最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

トランプ氏批判の匿名寄稿、元米高官マイルズ・テイラー氏名乗り動画!

投稿日:

トランプ氏批判の匿名寄稿していた元米高官マイルズ・テイラー氏が名乗りを上げました。マイルズ・テイラー氏はあらためて、トランプ氏の続投阻止を訴えています。

マイルズ・テイラー

マイルズ・テイラー

元米高官マイルズ・テイラー氏名乗り

米国土安全保障省で2019年まで首席補佐官を務めたマイルズ・テイラー氏が10月28日、2018年に米紙ニューヨーク・タイムズに匿名の政府高官として寄稿し、トランプ米大統領を批判したのは自分だと名乗り出た。

 

マイルズ・テイラー氏の寄稿は、トランプ氏を道徳心がなく、狭量で、無能だと痛烈に批判し、一時話題となった。同氏は記事の中で、名前は明かさず、トランプ政権内の「抵抗勢力」の一人としていたが、電子出版のプラットフォーム「Medium」で執筆者だと名乗り出た。

マイルズ・テイラー

マイルズ・テイラー

 

同氏は「トランプ氏の言動が大統領続投に値すべきか、われわれが決めなければならない。われわれは重大な決断に直面している。トランプ氏の今後に関するわれわれの選択は今後数年のわれわれの将来に影響する」とし、「トランプ氏は2期目を担うに値しない」と断じた。

 

テイラー氏は共和党員だが、民主党の大統領候補バイデン前副大統領への支持を表明している。

マイルズ・テイラー

マイルズ・テイラー

 

これに対し、トランプ氏は「匿名の著者は、かなり前に職を解かれて不満を抱いている名もない人間だった」とコメント。

 

テイラー氏については「名前を聞いたことすらない」としたが、トランプ氏は8月に同氏を「ならず者」と呼んで批判している。

元米高官マイルズ・テイラー氏名乗りの動画。

トランプが2020年に敗れた場合、元トランプ当局者は彼の予測を共有します。


Ex-Trump official shares his prediction if Trump loses 2020

元トランプ政権の高官であるマイルズ・テイラーは、ドナルド・トランプ大統領が訴訟を利用して、選挙人が2020年のレースを証明するのを困難にすることを懸念していると述べています。

元トランプの公式支持バイデンは他の人が発言するだろうと言います。


Former Trump official backing Biden says others will speak out

最近ジョー・バイデンを大統領に推薦した元トランプ政権の役人マイルズ・テイラーは、CNNのジェイク・タッパーに、ドナルド・トランプ大統領のリーダーシップ能力を疑ってホワイトハウスにいるのは彼だけではなかったと語り、他の人がトランプに反対することを示唆している。

 

まとめ

今回は「トランプ氏批判の匿名寄稿、元米高官マイルズ・テイラー氏名乗り動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ氏「敗れたら米国を去るかも」と演説

ドミニオン選挙システムサーバーをドイツから押収したのはほんとか?

アメリカ大統領選挙で、誤動作を起こしているとされているドミニオン選挙システムサーバーを、米軍がドイツから押収したといううわさが出ています。これは。本当なのか、そうでないのか今日本でも関心が高まっていま …

アメリカ国旗

アメリカイラン問題でもはや両国が戦争になる可能性が不可避な情勢で日本も困難な状況

アメリカイラン問題でもはや両国が戦争になる可能性が不可避な情勢で、日本も困難な状況になっています。イランのホルムズ海峡封鎖は日本のエネルギー供給に甚大な影響をあたえます。そして、海峡警備の軍事的参加に …

咳をする男性

中国の肺炎が流行するが原因不明で重症化、対策と、これまでのまとめ。

中国の肺炎が武漢市を中心に去年12月より流行しています。いまのところ原因不明で重症化と死亡事例もでました。いま、少しづつ感染し広がりを見せていますが対策と、これまでのまとめです。 咳をする男性 &nb …

7月1日香港デモ

香港の新しい国家安全保障法制下で200人以上が逮捕。

香港の新しい国家安全保障法制下で200人以上が逮捕。香港警察は、中国の常任委員会が法律を制定した直後の最初の夜7月1日、新しい国家安全保障法に違反して最初の逮捕を行いました。 7月1日香港デモ 目次1 …

天安門広場

北戴河会議習近平続投か?ならば李克強失脚の恐れも!

北戴河会議2020年が終わりました。各メディアの断片的情報では、習近平続投の模様です。そしてNO2政府首相の李克強失脚の恐れも出てきました。 中国国旗 目次1 北戴河会議習近平続投か?ならば李克強失脚 …