王 目次1 …

渡辺明名人

26期竜王戦2組ランキング戦渡辺明名人対郷田真隆九段対局棋譜。

1月19日実施の26期竜王戦2組ランキング戦渡辺明名人対郷田真隆九段対局講評と棋譜。結果は渡辺 明名人が勝ちました。 渡辺明名人 目次1 26期竜王戦2組ランキング戦渡辺明名人対郷田真隆九段対局の講評 …