最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会 雇用、労働

新型コロナで世界の16億人が生計失う危機とILO発表

投稿日:

新型コロナウィルスの影響で世界各国が、ロックダウンなどを実施して、経済活動が停止していますが、今回ILO(国際労働機関)でショッキングな発表がありました。ILO(国際労働機関)の4月29日の発表によりますと「新型コロナで世界の16億人が生計失う危機」とILO発表が発表しました。

建設作業現場

建設作業現場

 

新型コロナで世界の16億人が生計失う危機

ILO(国際労働機関)の4月29日の発表によりますと「新型コロナで世界の16億人が生計失う危機」とILOが発表が発表しました。

新型コロナウィルスの影響で、世界の労働人口の約半分に相当する世界の約16億人が生計を失う危機にさらされているという報告書を発表しました。

 

ILOの報告書によりますと、新型コロナウィルスの影響での外出制限などで労働市場で
立場の弱い「非公式経済」の就業者の収入が大きく落ち込む可能性を指摘。

これを放置すれば経済への打撃だけでなく、社会不安にもつながりかねない。

非公式経済の就業者は、公式統計に表れにくい露天商や建設現場の労働者などをさします

世界で約20億人を超え就業者の約6割を上回っています。この人たちは、失業給付など公式の安全ネットの枠外にあります。

そして、こうした人たちの大半が途上国や新興国で暮らしています。

報告書では、4月22日の時点で、すでに11億人の非公式経済の就業者がロックダウン(都市封鎖)している国で働いています。

世界同時不況

世界同時不況

こんな中、アメリカのGDPの減少が戦後最大という発表がありました。

アメリカだけでも、失業保険の申請がこの1か月強で、2600万件を超えました。

これは、アメリカの全労働人口の7人に一人が失職したことになります。

今回のILOの報告は、今後の新型コロナウィルスの収束が長引けば、かなり深刻な事態への警鐘になります。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

 

まとめ

今回は、「新型コロナで世界の16億人が生計失う危機とILO発表」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会, 雇用、労働

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

田舎の郵便ポスト

かんぽ生命 不適切な販売 高齢者の次のターゲットは!

日本郵便のマーク   かんぽ生命不適切な販売で、インタビューでかんぽ生命 の今後について語った。千田かんぽ生命保険社長は、高齢者への不適切な販売が相次いだこともあり今後は「青壮年をターゲット …

母親のスマホで勝手に注文

ブラジルで母親のスマホで勝手に大量のマクドナルド商品注文の動画!

ブラジルの港湾都市レシフェ在住のライッサ・アンドラーデさん(Raissa Andrade、32)はある日、病院へ行く用事があり慌ただしくして、息子のトム君(Tom、3)はお腹を空かせていたが、食事を準 …

麻生太郎さんがどんな不適切発言をしたか。「単一民族」の何が悪いのか

麻生太郎さんがどんな不適切発言をしたかについてです。麻生太郎財務大臣といえば、問題発言、名言など話題にことかかない政治家ですが今回は「単一民族」発言が、各マスコミで不適切という指摘を受けています。「単 …

ゴーン被告の今後は有罪濃厚!最長禁固15年の刑を受ける可能性も。

ゴーン被告の今後は、有罪が濃厚になってきました。もしレバノンで敵国イスラエルへの入国の件が有罪になれば、最長禁固15年の刑を受ける可能性も濃くなってきました。さらに、フランス政府は独自に、ゴーン被告の …

新型コロナウィルス

世界各国の抗体検査を新型コロナウイルス対策に導入の現状

欧州やアメリカが新型コロナウイルスに感染したかどうかを調べる「抗体検査」の実施を行おうとする動きがあります。日本でも検討に入っているようです。目的は、早期の経済回復や医療現場での医療スタッフ確保です。 …