最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」!

投稿日:

アメリカテキサス州ダラス在住のレイチェル・キャリーさんは、処方薬で全身の皮膚が爛れた女性が」「数千匹のヒアリに噛まれたような痛み」を訴えています。鏡で顔を見た時はそれが自分だと認識できないほどでした。まるで自分がモンスターにでもなったような気持ちで、今でもトラウマになっています。#Stevens-Johnson Syndrome

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

 

2019年11月、耳の感染症に罹って薬を飲んだ女性が、全身の皮膚に爛れや水膨れを生じる「スティーヴンス・ジョンソン症候群」を発症した。

 

皮膚は1年を経てもなお100%回復しておらず、レイチェルさん性は「この病気について多くの人に知ってもらいたい」と英メディアなどに当時の自分の写真を公表し、自らの経験を語った。

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

 

米テキサス州ダラス在住のレイチェル・キャリーさん(Rachel Carey、38)は2019年11月に耳の感染症を患い、医師に抗生剤のアモキシシリンと鎮痛薬のパラセタモール(アセトアミノフェン)を処方された。

 

これまでにも何度か服用し何の問題もなかったレイチェルさんだが、午後7時頃に薬を飲むと気分が悪くなり、身体に痒みを覚えた。

 

翌朝、レイチェルさんは首や背中の皮膚が爛れて水膨れができているのに気付き、病院の緊急治療室を訪れた。

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

 

しかし医師らは「問題ないでしょう」の一点張りで、レイチェルさんは翌日も、その翌日も医師の診断を仰いだが結果は同じだった。

 

4日目になるとレイチェルさんの皮膚の爛れはさらに悪化し、水膨れが広がって目や唇も腫れ始めた。レイチェルさんは再び病院へと足を運ぶと、そのまま火傷専門病棟に入院となった。

 

レイチェルさんはその後、12日間の入院を強いられており、入院中の様子を次のように振り返った。

「入院して6日過ぎた頃、医師は皮膚の組織を採取して検査を行いました。その結果、感染症や薬剤などがきっかけで全身の皮膚に水膨れやびらんを生じる『スティーヴンス・ジョンソン症候群』を患っていることが判明したのです。同じ薬を以前に服用したことはあったのですが、何故かあの時、私の身体は薬を拒絶したのです。」

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

 

「私の皮膚の色は変わり、全身が爛れて水膨れができて酷く痛みました。まるで全身を数千匹のヒアリに噛まれているような、身体の中から燃えているようなそんな痛みでした。爛れた皮膚は見ているだけでつらく、鏡で顔を見た時はそれが自分だと認識できないほどでした。まるで自分がモンスターにでもなったような気持ちで、今でもトラウマになっています。」

入院からもうすぐ1年になるレイチェルさんだが、今でも皮膚に傷跡が残って乾燥し肌の色は元に戻っていない。レイチェルさんは「こうしてメディアに登場することで、多くの人にこの病気について知ってもらいたい」と語り、こう続けた。

レイチェル・キャリー

レイチェル・キャリー

 

「私は1年前、3度も緊急治療室に行ったのです。でも医師らはスティーヴンス・ジョンソン症候群について知らなかった…。入院後はとてもよくしてもらいましたが、もっと早く処置ができていたらあれほど苦しまなくても済んだのでは…と思うのです。自分の経験をシェアすることで、もっと多くの人にこの病気について知ってもらえればと思っています。」

専門家によると、スティーヴンス・ジョンソン症候群は症状が出ると進行が非常に速く、早期に適切な治療を開始しないと生命に関わる場合もあるという。

「スティーヴンス・ジョンソン症候群」の動画

LAのティーンエイジャーの肌は、FDAの厳格な警告とともに、処方薬に対する深刻な反応で「溶ける」。


LA teenager’s skin ‘melts’ off in severe reaction to prescription medication with strict FDA warning

ノースハリウッド高校の生徒と彼女の父親は、スティーブンスジョンソン症候群の治療を受けている火傷治療室ICUで2週間過ごした後、ラミクタールと呼ばれる薬を服用するリスクについて両親に警告しています。

それは、ロサンゼルス統一学区と協力しているクリニックで彼女の精神科医によって彼女に処方された薬に対する深刻な反応の結果でした。

まとめ

今回は「処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダブル・ダイアモンド

1頭およそ5000万円の羊ダブル・ダイアモンドの動画!

「ダブル・ダイアモンドは遺伝学に裏打ちされた、ずば抜けた存在だ」と購入者の1人であるジェフ・アイケンさんはガーディアンに語った。オークションで1頭の羊におよそ5000万円という高値が付き、世界で最も高 …

地震による巨大津波

千葉に地震が 多いのは、南海トラフ地震の予兆なのか?

2019年11月ころから、今年にかけて千葉や茨城、栃木で小規模地震が多く発生してます。南海トラフ地震との関係が気になるところです。 地震による巨大津波   目次1 千葉に地震が 多いのは、周 …

ジム・ロジャーズ

世界3大投資家ジム・ロジャーズ氏も「PCR検査数増」を主張

世界3大投資家」の一人とされるジム・ロジャーズ(Jim Rogers)氏が、週刊朝日「世界3大投資家 ジム・ロジャーズがズバリ予言 2020年、お金と世界はこう動く」の中で新型コロナウイルス対策の質問 …

no image

オンライン帰省と8割削減のために示した「10のポイント」根拠

阿部首相は、4月22日3月末の3連休で一気に感染が拡大した事例をあげ、4月末からの大型連休中の対応策の一つとして「ビデオ通話を使用したオンライン帰省」会見で述べた。併せて、政府専門家会議が8割削減のた …

郵便マーク

かんぽ生命の不適切な販売が起きた原因は何だったか?過剰ノルマの背景とは

郵便マーク   かんぽ生命の不適切な販売では、顧客の信頼を裏切るような既存の保険から不利な契約へ乗り換えなどが起きた。原因は組織な過剰ノルマが原因だったといわれます。なぜあれほどのマンモス企 …