最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

超高層ビルが突然揺れる動画、 中国・深セン賽格広場(SEG Plaza)SNS投稿!

投稿日:2021年5月19日 更新日:

2021年5月19日午後までにまた再び揺れが発生しました。年5月18日超高層ビルが突然揺れる 。中国・深セン2000年に完成した高さ約300メートルの「賽格広場(SEG Plaza)」が地震でもないのに突然揺れだし都心パニックになる動画。深セン賽格広場が突然揺れた原因は何か。20年前の論文がインターネットで人気を博し、建設に問題があるとの指摘がありました。思い起こされるのが、鉄骨の変わりに石油缶を使うという杜撰な建設で500人が犠牲になった『サンプン百貨店崩壊』です。深圳の揺れているビル20年前の論文。

中国南部・深セン(Shenzhen)にある超高層ビル

中国南部・深セン(Shenzhen)にある超高層ビル

超高層ビルが突然揺れる 中国・深セン賽格広場(SEG Plaza)。

2021年5月18日、中国の深センにある華強北SEGビルが激しく揺れ、現場は避難しました。

5月19日午後までにまた揺れが現れました!

 

当時、建物内の多くの商人はまだ商品の配達に忙しく、心配を引き起こしていました! 同時に、20年前の論文がインターネットで人気を博し、建物の建設に問題があるとの指摘がありました。

 

中国南部・深セン(Shenzhen)にある超高層ビルが18日、突然揺れ出し、パニックとなった建物内から避難する騒ぎが発生し多くの動画が投稿された。

突然揺れたのは、中国南部・深セン(Shenzhen)にあるビルで、2000年に完成した高さ約300メートルの「賽格広場(SEG Plaza)」です。

 

 

「賽格広場(SEG Plaza)」は、中国屈指の急成長都市である深センの中心部、福田区(Futian)に位置し、現在大手家電製品店やさまざまなオフィスが入居している。

ビルは午後1時ごろに揺れ始め、屋内にいた人々は外へと避難。通りは逃げ惑う人たちで一時パニックに。

 

緊急管理当局は中国版ツイッター(Twitter)「微博(ウェイボー、Weibo)」で、同市では地震は起きておらず、ビルの揺れの原因を調査していると明らかにした。

福田区はその後の発表で、ビル内にいた人々が全員無事に避難したと説明。

ビルのさらなる揺れは検知されず、内部や外壁にも損傷はなかったとし、専門家の調査結果として、「ビルの主要構造や周辺環境に安全面での異常は確認できなかった」と述べた。

中国南部・深セン(Shenzhen)にある超高層ビル

中国南部・深セン(Shenzhen)にある超高層ビル

 

複数のネチズンが投稿した動画は、揺れが起きた後、人々はすぐに避難することを示しています。

5月18日午後16時ごろ、南都週刊誌の記者がセグ広場の階下で、セグビルの歩行者入口と駐車場の入り口が閉鎖され、歩行者と車両が立ち入りできないのを見た。

建物の不動産管理者は、建物全体が閉鎖され、営業時間は未定です。

 

午後17時ごろ、ビルの1階にある一部の店舗が営業を再開し、電子タバコの商人は、揺れが最初に出てきたとき、彼らはちょうどドアを開けたと言いました。

「問題ありません、建物は関連する基準を持っていますが、安全(避難)のために必要です。」
午後17時ごろ、一部の1階の商人が営業を再開した。

 

深セン市緊急事態管理局の公式マイクロブログは、5月18日13時50分に深セン市緊急事態管理局の当直室が、深セン市福田区の華強北通りセグビルが揺れたと報告しました。

 

市の地震監視ステーションのデータを確認し、分析した後、深セン市では地震は発生していない。 セグビルの揺れの原因は、関係当局によって検証されています。

 

複数の超高層ビルを請け負った建設エンジニアは、南都ウィークリーの記者に、高層ビルが揺れるのは問題ない、例えば、2018年の山竹台風では、深センのランドマークの1つであるスプリングズビルが1.2メートル、平安ビルが2メートル近く揺れたと伝えた。

