最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

米ユタ州サラ・フレイの「強くあれ!」の動画!

投稿日:

米ユタ州デービス郡シラキュース在住でクリアフィールド高校に通うサラ・フレイさんは今年7月30日、アイダホ州とユタ州の境にあるベア湖に友達3人と遊びに行った帰りに交通事故に遭った。75日間の入院の間に20回の手術を受け、腸の30%を失い、両脚は太腿の半分下から切断された。今、サラ「強くあれ!」(Strong like Sarah)と両脚を切断した17歳、前向きな姿を地域全体が応援しています。動画を紹介。#Sarah Frei

サラ・フレイ

サラ・フレイ

米ユタ州サラ・フレイを「強くあれ!」と応援。

「サラのように強くあれ!(Strong like Sarah)」―こんな掛け声とともに17歳の高校生サラ・フレイさん(Sarah Frei)を励まし称える家族、仲間、そして地域の姿が話題になっています。

 

サラさんは交通事故で両脚を切断し、約2か月半の入院を強いられていました。

 

米ユタ州デービス郡シラキュース在住でクリアフィールド高校に通うサラ・フレイさんは2020年7月30日、アイダホ州とユタ州の境にあるベア湖に友達3人と遊びに行った帰りに交通事故に遭った。

サラ・フレイ

サラ・フレイ

 

サラさんが乗っていた車に正面から衝突した車の運転手は酒を飲んでおり、サラさんは同乗者の中で最も酷い怪我をした。

 

しかし現場周辺は携帯電話が通じず、救急車が到着するまでに45分から1時間を要した。

サラ・フレイ

サラ・フレイ

サラさんはユタ州北部にあるローガン・リージョナル病院に搬送された後、ソルトレイクシティのプライマリー・チルドレンズ病院へ、さらに同市のユニバーシティ・オブ・ユタ病院へと転院した。

 

その後、集中治療室で2週間半を過ごし、75日間の入院の間に20回の手術を受け、腸の30%を失い、両脚は太腿の半分下から切断された。

 

6人きょうだいの末っ子であるサラさんは、今年が高校生活最後の年で、事故前は学校でチアリーダーとして活躍、ゴルフチームにも所属していた。

サラ・フレイ

サラ・フレイ

 

両親によると、サラさんは明るく思いやりがあり、いつもたくさんの友人に囲まれているという。

 

サラさんの入院中、両親は交替でサラさんの看病にあたり、きょうだいや高校のクラスメート、チアリーディング部の仲間、地域の住民らが病院の外からサラさんを励まし続けた。

 

サラさんが入院していた病室には仲間からのポスターや写真が多数飾られ、ビデオ通話「FaceTime」で応援メッセージが送られた。

サラ・フレイ

サラ・フレイ

 

またサラさんの入院費用や自宅の改装などの助けになればと、ファンドレイジングのイベントも数回開催された。

 

サラさんは決して弱音を吐かずに手術に耐え、9月20日にはクレイグ・H・ニールセン・リハビリテーション病院に移り、両親はサラさんが回復する様子をInstagramに投稿し、サラさんを応援する全ての人々に感謝を伝えた。

事故車

事故車

 

Instagramには両親やきょうだいからのこんな言葉が綴られている。

「たくさんの励ましをありがとう。サラは痛みや腫れが引きとても調子が良いみたい。サラの前向きで明るい態度は医師、看護師、セラピストなど全ての人に活力をもたらしている。サラのパワフルさ、自信、不屈の精神は見習うべきものがあります。」

「上体を起こす練習中、何度やっても失敗するサラ。でも彼女はへこたれない。『自分はできる。もう一回』と言って何度も挑戦する。希望を捨てず、信念を持ち、諦めない。日に日に強くなるサラにエールを送りたい。『サラ! よくやった。その調子よ』とね。」

サラ・フレイ

サラ・フレイ

 

またリハビリ施設のヴェネッサ・リー医師は、サラさんについてこう語った。

「サラさんは腰から下が麻痺し義足をつけることができず、一生車椅子の生活となる可能性が高い。でも日々一生懸命リハビリに励み、決して弱音を吐かない。悪い知らせを伝えても、彼女は私たちを見て『それじゃ、私はどうしたらいいの? 何をしたらいい?』と解決策を探す。彼女は強く、どこまでも美しかった。」

 

そんなサラさんが退院したのは10月13日で、この日はサラさんの帰宅を祝うパレードが開催された。サラさんが病院を出ると、医師や看護師が並んで拍手を送り、サラさんのこれまでの健闘を称えた。

サラ・フレイ

サラ・フレイ

 

