最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

ロシアのモスクワに住むハイイログマ「ステパン」の動画!

投稿日:2020年10月19日 更新日:

ロシアのモスクワに住むハイイログマ「ステパン」の動画!生後3か月から人間と暮らしてきた28歳のハイイログマ「ステパン」(Stepan)は、モデルとして活躍しています。「ステパン」のなごめる動画紹介。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

目次

ロシアのモスクワに住むハイイログマ「ステパン」

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ロシアでプロの写真家として活躍する女性が、クマをモデルにモスクワの森の中で撮影した写真が「まるでおとぎ話から抜け出したよう」と話題になっている。

 

ロシアのモスクワに住むハイイログマの“ステパン(Stepan)”は生後3か月の時に母親と離れて森をさまよっているところをハンターによって保護され、その後スヴォトラーナさん(Svetlana)とユーリー・パンテレーエンコさん(Yuriy Panteleenko)夫妻に育てられた。

 

実の子供のように可愛がられ、夫妻と一緒に食事をしたりテレビを見たりして過ごしてきたステパンは人懐っこく穏やかな性格で、映画やテレビ番組、多数のコマーシャルにも出演している。

 

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ステパンの現在の体重は750ポンド(約340キロ)になるというが、夫妻は「身体は大きくても決して人間に攻撃的になったことはない。優しいクマだよ」と笑う。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

そんなステパンと一緒に写真を撮りたいという写真家は多く、 ロシア出身の写真家ミラ・ジダーノワさん(Mila Zhdanova、40)も長年ステパンとの写真撮影を夢見てきた一人でした。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ミラさんは「ステパンのことは夫妻を通して知ったの。かなりの人気者で、世界中から写真のモデルになって欲しいという申し出があるそうよ。私もステパンのモデルとしてのキャリアをずっと見てきたわ。夫妻がどんなふうにステパンに触れ合ってきたかもね。そして『このクマと一緒に写真を撮りたい』と密かに思うようになって5年後、夢が実現したの」と明かし、こう述べた。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

「実は大きなプロジェクトを終えた後、『写真家を辞めたい』と思ったことがあってね。精神的に追い詰められてうつ状態に陥ったのよ。そしてどうにもならなくなった時、『ステパンとの撮影を私の最後の仕事にしよう』と決めたの。実際に撮影が始まるまでにかなりの時間を要したけど、ステパンとの撮影を終えた時、次の撮影を楽しみにしている自分に気付いたの。」

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ミラさんによると、実際の撮影は90分と決められていて、ステパンの気分に合わせて進めていくそうだ。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

「決して強制はしないわ。私の写真は全てがステパンとモデルたちの自然な姿を捉えたものなの。よく『写真を加工した?』って聞かれるけど、そんなことは全くないわ」と笑うミラさんだが、自分の写真を通して伝えたいことがあるという。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

「多くの人に感じて欲しいのは、動物の美しさ、強さ、そして自然の素晴らしさね。驚く人もいるかもしれないけど、ほとんどの写真はモスクワの森で撮影されたものよ。そしてモデルが着用している服にもこだわっているの。夫が制作しているロシアのドレスを纏ったものが多いのよ。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ロシアという国を肌で感じ取って欲しいし、おとぎ話のような美しい世界を楽しんでもらえたら嬉しいわ。」

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ミラさんは「今後もステパンとの仕事を長く続けていきたい」と抱負を述べており、彼女の写真には「本当に美しい」「ゴージャスね」「ディズニーの夢の世界みたい」「こんなドレスが欲しい」「素敵!」「次の写真を楽しみにしているよ」といった感想が多数あがっている。

ハイイログマのステパン

ハイイログマのステパン

 

ロシアのモスクワに住むハイイログマ「ステパン」の動画!

ロシアのカップルが23年前に孤児のクマを養子にした。


Russian Couple Adopted An Orphaned Bear 23 Years Ago

 

ロシアのカップルは23年前に孤児のクマを養子にしました、そして彼らはまだ一緒に住んでいます。


Russian Couple Adopted An Orphaned Bear 23 Years Ago, And They Still Live Together

 

ロシアのモスクワで、人間のスヴェトラーナとユーリー・パンテレエンコと一緒に暮らす飼いならされたクマのステパンに会いましょう。

 

Panteleenkosは、ステパンが生後3か月の孤児だったときに養子縁組しました。彼はハンターによって一人で森の中で非常に悪い状態で発見されたので、スヴェトラーナとユーリーは彼に家を与えることに決めました。

 

23年後、ステパンは愛情のこもったクマに成長しました。クマは植物に水をやることで家の周りを助け、人間と一緒にテレビを見るのが大好きです。 「彼は絶対に人を愛し、本当に社交的なクマです。人々が考えていることにもかかわらず、彼はまったく攻撃的ではありません」とパンテレエンコ夫人は言いました。 「私たちはステパンに噛まれたことはありません。」

ステパンは毎日25kgの魚、野菜、卵を食べます!しかし、彼のサッカーへの愛情のおかげで、グーフボールはなんとか形を保つことができました。彼はまた、映画での演技や写真撮影のポーズで忙しくしています

 


ー       Bear in Russian traffic

 

ロシアのカップルはクマを採用して素晴らしかった。


ー  The Russian Couple Was Great By Adopting Bear

 


ー   Meet Stepan The Bear || Manamana

 

まとめ

今回は「ロシアのモスクワに住むハイイログマ「ステパン」の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う

米国で「表皮水疱症」と闘うEB患者マーキー君の動画!

米国で皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う20歳のマーキー君は、同じ病気で兄を亡くすも強く生きる動画。EB患者の大半は小児で、脆い蝶の羽にたとえて「バタフライ・キッズ」とも呼ばれており、年を重ねる毎に症 …

レイヴンマスターとワタリガラス

ロンドン塔の「カラスの女王」が姿くらます動画!

ロンドン塔のカラスの女王が姿くらましました。英ロンドン・テムズ川沿いにそびえる要塞「ロンドン塔」から、カラスの女王が消えたということです。最近、2007年から塔に在住していたメルリナという名のメスのカ …

唾液でPCR検査実施

唾液でPCR検査実施可能に、東京都も本格導入で医療従事者感染リスク減少

厚生労働省は、新型コロナウィルスの感染を調べるPCR検査を唾液で行えるようにすることを決定しました。東京都唾液PCR検査を本格導入する予定。米国では、すでに、唾液によるPCR検査では先行しています。米 …

天国のパパからクリスマスカードに返事が届く

「天国のパパへ」幼い姉妹が投函したクリスマスカードに返事が届く!

英グロスターシャー州ブリストル在住のステイシー・オークリーさん(Stacey Oakley、34)が、幼い娘たちに届いたクリスマスカードに感動の涙を流したエピソード。亡き父マットさんからのクリスマスカ …

データを記入する女子

同一労働同一賃金でパートの退職金はいつからどうなる?をわかりやすく解説します。

同一労働同一賃金が導入されます。同一労働同一賃金でパートの退職金は、いつからどうなるかどう変わるかですが、実施時期は大企業と、中小企業によって変わってきます。また同一労働同一賃金が導入後、パートの退職 …