最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

「ハリー・ポッター」の作者、J・K・ローリング未公開作品どんな内容?

投稿日:

世界的ベストセラー「ハリー・ポッター」の作者、J・K・ローリングさんが新型コロナウイルスの影響を受けている子どもたちのために未発表の作品を無料で公開しました。「イカボッグ」はどんな怪物か?最初の部分訳して載せました。興味のある方は読んでください。

JK rolling

JK rolling

J・K・ローリング未公開作品「イカボッグ」

J・K・ローリング(JK rolling)さんは26日、自身のツイッターに、屋根裏部屋にしまってあったという黒い箱とその中に入った未発表作品の写真を投稿しました。「イカボッグ」という怪物をモチーフにした童話で、「ハリー・ポッター」シリーズの後に出版される予定だったということです。

JK rolling

JK rolling

ローリングさんの家族以外は読んだことがないということですが、新型ウイルスの影響で不安な日々を過ごす子どもたちのために無料で公開するとしています。

最初の2章は26日にインターネット上で公開されていて、残りのストーリーも順次掲載していくということです。

JK rolling twitter

JK rolling twitter

 

未公開作品「イカボッグ」ストーリー内容

未発表作品twitter

未発表作品twitter

 

いま、インターネットでは最初の2章が、上がっています。

「イカボッグ」の正体がわかるように、最初の部分を訳してみました。

第一章(Chapter 1 King Fred the Fearless)

恐れ知らずのフレッド王

書き出し

むかしむかし、何世紀にもわたって長い髪の王たちによって統治されていたコルヌコピアという小さな国がありました。

私が書いた当時の王は、フレッドフィアレス王と呼ばれていました。彼の戴冠式の朝、彼は「フィアレス」と名前につけ、自分で発表しました。

キング・フレッド・ザ・フィアレスは大人気で王位についた。

彼は素敵な黄色のカール、精巧な口ひげがあり、タイトなブリーチ、ベルベットのダブレット、そして裕福な男性が当時着用していたフリルのあるシャツで壮大に見えました。

フレッドは寛大で、微笑んで、手を振ったと言われました。

誰もが彼を見つけ、王国全体に配された肖像画でひどくハンサムに見え、市庁舎で飾られました。コーヌコピアの人々は彼らの新しい王に最も満足しており、多くの人は彼が彼の父であるリチャード・ライチャスよりもその仕事で上手くいくと思っていました。-----」

第2章(Chapter 2 The Ickabog)

イカボッグ

書き出し

「イカボッグの伝説は何世代にもわたるマーシュランダーによって受け継がれ、口コミによってシューヴィルまで伝わっていました。

今日、誰もがその話を知っていました。

当然、すべての伝説のように、それは人々に伝えられることによって、少し変化しました。

しかし、すべての物語は、モンスターが国の最北端に、人間が入るには危険すぎる暗くて霧の多い湿地の広い範囲に住んでいることは一緒です。

 

その怪物は子供と羊を食べると言われていました。

時にはそれは夜に湿地の近くに迷い込んだ大人の男女を追い払うことさえしました。

イカボッグの習慣と外観は、それを誰が説明しているかによって変わりました。

蛇のようにしたものや、竜や狼のようにしたものもあります。

 

何人かはそれが吠えたと言った。他はそれが叫びの音を立てた、そしてさらに他の人はそれが警告なしに湿地に降りた霧のように静かに漂っていたと言った。

彼らは、イカボッグには並外れた力があったと述べた。

 

それは旅行者をその湿地に誘惑する人間の声を模倣することができました。

あなたがそれを殺そうとした場合、それは魔法のように豹変するか、さもなければ2つのイカボグに分かれるでしょう。

飛び、火を噴き、毒を撃つことができました。イカボッグの力は伝説の想像力と同じぐらいすごかったのです。

「私が働いている間、お前たちは、庭から離れてはだめだよ!」と、王国中の両親は子供たちに言うでしょう。

または「イカボグはあなたを捕まえて、あなたをすべて食べてしまいます。!」

そして、王国中で、男の子と女の子の間では、イカボグとの戦いの話、、イカボグの物語でお互いを怖がらせようとしました、

そして、話が怖くなって、イカボグについて悪夢を見ました。

バート・ビーミッシュはそのような小さな男の子の一人でした。

ダブテイルと呼ばれる家族が一晩夕食にやってきたとき、ダブテイル氏はイッカボグの最新のニュースであると主張したことで皆を楽しませました。

その夜、5歳のバートは目を覚まし、すすり泣き、恐怖に襲われました。夢の中で、モンスターの巨大な白い目が、ゆっくりと沈んでいた霧の沼を越えてキラリと光っていました。

 

「そこ、そこに」と彼の母親はささやきました。母親はキャンドルで部屋につまずき、膝の中で前後に揺り動かしました。 「イカボグはいない、バーティ。それはばかげた話です。」

「しかし、ダブテイルさんは、羊が行方不明になったと言った!」とバートはしゃべった。

「そうだ」とビーミッシュ夫人は言った、「でもモンスターが彼らを連れて行ったからではありません。

羊は愚かな生き物です。彼らは自分で立ち去り、沼地で迷子になったのです。」

バートは、母に、言った。

「しかし、ダブテールよさんは、氏は人も消えると言ったよ!」

「夜に沼に迷い込むほど愚かな人だけです」とビーミッシュ夫人は言った。

 

