最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

トランプ大統領がイスラエルとUAEの和平合意を発表。イスラエルは反発!

投稿日:

トランプ大統領がイスラエルとアラブ首長国連邦間の和平合意を発表しました。この合意に対し、パレスチナは強く反発!イランとトルコは、パレスチナ人、アラブ人、イスラム教徒を裏切ったとして、地域のライバルであるUAEに激しく非難した。エジプトと湾岸諸国のバーレーンとオマーンを含む多くの国際社会によって歓迎された。

トランプ大統領

トランプ大統領

トランプ大統領がイスラエルとUAEの和平合意を発表

イスラエル

イスラエル

 

トランプ大統領は8月13日、イスラエルとアラブ首長国連邦間の和平協定を発表し、それは国家間の「関係の完全な正常化」の先駆けとなるでしょうとコメントしました。

 

トランプ氏の合意の勧めに対し、両国が大使館と大使を交換し、「全面的に協力を始める」と述べた。

UAE

UAE

 

「アラブ首長国連邦とイスラエルの間、および他の組織との関係は非常に良好なものになった」とトランプ氏は、首席補佐官に囲まれた大統領府の発表で述べた。

 

さらに、「最終的にはパレスチナ人を含む、非常にエキサイティングなものを目にすることになると思います。それが実現することは、彼らにとって非常に理にかなっているので、いつか起こりそうだと思います。」とコメント。

イスラエル

イスラエル

 

米国、イスラエル、アラブ首長国連邦の共同声明によると、パレスチナに対する譲歩条件としてイスラエルはヨルダン川西岸の一部を併合する計画を一時停止します。 「この外交的譲歩の結果として、そしてトランプ大統領の要請により、イスラエルは従来の主張を一時停止し、アラブとイスラム世界の他の国との関係拡大に今、その努力を集中します。」とステートメントを発表。

 

大統領は、「話せない話が起こっている」それを「ドナルド・J・トランプ合意」と呼びたかったと冗談を言ったが、マスコミは理解しなかった。

イスラエル

イスラエル

 

トランプ氏は、中東和平交渉を任された義理の息子のジャレッド・クシュナー氏と契約を仲介したことを認めた。

「イスラエルではイスラム教徒が歓迎されるだろう」とクシュナー氏は語った。

 

共同声明声明では、イスラエルとUAEの代表団は、投資、直行便、セキュリティ、通信、テクノロジーなどを含む二国間協定に署名するために、今後数週間以内に会合する予定であると述べています。

UAE

UAE

 

オブライエン氏は、ホワイトハウスで調印式が行われる可能性が高いと語った。

 

「この歴史的な外交の突破口は、中東地域の平和を前進させるものであり、3人の指導者の大胆な外交とビジョン、そしてアラブ首長国連邦とイスラエルの勇気を示し、地域」と共同声明は述べています。

 

「3カ国すべてが多くの共通の課題に直面しており、今日の歴史的な成果から相互に利益をもたらすだろう。」

パレスチナ人そしてアラブ諸国の反応

イラン

イラン

パレスチナ人は今回のアラブ首長国連邦の協定が中東平和の探求を妨げると言います。

 

アラブ首長国連邦との外交関係を樹立するというイスラエルの合意は、アラブ諸国との関係における分岐点の瞬間をマークしますが、パレスチナ人はそれが中東紛争の正当な解決をさらに遠くに置くと言います。

 

アラブ首長国連邦は、イスラエルによる計画中の西岸部分の併合を計画から外すことで平和への取り組みを促進する方法として、イスラエルとの長年の関係を改善するという決定を発表しました。

 

パレスチナの観点から見ると、UAEは併合を止めることができなかっただけでなく、存続可能な独立国家を樹立するという残りの希望を打ち砕くと考えます。

 

それはまた、イスラエルの承認が、無条件でなく、和平交渉における譲歩と引き換えにのみもたらされるというアラブのコンセンサスに反するものであり、パレスチナ人にとっては受け入れがたいものです。

 

「この毒の短剣がアラブの国から来ることを私は決して予想しなかった」とパレスチナの高官でベテランの交渉官であるSaeb Erekatはトランプ大統領の発表の翌日8月14日金曜日に言った。

「あなたは侵略に加担している…あなたはこの動きで、パレスチナ人とイスラエル人の間の平和の可能性を破壊しました。」と述べた。

 

ドナルド・トランプ大統領は米国が仲介した合意を主要な外交上の成果として発表し、アラブやイスラム諸国がこれに追随することを期待していると語った。

 

