最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

谷川浩司九段伝説の「角不成」解説。 大山康晴十五世名人も驚嘆35手詰!

投稿日:

1983年7月19日の対・大山康晴戦(王位リーグ)で、大山の玉を詰ます手順の中で打ち歩詰め回避の角不成(99手目▲4三角引不成)という、まるで作った詰将棋のような手を指して勝っている。大山康晴十五世名人も驚嘆35手詰,谷川浩司九段の「角不成」解説.

谷川浩司九段

谷川浩司九段

谷川浩司九段の「角不成」

 

谷川浩司角不成は、打ち歩詰め回避の目的で指された。

 

打ち歩詰めとは、将棋において、持ち駒の歩兵を打って相手の玉将を詰みの状態にすること。将棋では禁じ手(反則)であり、打ち歩詰めの手を指した対局者の負けとなる。

 

プロ棋士の対局では実際に打ち歩詰めの歩を打って反則負けになった例は、2008年9月現在までに存在しない。

ただし、打ち歩詰めが関わる局面自体はいくつか存在している。

打ち歩詰め回避の手順が連続王手の千日手となり、反則負けとなった事例

(昭和52年4月12日・日本将棋連盟杯戦・▲山口千嶺六段対△松田茂役八段、山口の反則負け)

その他、投了時、あるいは投了後の変化で相手玉が打ち歩詰めの状態になった事例や打ち歩詰めを回避して詰める必要のある事例、自玉を打ち歩詰めの形にして詰みを逃れるという事例がある。

谷川浩司九段の「角不成」

打ち歩詰めが関わらない限りまず見られない「角行の不成」が実戦で現れたケースが谷川浩司九段の「角不成」です

 

下図左は打ち歩詰めを避けるために角の不成が指された事例です。

 

図の局面から先手(谷川)が▲4三角引成とすると、△5四歩▲6六銀打△同と▲同歩△5五玉で、次の▲5六歩が打ち歩詰めとなるため、実戦では▲4三角引不成(99手目)とし、同様に進んで▲5六歩まで(下図右)で後手(大山)が投了した(以下△4四玉▲4五歩△3三玉▲2三角成△同玉▲3四角成以下即詰み)。

局面図以前の指し手から王手が続いており、35手詰めでした。

谷川浩司角不成

谷川浩司角不成

 

 

 


谷川浩司九段、伝説の「角不成」を徹底解説。 大山康晴十五世名人も驚いた35手詰

 

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

藤井二冠

杉本昌隆八段藤井聡太七段6月20日竜王戦3組ランキング戦決勝対局内容

6月20日対局、藤井聡太七段と杉本昌隆八段師弟対決の結果は、弟子の藤井聡太七段が勝ち結果、史上初4期連続優勝になりました。序盤の駒組みが、静かに長く続くジリジリするような展開でしたが、中盤に一瞬のスキ …

永瀬拓矢叡王

第68期王座戦5番勝負第1局永瀬拓矢王座・久保利明九段対局棋譜。

2020年9月3日実施の第68期将棋王座戦5番勝負第1局永瀬拓矢王座・久保利明九段対局講評と棋譜。結果は永瀬拓矢王座の勝利でした。 永瀬拓矢叡王 目次1 第68期王座戦5番勝負第1局永瀬拓矢王座・久保 …

羽生善治九段

第33期竜王戦決勝T準決勝・羽生善治九段・梶浦宏孝六段対局棋譜

8月13日実施された第33期竜王戦決勝トーナメント準決勝・羽生善治九段対梶浦宏孝六段戦の講評と棋譜速報。結果は羽生善治九段が勝ちました。 羽生善治九段 目次1 竜王戦決勝T準決勝・羽生善治九段・梶浦宏 …

no image

第28期銀河戦本戦Hブロック10回戦行方尚史九段・藤井 猛九段対局棋譜。

2020年9月17日に実施した第28期銀河戦本戦Hブロック10回戦行方尚史九段・藤井 猛九段対局。結果は、藤井 猛九段が勝ちました。 藤井猛九段 目次1 第28期銀河戦本戦HB10回戦行方尚史九段・藤 …

藤井二冠

8月2日第70回NHK杯トーナメント1回戦藤井棋聖・塚田九段対局棋譜

8月2日に実施した第70回NHK杯トーナメント」1回戦藤井棋聖・塚田九段対局講評と棋譜です。結果は、藤井棋聖が勝利しました。 藤井聡太七段   目次1 8月2日第70回NHK杯トーナメント1 …