最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

インド軍、北東部の中国国境へ部隊移動して、紛争拡大の可能性高まる!

投稿日:

インド軍、北東部の中国国境へ部隊移動したことで、紛争拡大の可能性が高まる。一方、中国は、国境が曖昧で、インドが「挑発的な挑発」を行ったと非難。Pangong Tsoは、インドにとって戦略的に重要な領域。#simmering border standoffChinaIndia

国境に展開する中国軍

国境に展開する中国軍

インド軍、北東部の中国国境へ部隊移動

国境紛争地帯

国境紛争地帯

 

インド軍、北東部の中国国境へ部隊移動したことで、紛争拡大の可能性が高まる。

 

インド政府当局者は、6月に北西部ラダック地方で中国との国境紛争が始まって以降、同じく中国と国境を接する北東部アルナーチャルプラデーシュ州アンジョー東部に部隊を移動させたことを明らかにした。

 

同地域もインドと中国が領有権を巡って争っており、両国の対立が一段と深まる可能性がある。

 

ただ今のところインドの政府と軍の関係者は直ちに衝突が起きることはないとの認識を示している。

インド軍の報道官はロイターに「基本的に部隊の交代で、いつも実施している。それ以上のものではない」と説明し、現時点で何も懸念すべきことはないと述べた。

国境に展開する中国軍

国境に展開する中国軍

 

一方、アルナーチャルプラデーシュ州議会のタピール・ガオ議員はロイターに、中国軍は定期的にインド領内へ侵入していると指摘し、アンジョーの一部地域は最も不安定との見方を示した。

中国は、国境が曖昧で、インドが「挑発的な挑発」を行ったと非難。

国境のインド軍

国境のインド軍

 

2020年9月2日、中国は、国境が曖昧になっているため、インドが「挑発的な挑発」を行ったと非難しています。

 

中国政府は、インドの軍隊が中国の領土に不法に侵入したとして非難し、2つの核保有国間のわずか3か月で2回目の緊張した国境の対立の舞台を設定するかもしれないとコメントした。

インドの中国大使館のスポークスパーソンは声明で、週末にインド軍が「国境地帯に再び緊張を巻き起こした」と述べ、「悪質な挑発行為を行った」と述べた。

 

中国によると、インド軍はヒマラヤの海抜約4.2 kmの戦略的に配置された湖Pangong Tsoの近くで、実際の支配線として知られる2か国の3379 kmの事実上の国境を意図的に越えたという。

 

中国とインドは、1962年にいくつかの国境戦争の最初の戦いを行って以来、湖を取り巻く地域で小さな紛争を続けてきました。

 

パンゴンツォを通過する実際の支配線は、当初の紛争の結果として確立されましたが、正確な境界線ではありません。

 

地図に表示されますが、インドと中国はその正確な位置に同意しておらず、どちらも定期的に相手を追い越したり、または領土の拡大を求めていると非難しています。

9月2日のコメントは、一連の非難と反論の中で最新のものです。月曜日に、インドの国防省は中国の人民解放軍に対する漠然とした告発を平準化し、「現状を変えるための挑発的な軍事運動」を行ったと非難した。

インドの国防省は、インドの軍隊が中国の軍事活動を先取りし、「地上で事実を一方的に変更するという中国の意図を阻止する」ための措置を講じたと述べた。

 

同省は作戦の詳細についてはコメントしなかったが、声明では、部隊はパンゴンツォの南岸での地位を強化するための措置を講じたと述べた。

 

中国の外務省はインド領土への侵入を拒否し、中国の軍事および外交官僚は現在、インド軍が境界線を越えたと非難しています。

 

大使館報道官は、「インドの動きは、中国の領土主権を著しく侵害している」と述べた。

 

「中国はインド側に厳粛な表明をし、その前線部隊を厳格に管理および抑制し、その約束を真剣に尊重し、直ちにすべての挑発的行動を停止し、直ちに実際の支配線を不法に不法に不法に侵略している部隊を撤退し、直ちに停止するようにインド側に要請しました。」と中国はコメントしています。

 

