最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

2本の脊柱と頭に3本目の手を持って生まれたケリー・リンチの動画!

投稿日:

米カリフォルニア州サンフランシスコ在住の自称コメディアン、ケリー・リンチさん(Kelly Lynch)は眼球が一つしかなく、2本の脊柱を持ち、頭に3本目の手が付いたまま誕生した。ケリーさんは2人で一つの身体を共有する結合双生児だった。2本の脊柱と頭に3本目の手を持って生まれたケリー・リンチさんは「障がいに屈することはしたくない」といいます。動画紹介。

ケリー・リンチさん

ケリー・リンチさん

2本の脊柱と頭に3本目の手を持って生まれたケリー・リンチ。

米カリフォルニア州サンフランシスコ在住の自称コメディアンのケリー・リンチさん(Kelly Lynch)37歳は、2人で一つの身体を共有する結合双生児だったが、双胎の片割れが子宮の中で上手く育つことができなかった。

その結果、眼球が一つしかなく、2本の脊柱を持ち、頭に3本目の手が付いたまま誕生しました。

ケリー・リンチさんは、様々な障がいを持って生まれ、「1年以上生きることはないだろう」と医師に言われながら37歳を迎えた。

 

ケリー・リンチさんは、インタビューで、彼女が障がいに屈せず、前向きに生きる姿をコメントして、それに対し、「輝きを失わないで」「インスパイアされた」という声が多数あがっている。

ケリー・リンチさんは、誕生後、医師は機能していなかった3本目の手を切除したものの、ケリーさんは成長するにつれて脊柱後側弯症に苦しむようになり、身長は117センチしかなく、湾曲した背中により肺のスペースが狭くなった結果、呼吸にも影響が出るようになってしまいました。

ケリーさんのコメントは次の内容です。

「私は友達と羽目を外したり、コンサートに行ったり、アート作品を鑑賞することが好き。でも肺動脈性肺高血圧症(PAH)を患うようになって、外出がめっきり減ったわね。動悸や息切れが酷くて、24時間の酸素吸入が欠かせなくなってしまったの。ただいつでも外出できるように、携帯用の吸入器を持っているのよ」

「私が子供の頃、父はよく私にこうアドバイスをしてくれたの。『誰もが障がいを持っているんだよ。トラウマ、身体障がい、視覚障がい、アルコール依存症…様々だよ』とね。そして年を重ねる毎に、その言葉の深さを実感しているの。父はきっと『障害を持っているからといって、他の誰かより優れているということはないし、劣っているわけでもない』と言いたかったんだと思う。」

「誰もが同じ人間だから、私たちはやりたいことをやればいい。私は自分が障がい者だからといって、自分のやりたいことに制限をかけるつもりはないわ!」

と語っています。

 

そして最近になって心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)の血圧が高くなるPAHを発症しているようです。

 

ケリーさんのPAHについてのコメントです。

「つらかったわ。両親は私に何と言っていいかわからなかったと思う。PAHは難病で、進行すると命にかかわるからね」と述べるも、「どんな病気を持っていても、自分らしく生きることが大切だと思うの。一人ひとり、みんな違うわけだし、私は自分のことを生意気で、面白くて、美しいと思ってる。だから病気に屈することはしたくない」と語りました。

 

 

ケリーさんの動画を見た人の感想です。

「美しい魂を持った人。どんなにつらいことがあってもあきらめないという姿勢が素晴らしい。私に希望を与えてくれてありがとう。」
「私も脊柱側弯症。でも仕事をし、結婚し、4人の子供もいる。酸素吸入が必要で、あなたとおなじように長いチューブで動き回っているわ。負けないで。」
「私は健康に生まれたけど、今は身体に障がいがある。あなたの言葉にインスパイアされた。」
「あなたの障がいが『能力(ability)』になっている。」
「『誰もが障がいを持っている』という言葉が心に響いた。」
「あなたはとても美しいわ。」
「その笑顔を忘れないで!」

2本の脊柱と頭に3本目の手を持って生まれたケリー・リンチの動画!

 

私は頭に3本目の腕を持って生まれました|生まれた違い。


I Was Born With A Third Arm On My Head | BORN DIFFERENT

 

まとめ

今回は「2本の脊柱と頭に3本目の手を持って生まれたケリー・リンチの動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

井波律子

井波律子氏死去,プロフィール、業績、作品、夫陵一氏プロフィール

「三国志」研究で知られる中国文学者、井波律子氏死去。 享年76歳。5月13日午後8時2分、肺炎のため京都市内の病院で死去した。日本の中国文学研究者。『三国志』の研究や『三国志演義』の翻訳などで知られる …

PCR検査、ドライブスルー

西村担当相のPCR検査に批判。PCR検査即座に受診陰性であることも確認。

新型コロナウイルス対策を所管する西村康稔経済再生担当相がPCR検査を受けたことが、ネット上で「ずるい」「要人だからずるい」などと批判を浴びている。症状が出ても検査を受けられないといった国民の不満が一気 …

成長企業グラフ

平均給与が伸びている企業ランキング。「コロナの影響」に強い企業

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、従業員への給与の支払い能力の高い企業を調査している。中堅上場企業「NEXT1000」を対象に日経新聞が「一人当たりの平均給与の増加率」の調査を行ったランキング結果。 …

クラボウ検査キット

抗体検査応用し新型コロナウィルス感染治療実用化を目指す

抗体検査は、感染治療への応用でも期待されている。現時点では、新型コロナウィルスに対する有効な治療薬がないが、感染し回復した人の血液は、ウィルスを排除する強い免疫能力を持つ。この血液を重症患者に投与すれ …

食肉処理場に向かうブタ “仲間”を踏み台にトラックから飛び降りる

食肉処理場に向かうブタが仲間を踏み台にトラックから飛び降り脱走の動画!

英デボン州北部のラングツリーで農家を営むサラ・アランさん(Sarah Allan)と夫のスチュアートさん(Stuart)は、手塩にかけて育てた3頭のブタを17キロ離れた食肉処理場にトラックで運んでいた …