 

しかし、台風や地震などの特別な状況がなければ、高層ビルの顕著な揺れは異常です。

 

しかし、彼は、建物の本体構造が損傷を受けなかった場合、建物のセキュリティはそれほど問題にならないと言いました。

「その後、コアバレル構造や外部円筒構造などの力システムが損傷していないか、基礎を点検し、建物全体が損傷や沈降傾斜などの問題を検出する必要があります。

 

このような状況がなければ、問題はそれほど大きくないはじ大きくないでしょう。”

別の建設エンジニアは、現場の人々の反応から、セグビルの揺れはそれほど正常ではないが、揺れの大きさに依存すると言いました。

揺れの原因について、彼は判断するためにより綿密な調査が必要だと言いました。

 

18日午後18時、深セン市福田区政府の公式マイクロブログは、2021年5月18日12時31分、セグ広場の当直職員がテナントから建物の揺れを感じ、建物管理事務所が建物内の緊急避難を通知し、スタッフを秩序ある避難に導くために、フロアラジオで迅速に通知したと伝えた。

13時55分、セグ広場の全ての人々が安全に避難しました。

福田地区は、報告を受けた直後に緊急対応を開始し、地区関連機能部門は、建物の安全性をテストするために専門家を組織し、専門家による予備検査と検査の後、建物周辺のサイトは、地面のひび割れ、カーテンウォールプレートの脱落損傷を見ていることはありません。

 

具体的な状況や原因は、さらなる調査と検証の対象とされ、速やかに社会に公表されます。

 

『サンプン百貨店崩壊』を彷彿。

今回の深セン賽格広場が突然揺れた原因を考えるとき杜撰な建設で500人が犠牲になった『サンプン百貨店崩壊』事件です。

 

鉄骨の変わりに石油缶を使う。

 

今回の深セン賽格広場(SEG Plaza)が突然揺れた原因としてすぐに連想されるのが1995年韓国で発生した大型百貨店が突然崩壊して500人が犠牲になった事故です。

 

鉄骨の変わりに石油缶を使うという杜撰な建設で500人が犠牲になった
『サンプン百貨店崩壊』です。

超高層ビル・深セン賽格広場(SEG Plaza)が突然揺れる動画 。

バイラルビデオ:中国の超高層ビル深センが避難し、不思議なことに
地震なしで揺れ始めた。


Viral video: Chinese Skyscraper Shenzhen Evacuated,
Mysteriously Began Shaking without earthquake

 


中国の西安で新しい道路が崩壊し、豆腐の残骸プロジェクトにより、
深セン華強北SEGプラザビルが再び揺れました。ロイヤルティダンスは
中国の多くの場

2021年5月18日、中国の深センにある華強北SEGビルが激しく揺れ、現場は避難しました。

5月19日午後までにまた揺れが現れました! 当時、建物内の多くの商人はまだ商品の配達に忙しく、心配を引き起こしていました!

同時に、20年前の論文がインターネットで人気を博し、建設に問題があるとの指摘がありました。

 

深セン華強北SEGビルで揺れていますか?緊急事態管理機関:チェック。


深圳华强北赛格大厦出现摇晃?应急管理局:正在核查

 

5.18深セン華強北SEGプラザの建物が揺れ、建物内のすべての人が不足し
、出てきたときに多くの人が嘔吐しました。


5.18 深圳华强北赛格广场大楼摇晃不停,楼内人员全部跑出,
很多人出来都吐了

 

深センSEGプラザの300メートルの建物のライブショットが突然揺れます!
職員はパニックになって逃げました!建物の老朽化ですか、それとも建物の
品質ですか?具体的な状況は調査中です!


現場實拍深圳賽格廣場300米大樓突然晃動!人員驚慌逃離!
是樓體老化還是建築質量問題,具體情況正調查中!