Pangong Tsoは、インドにとって戦略的に重要な領域

国境地帯

国境地帯

Pangong Tsoは、ガルワン渓谷の南にある長いV字型の水域です。

そのほとんどはチベットの中国地域にありますが、インドが支配する部分は戦略的に重要です。

インド軍がチベットと新疆の西部地域を結ぶ主要な中国の山岳道路の最短な距離に移動できるためです。

インドの政策研究センターに所属する国家安全保障の専門家バーラトカルナド氏は言います。

しかし、パンゴンツォの戦術的重要性は60年近く変わらなかったかもしれないが、「緊張はこれまでになく高まっている」とカルナド氏は語った。

インドにとって、湖はラダックの近くの地域を守るのに役立つ重要なバッファーとしても機能します。

ニューデリーを拠点とするシンクタンクであるオブザーバーリサーチファンデーションの著名なフェロー、マノジジョシ氏によると、この湖はラダック最大の町レーを支配または
占領しようとする軍事ユニットにとって非常に明白な進入ルートです。

 

「軍事的立場から、それが1962年に強く防衛された理由です」とジョシは言った。

 

カルナド首相は、極寒のヒマラヤの冬が近づくにつれ、今後数週間でさらなる衝突の可能性は減少すると述べたが、いずれかの側に大きな戦略的変化がなければ国境紛争が新たな常態になる可能性があると警告した。

 

インド、北東部の中国国境へ部隊移動、紛争拡大の可能性高まる動画

 


ー 中印国境で続く摩擦 インドが中共軍の挑発を非難

8月31日、インド政府関係者は中共軍が先週末に挑発的な軍事行動をとり、現状を変えようとしていると非難しました。両国間では、再び新たな対立が展開されています。

インド軍は8月31日、紛争中のヒマラヤ西部で国境を越えて丘を占領しようとしていた中共軍の試みを、インド軍が防いだと発表しました。事件は8月29日夜から8月30日未明にかけて、パンゴン湖畔で発生しました。インド軍が中国の動きを発見し、すぐに阻止したとしています。

インド側の声明では、中共軍は、ラダック東部での対峙期間中に、軍事的・外交的接触を通じた合意に反して、現状を変えるための挑発的な軍事行動を続けていると述べています。

 

一方、中共外交部の報道官は、中国軍は国境を越えていないと主張しています。

 

今回の衝突でインドと中国当局による、死傷者の発表はありませんが、AFPの報道によると、29日夜、インド軍の特殊部隊に所属するチベット出身の兵士がヒマラヤ地域にある中国との係争地帯で死亡したとチベット亡命政府が明らかにしました。

 

今年6月に発生した、中国とインドの国境地帯であるギャルワン渓谷での衝突で、少なくとも20人のインド兵が死亡しました。

 

その後、数回の会談が続きましたが、中共軍とインド軍は、両国が完全な主権を主張するパンゴン湖沿岸などの国境地帯で対峙し続けています。

 

まとめ

今回は「インド軍、北東部の中国国境へ部隊移動して、紛争拡大の可能性高まる!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウイグル人

中国がウイグル人イスラム教徒を「強制労働」工場に移動。

中国がウイグル人イスラム教徒を「強制労働」工場に移動しているという情報があります。これは、オーストラリア戦略政策研究所の新しい報告です。#China  #Uighurs #Xinjiang ウイグル人 …

アメリカ国旗

イランが理性的な対応をアメリカに促すことで「無制限ウラン濃縮」の実利を得る!

イランによる駐留米軍基地に対する弾道ミサイル攻撃の直後、イランはトランプ政権に対し自制を求める書簡を送っていたことがわかった。その後、トランプ大統領は、ホワイトハウスで国民向けに演説し、「軍事力を行使 …

三峡ダム

2020年7月7日の中国、三峡ダムの長江下流武漢の状況。

2020年7月7日時点で、揚子江の洪水が警報水位に近づいています。武漢は再び浸水しました。漢口川ビーチは完全に水没しています「川ビーチステージ」は水に浸っています道路はかなり水を含んでいます。長江第1 …

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトが、ツイッターでトランプ大統領を批判と反響

テイラー・スウィフトツイッターでトランプ大統領の「黒人殺害問題のデモ」のtweetを批判。テイラー・スウィフトツイッターの反響。トランプ大統領のデモに対する最近のtweetは。 テイラー・スウィフト …

咳をする男性

中国の肺炎が流行するが原因不明で重症化、対策と、これまでのまとめ。

中国の肺炎が武漢市を中心に去年12月より流行しています。いまのところ原因不明で重症化と死亡事例もでました。いま、少しづつ感染し広がりを見せていますが対策と、これまでのまとめです。 咳をする男性 &nb …