イスラエルは、UAEや他の湾岸諸国と数年間、イランで共通の敵と対決してきたため、密かに関係を築いてきました。

 

イスラエルでは、この合意により、アラブの近隣諸国との通常の関係に対する長年の希望が新たになりました。

 

イスラエルのネタニヤフ氏は、何世代にもわたる和平交渉に失敗したのとは対照的に、イスラエルはパレスチナ人との紛争を解決することなくそのような関係を享受できると強く主張してきた。今回そのことが証明されようとしています。

 

しかし、一方で、合意の結果は、パレスチナ人のスタンスを強化し、イスラエルを孤立させるための原動力になります。

 

パレスチナ自治政府は、この動きに応えて、「エルサレム、アルアクサモスク、パレスチナの大義の裏切り」と呼んで、世界中でアラブとムスリムの感情を煽動することを明確に意図した言葉を発した。

 

パレスチナ人は、アラブ連盟と57名のイスラム協力機構の緊急会合を求め、この動きを非難した。

イランとトルコは、パレスチナ人、アラブ人、イスラム教徒を裏切ったとして、地域のライバルであるUAEに激しく非難した。

 

しかし、合意と併合を一時停止するという決定は、エジプトと湾岸諸国のバーレーンとオマーンを含む多くの国際社会によって歓迎された

ドイツ、フランス、イタリア、中国、インドを含む多くの国が、和平プロセスの復活に役立つことを望んでいると表明しました。

 

トランプ大統領のイスラエル・パレスチナ合意案のその後

聖地エルサレム

聖地エルサレム

パレスチナ人は1967年の戦争でイスラエルに占領された西エルサレムとガザの西岸に独立国家を望んでいます。

トランプ氏の計画により、イスラエルは、キリスト教徒、ユダヤ人、イスラム教徒の聖地、西岸の3分の1までの別館など、東エルサレムのほぼすべてを維持することができます。

エルサレムの嘆きの壁

エルサレムの嘆きの壁

 

それは決して譲れないとしパレスチナ人は怒って昨年提示された、トランプ大統領のイスラエル・パレスチナ合意案を拒否しています。

 

パレスチナ自治政府のマフムードアッバス大統領は、2017年にエルサレム紛争がイスラエルの首都であることを認めた後、米国との連絡をすべて停止しています。

 

そして、合意案提示後の今年5月、パレスチナ人は併合の脅威に対応して、治安調整を含め、イスラエルとのすべての関係を断ち、イスラエルや米国との過去のいかなる合意にも従わないと述べはっきりとトランプ大統領の和平案を拒否しています。

 

まとめ

今回は「トランプ大統領がイスラエルとUAEの和平合意を発表。イスラエルは反発!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

安倍晋三前首相が靖国神社を参拝

安倍晋三前首相が靖国神社を参拝を韓国が速報の詳細は!

安倍晋三前首相が靖国神社を参拝したことを韓国の報道が速報しています。韓国報道の内容を紹介します。 安倍晋三前首相が靖国神社を参拝 目次1 安倍晋三前首相が靖国神社を参拝を韓国が速報の詳細は!1.1 韓 …

インドと中国の衝突

中国がインド境界線付近に配置された軍部隊に、格闘家らを配属。

中国軍、インド軍との衝突直前に総合格闘家を部隊に配属 。中国は今月致命的な衝突の直前に登山者や武道の専門家をインド国境近くの軍隊を補強した、と国営メディアは報じた。今までの、中国・インド間の国境をめぐ …

シビリアンディフェンスフォース

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォースCIVILIAN DEFENSE FORCEの主張!

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォース(CIVILIAN DEFENSE FORCE)は、どんな主張、ステータスを持っているか。シビリアンディフェンスフォースは、米民兵組織連合(militia.m …

Pro-democracy Milk Tea Alliance

アジアの民主主義「ミルクティーアライアンス」拡散する。#MilkTeaAlliance

アジアの民主主義「ミルクティーアライアンス」拡散する。香港の民主主義支持者がタイの反政府抗議活動への支持を表明したため、彼らはハッシュタグ#MilkTeaAllianceを使用しました。#MilkTe …

トランプ大統領

トランプ大統領未だバイデン氏に敗北を認めず、米主要マスコミの見解は!

米大統領選挙、バイデン候補が、勝利確定と米主要マスコミが宣言しバイデン陣営は勝利宣言現在大統領移行準備を日々進めています。こんな中、トランプ大統領は未だ負けを認めません。こんな、トランプ大統領に対し、 …