最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮の動画!

投稿日:

雌のジャーマン・シェパード・ドッグ「ワンワン(Wangwang)」は、中国・河南省淅川県の検問所で探知犬として活躍していた。そのワンワンの動画がそのワンワンの動画が、犬の目に涙が浮かんでいるようにも見えたと話題を呼んでいます。

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮。

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

 

中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮のエピソード。

雌のジャーマン・シェパード・ドッグのワンワン(Wangwang)は、中国・河南省淅川県の検問所で探知犬として活躍していた。

そのワンワンの動画が、犬の目に涙が浮かんでいるようにも見えたと話題を呼んでいます。

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

 

引退した警察犬ワンワン(Wangwang)とハンドラーの久々の再会を捉えた動画が注目です。

 

8歳になるワンワンは、2019年6月に探知犬としての役目を終えて引退しました。

 

現在は新しい家族のもとで幸せに暮らしているが、最近になって長年ともにしてきたハンドラーと1年半ぶりの再会を果たしました。

 

きっかけはかつてワンワンのハンドラーだった警察官の男性は、地元をパトロールしていた際にワンワンが暮らす地区に差し掛かり、久しぶりに会うことにしたということです。

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

引退した警察犬がハンドラーと再会で大興奮

 

注目の動画では、男性が名を呼ぶとワンワンは門から勢いよく飛び出してきて男性に甘えており、1年半が経つもハンドラーの男性のことを覚えていたようで、ハンドラーの男性に顔をすり寄せて仰向けになり、お腹を見せるなどしてワンワンは嬉しさを隠しきれず、その目には涙が浮かんでいるようにさえ見えた。

 

そして再び別れの時に男性がパトカーに戻ろうとすると、それを遮るかのように男性の前に回り込み再び甘え始めた。

このワンワンの姿にSNSでは、次のような声があがった。

「ワンワンは嬉しそうだね。犬は本当に人間にとって忠実な友達だと思う。」
「ワンワンがどれだけハンドラーのことを恋しかったか伝わってくるよ。」
「ハンドラーにすぐお腹を見せる姿が全てを物語っているね。」
「なぜ引退後もハンドラーと一緒にいられなかったのだろう」

 

中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮の動画!

 

彼女が何年も見ていなかったハンドラーと再会した後の元警察犬「泣く」。


Former Police Dog ‘Cries’ After Reuniting With Handler She Hasn’t Seen For Years

彼女が何年も見ていなかったハンドラーと再会した後の元警察犬「泣く」
引退した警察犬は、古いハンドラーと再会したときに故障しました。王王は、中国中央部の河南省にある淅川県の保安検査場で探知犬として働いていました。

デイリースター紙によると、8歳のジャーマンシェパードは2019年6月に引退した後に採用されました。

この動きは、王王と彼女のハンドラーが何年も一緒に働いた後に分離されたことを意味しました。

先月、警察のハンドラーは、王王の家の近くの近所を巡視している間、彼の毛皮のような仲間に驚きの訪問をすることに決めました。

淅川警察のDouyinアカウント(中国語版のTikTok)で共有された最近のクリップでは、警察官が自宅の外から王王を呼んでいるのを見ることができます。

 

興奮した犬は、それが誰であるかをはっきりと認識し、正面玄関から飛び出して腕の中に飛び込みます。

警察官の足をこすりながら、王王は少し泣き出しているようだ。

ビデオの視聴者は、愛らしい犬の感情的な再会に心を溶かしました。

ある人は、「犬は元気になっています。犬は本当に忠実な仲間です。彼女をよく扱ってください!」と書いています。

「ワンワンがハンドラーをどれだけ逃したかがわかります」と2番目のコメント。 「犬があなたに腹を立てて挨拶するとき、あなたは理解することができます。」一部の視聴者は、なぜ王王は彼女がとてもはっきりと愛着を持っている彼女のハンドラーと一緒にいることが許されなかったのか疑問に思いました。

Xichuan警察はコメントで次のように答えました。「警察犬は一般的にトレーニングセンターで十分に餌を与えられていますが、私たちの警官は引退した犬と遊んだり運動したりするために時間を割くことができませんでした。

「彼らはトレーニングセンターに滞在するよりも、適切な家族でよりよく世話をされるでしょう。」

 

まとめ

今回は「中国で引退した警察犬、ハンドラーと久々の再会で大興奮の動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

首を後ろに180度反らすフィニッシュ・スピッツ

首を後ろに180度反らすことができる犬の動画!

ニュージーランド在住のアシュレイ・マクファーソンさん(Ashleigh Macpherson)は、自宅で4頭のメス犬を飼っていて、6歳のホワイト・スイス・シェパードのカヤ(Kaya)は母親的存在で、他 …

ステーキ画像

やっぱりステーキのメニューと店舗、そして今爆発的人気のわけは?

ステーキ画像 いま、沖縄からやってきた「やっぱりステーキ」の人気が急上昇しています。 沖縄発「やっぱりステーキ」のメニューの特徴と店舗、そして今爆発的人気のわけはなぜでしょう。 目次1 「やっぱりステ …

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン

ブサイクと呼ばれた野良猫ビーン(Bean)が女性に引き取られ幸せ!

ドイツで野良猫として過ごしていたビーン(Bean)は2020年、アニマルシェルターに保護されました。ビーンは目に感染症を患っており他にも健康問題を抱えていたが、スタッフたちの懸命な治療により健康を取り …

食肉処理場に向かうブタ “仲間”を踏み台にトラックから飛び降りる

食肉処理場に向かうブタが仲間を踏み台にトラックから飛び降り脱走の動画!

英デボン州北部のラングツリーで農家を営むサラ・アランさん(Sarah Allan)と夫のスチュアートさん(Stuart)は、手塩にかけて育てた3頭のブタを17キロ離れた食肉処理場にトラックで運んでいた …

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫の動画!

スイス中部ザクセルン在住のシリル・ローラーさん(Cyril Rohrer、24)は、エリック・ローラーさん(Erik Rohrer)と共にスイスにあるブリステン山(Mount Britsen)で登山を …