 

5月18日の午後、深セン市福田区華強北通りのSEGビルの揺れ事件が本土
ネットワークで広く報道され、この事件はWeiboのホット検索リストに載
っていました。ネチズンのビデオは、建物が揺れていることを示しており
、建物の上部にある避雷針も揺れていました。


5月18日下午,大陸網絡熱傳深圳福田區華強北街道賽格大廈搖晃
事件,此事登上微博熱搜榜。網友視頻顯示,該大廈出現晃動,大廈
樓頂的避雷針也在晃動,

 

深セン賽格広場(SEG Plaza)が突然揺れた原因。

今回の深セン賽格広場(SEG Plaza)が突然揺れた原因としてすぐに連想されるのが1995年韓国で発生した大型百貨店が突然崩壊事故。

鉄骨の変わりに石油缶を使うという杜撰な建設で500人が犠牲になった
『サンプン百貨店崩壊』です。

 


【ゆっくり解説】大型百貨店が突然崩壊 鉄骨の変わりに石油缶
を使うという杜撰な建設・・・500人が犠牲に『サンプン百貨店崩壊』
【1995年】

今回は、「サンプン百貨店崩壊」の紹介をしたいと思います。

これは、信じられないほど杜撰な建設計画と、管理体制によって引き起こされてしまった崩壊でした。

鉄骨の代わりに石油缶を使い、崩壊の予兆があったにも関わらず、営業を続けてしまった経営者たち・・・

しかし、10日以上経って奇跡的に生還した人たちもいました。

彼らの奇跡は世界中でニュースとなり、当時世間をにぎわせました。

 


ー   深圳の高層ビル揺れまくって民衆逃亡

 

 


ー      深圳の揺れているビル20年前の論文。

 

 


中国深セン市華強北賽格広場にある71階建ての高層ビルが激しく揺れ、
1万人以上が閉鎖された建物から避難した。インターネットで揺れの原因
が報告され

021年5月18日14:00頃、中国深センの華強北SEGプラザビルの71階建ての高層ビルが正体不明で揺れ、高層ビルが激しく揺れ、内部の揺れアニメーションの表面が露出しました。

10,000人が急いで建物を閉めました! シーンは混沌としている! インターネットで高層ビルが揺れる理由

深センSEGプラザは世界で最も高い鉄筋コンクリートの超高層ビルです!

中国のCCTV「天問1号」の短編アニメがコピーキャット版として爆発!

 

まとめ

 

今回は「超高層ビルが突然揺れる動画、 中国・深セン賽格広場(SEG Plaza)!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハリケーンサリー進路

2020年9月15日ハリケーンサリーの状況。

サリーが熱帯低気圧からハリケーンに変わりました。ルイジアナ州では、まだ傷跡が癒えない状況ですが、現地時間15日(火)朝にもハリケーン「サリー」が上陸する可能性が高まっています。ニューオーリンズは、予想 …

三峡ダム

2020年7月23日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

7月23日までの各地の洪水の概要とまとめ、7月22日、武漢の水位は28.57メートル、流量は57800 m / sでした。三峡ダムは27日に洪水第3派のピークを予測。その前にも7月20日には水位は16 …

インド中国国境の地滑り

中インド国境のメドッグ郡地滑りで道路は流され、交通が遮断!

中インド国境のメドッグ郡地滑りで道路は流され、交通が遮断!チベットの高速道路は、空の道路よりもナビゲートが困難です。✳️中インド国境のメドッグ郡の道路は流され、交通が遮断さ …

Bridger Walker

6歳の米少年が4歳の妹を救った。小さな英雄誕生とSNDで絶賛の声!

7月9日、ワイオミング州シャイアンで起きた事件。ブリッジャー・ウォーカー君(Bridger Walker)は4歳の妹が1匹の犬に襲われているのに気付いて助けに飛び込んだ。後で彼は、「誰かが死ぬ必要があ …

三峡ダム

2021年7月21日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

三峡ダム最新情報。最新の水位は150m。ダムの水位がまた急上昇している。河南省では大雨が降り、洪水が発生しました。鄭州、汝州、新郷、洛陽、開封、鞏義は洪水に見舞われました。河南省鞏義市の大雨により、山 …