「さてさて、バーティー、怪物はいないのよ。」

「しかし、ダブテイルさんは、窓の外で人々の声が聞こえ、朝には鶏がいなくなったと言ったよ!」とバートは、母に、言った。

ビーミッシュ夫人は笑わずにはいられませんでした。

「彼らが聞いた声は普通の泥棒です、バーティー。湿地帯では、彼らは常にお互いを盗んでいます。イカボグを非難する方が、隣人が彼らから盗んでいることを認めるよりも簡単ですよ!」

「盗む?」とバートは息を切らし、母親の膝の上に座り、厳粛な目で彼女を見つめた。

「盗むのはいたずらですよね、ミイラ?」

「それはほんとうに、大変ないたずらです」とビーミッシュ夫人はバートを持ち上げ、彼を温かいベッドに優しく戻し、彼を中に押し込みました。

 

「幸運にも、私たちはそれらの無法な湿地帯の近くに住んでいません。」

彼女はろうそくを手に取り、寝室のドアに向かってつま先立ちをしました。

「もう遅いわ、寝なさい」、彼女は戸口からささやいた。

彼女は通常、「イカボーグを噛まないでください」と付け加えていましたが、これはコーヌコピア全体の両親が就寝時に子供たちに言ったことでした。

今夜は代わりに「お休み、ぐっすり寝てね」と言いました。

バートは再び眠りに落ち、夢の中にモンスターはもういなくなった。

偶然にも、ダブテイル氏とバートの父ビーミッシュ氏は仲の良い友人でした。

 

彼らは子供の時から、学校で同じクラスにいて、以前から、お互いを知っていました。

 

ダブテイル氏はバートに悪夢を与えたと聞いて罪悪感を覚えました。

彼はシューヴィル全体で最高の大工だったので、小さな男の子にイカボーグを彫ることに決めました。

歯でいっぱいの広くて笑顔の口と大きな爪のある足があり、すぐにバートのお気に入りのおもちゃになりました。

バート、彼の両親、または隣のダブテイル、またはコーヌコピア全体の王国の他の誰かが、イカボーグの神話のせいで、恐ろしいトラブルがコーヌコピアを飲み込もうとしていると言われていたら、彼らは笑っていたでしょう。

 

彼らは世界で最も幸せな王国に住んでいました。イカボッグはどんな害を及ぼすことができるでしょうか?

(次章に続く)

 

 

「イカボッグ」物語出版

「イカボッグ」という怪物をモチーフにした童話で、「ハリー・ポッター」シリーズの後に出版される予定だったということです。

今後、日本でも日本語版が出版されるのが楽しみです。

でも、さすが、「ハリー・ポッター」のJ・K・ローリング(JK rolling)さんです。

最初だけ、読んでみて訳しましたが、もう面白くて吸い込まれるようです。

映画化されれば、間違いなくヒットします。

閲覧者が多少あればこの続きも訳してみます。この記事を、数日したら、またのぞいてみてください。

 

 

まとめ

今回は、「「ハリー・ポッター」の作者、J・K・ローリング未公開作品どんな内容?」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジーナトマシナ

ジーナトマシナ(ジーナトマシノ)の生い立ち、現在、出演映画、テレビ。

ジーナトマシノはアメリカのテレビのパーソナリティです。   ジーナトマシナ   目次1 ジーナトマシナ生い立ち2 ジーナトマシノの現在3 ジーナトマシノの家族4 ジーナトマシノの出 …

チランジーヴィ・サルジャ

インドの俳優チランジーヴィ・サルジャさんが死去、哀悼の言葉と出演映画。

インドの俳優チランジーヴィ・サルジャさん、心臓発作で急死。 インドで多数の人気映画に出演した著名俳優チランジーヴィ・サルジャさんが、心臓発作のため急死した。39歳だった。多くの人からの哀悼の言葉が寄せ …

ボーエン氏と猫のボブ

「ボブという名のストリート・キャット」のボブが死亡。ボブについて。

実話がベストセラーの本や映画に登場した猫のボブは、14歳で亡くなりました。「ボブという名のストリート・キャット」という本の主人公で、映画にも出演したロンドンの猫「ボブ」。ボブは、ジェイムズさんに「毎朝 …

フレッド・ウィラード

フレッド・ウィラードが死去、実績、生い立ち、家族、出演映画、逮捕について

娘のホープマルバーガー氏とその代理人によると、ウィラード氏は2020年5月15日、自宅の自然死で、86歳で亡くなりました。夫のクリストファーゲストが頻繁にウィラードと仕事をしていたジェイミーリーカーテ …

no image

リー・フィエロ、『JAWS/ジョーズ』の名場面動画、死去詳細、実績、人柄

1975年制作のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『JAWS/ジョーズ』でキントナー夫人を演じた女優のリー・フィエロ(Lee Fiero)さんが、新型コロナウイルスによる合併症で死去しましたた。享年 …