パレードでは自宅のそばの約1.6キロを警察車両が先導し、チアリーダーがパフォーマンスを披露。高校のフットボールチームのメンバーや、「サラのように強くあれ!」「退院おめでとう」と書かれたポスターを掲げるクラスメート、地域の人など大勢がサラさんを歓迎した。サラさんはあまりの人の多さに驚き、涙を流し、支援に感謝した。

 

医師によると、サラさんは順調に回復しているものの今後も手術が必要とのこと。

サラを周囲が応援

サラを周囲が応援

 

しかし退院後もリハビリに励み、高校のフットボールチームの試合のハーフタイムでは、チアリーディングの部員と一緒に車椅子でパフォーマンスを行った。

サラと友人

サラと友人

サラさんは高校卒業後、ユタ州立大学で教員免許を取り、小学校の先生になるのが夢でした。

「私たちは支え合うことができること、そして決して1人じゃないということを学んだわ。みんなの支えがあったからこそ、強くなれた。たくさんの愛を本当にありがとう!」とサラさんはコメントしています。

米ユタ州サラ・フレイを「強くあれ!」と応援の動画。

 

ローガンキャニオンのクラッシュで負傷した10代の友人が集まってサポートを示す。


Friends Of Teens Injured In Logan Canyon Crash Gather To Show Support

物事が非常に分かれているように見える時代に、100人以上のティーンエイジャーがケイズビル公園に集まり、彼らがどれほど団結しているかを示しました。

 

脇見運転:サラの話。


ー     Distracted Driving: Sarah’s story

2015年10月6日、サラは若い甥を後部座席に乗せて帰宅していました。彼女はテキストメッセージを送っていて、対向車と正面から衝突しました。これが彼女の話です。気が散っているなら、運転していない。

 

十代は自動車事故の後で病院からの仮想帰郷に出席します| NowThis


Teen Attends Virtual Homecoming From Hospital After Car Accident | NowThis

この10代は、大規模な自動車事故後の二重切断から回復している間、病院のベッドから帰宅することに出席しました。

 

この10代は、両足切断l GMAを受けた後、最も壮大な帰郷をしました。


This teen had the most epic homecoming after undergoing double leg amputation l GMA

17歳のサラ・フライは、病院から帰宅したとき、親しい友人や家族から遠くから応援されました。

 

麻痺したチアリーダーがウェルカムホームパレードを取得。


ー Paralyzed Cheerleader Gets Welcome Home Parade

交通事故で麻痺した意志の強いサラ・フライ(17歳)のために、英雄にふさわしい帰郷パレードが開催されました。フライの家族は、高校の先輩が20回の手術を受け、75時間以上の治療を受け、友人と一緒に乗っていた車が飲酒運転の疑いで殴られた後、両足を切断しなければならなかったと言います。

まとめ

今回は「米ユタ州サラ・フレイの「強くあれ!」の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本列島がもし海面が100m上昇したらの地図

日本列島がもし海面が100m上昇したどうなるの動画!

日本列島がもし海面が100m上昇したらの地図と海面上昇下降シミュレーション動画を紹介。日本の国土は山が多いので、海沿ぞいに開けた平野や山に囲まれた盆地など限られたところにしか街を築くことができません。 …

東京オリンピック

小池都知事「3密」解消へ呼び掛けに非難続出。人命より五輪重視のつけ

東京都の小池百合子知事は4月23日、新型コロナウイルス感染拡大によるスーパーや商店街の混雑対策を発表しました。密閉、密集、密接の「3密」の解消に向け、都民に対して「毎日の買い物を3日に1回程度に控えて …

給与明細書

同一労働同一賃金で正社員の高い方を引き下げは本末転倒!一億総低賃金化

大企業では、今年4月から中小企業では来年4月から「同一労働同一賃金」が導入されますが、企業が「同一労働同一賃金」の制度を利用し正社員の給与を下げる大義名分にしてするうごきますがあります。このような働き …

プラごみの海洋汚染問題、海鳥の被害の恐れ!減らす有効対策とリサイクルの実態

プラごみの海洋汚染の問題が深刻化しています。日本の本州から約1000km離れた無人島でもプラごみが漂着しています。地球環境を守るためにもプラごみを減らす有効な対策を行う必要があります。そして、現状のリ …

(ALS)と闘う母が最期の願い叶える

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の母最期の願い叶える息子の結婚式でダンス動画!

米テネシー州に住む男性が自身の結婚式で、筋肉が衰えていく難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」を患う母とダンスを踊った。筋萎縮性側索硬化症(ALS)と闘う母が最期の願いが叶えられた。息子の結婚式でのダン …