最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

「卒業」の著者チャールズウェッブ死去、非唯物論的ライフスタイル。

投稿日:

小説「卒業」の著者チャールズウェッブが6月16日死去しました。81でした。ダスティンホフマン主演のマイクニコルズの映画「卒業」は日本でも有名です。生涯で9冊の小説を発表しています。2007年に「卒業」の続編「ホームスクール」を発表しました。非唯物論的ライフスタイルだったことでも知られています。

チャールズウェッブダイス

チャールズウェッブダイス

チャールズ・ウェッブが死去

小説「卒業」の著者チャールズウェッブ(Charles Webb)が6月16日、81歳でイーストボーンで死去しました。

 

1967年の映画の元となった小説「卒業」の著者であるチャールズウェッブは、友人のジャーナリスト、ジャックマルバーンによると、血液の疾患のためにイギリスのイーストボーンで6月16日に亡くなりました。

チャールズウェッブ

チャールズウェッブ

 

卒業は1963年に出版され、わずか4年後にダスティンホフマン主演のマイクニコルズの映画に採用されました。

 

この本と映画は、父親のビジネスパートナーの妻であるロビンソン夫人(アンバンクロフト演じる)と関係を築く若者、ベンジャミンブラドックが主人公です。

 

Webb氏は、この話はイーストコースト大学を卒業した後、ロサンゼルスで育った彼自身の経験に基づいていると主張しました。

 

ですが、チャールズ・ウェッブはその本が自伝的ではないと言った。

 

映画版は本に忠実に描かれ、オスカーを受賞しました。

 

しかし、変わり者のWebbはその栄光に浴せず、映画の権利からわずか20,000ドルを獲得しただけでした。

チャールズウェッブ

チャールズウェッブ
彼の後の作品には、小説「若い株式仲買人とニューカーディフの結婚」が含まれ、後に2003年のロマンチックコメディー「ホープスプリングス」になったがあります。

ウェッブは富と唯物論に関心がないと主張し、彼が言った「複数の家」を含む彼の収入と財産の多くを寄付しました。

 

彼は2人の子供がいて彼のパートナーであるイブ・ラッドと一緒に、長年トレーラーハウスに住んでいました。

Webb夫妻

Webb夫妻

 

彼らは子供たちをホームスクーリングし、ニュージャージーでヌーディストキャンプを運営しました。

 

夫婦は米国の結婚法に抗議するために離婚したが、一緒にいた。ラッドは昨年亡くなりました。

 

Webbは2007年にThe Graduateの続編「ホームスクール」を発表しました。

「ホームスクール」は主にお金のために書かれたと彼はいっていました。

 

チャールズ・ウェッブの小説

チャールズウェッブダイス

チャールズウェッブダイス

 

1963年 The Graduate

1969年 Love, Roger

1970年 The Marriage of a Young Stockbroker

1975年 Orphans and Other Children

1976年 The Abolitionist of Clark Gable Place

1977年 Elsinor

1079年 Booze

2002年 New Cardiff

2007年 Home School

非唯物論的ライフスタイル

 

映画卒業のダスティンホフマン

映画卒業のダスティンホフマン

ウェッブは彼の人生の大部分で貧困に相当する非物質主義的な生活を送っていた。

彼は裕福な医者である父親からの遺産相続を断った。

 

彼はヒットした映画「卒業」の権利を20,000ドルの1回払いで販売し、ステージの改作を含め、それ以上の請求はしませんでした。

小説集

小説集

 

彼は著作権をAnti-Defamation Leagueに寄付しました。

 


The Graduate (1967) Trailer #1 | Movieclips Classic Trailers

 

 

彼と彼の妻は、ロバート・ラウシェンバーグとアンディ・ウォーホルの芸術を含む彼らの所有物のほとんどを寄付しました。

 

彼らはキャンプ場、トレーラーパーク、ヌーディストコロニーのVWバスの外に住んでいて、子供たちをホームスクーリングしていました。

チャールズ・ウェッブの生い立ち・プロフィール

映画「卒業」

映画「卒業」

ウェッブはサンフランシスコで生まれ、カリフォルニア州パサデナで育ちました。

 

カリフォルニア州ロスオリボスにあるミッドランドスクールのチャンドラースクールに通い、1961年にウィリアムズカレッジを卒業しました。

映画「卒業」

映画「卒業」

Webbはニューヨークのヘイスティングスオンハドソンに数年間住んでいました。

 

Webbは彼の長年のパートナーであるEve Rudd(2019死去)と40年以上一緒です。

 

イブは頭を剃り、自尊心の低い男性のために、フレッドと呼ばれるカリフォルニアのサポートグループと連帯して自分自身を「フレッド」と呼びました。

 

フレッドはアーティストであり、彼女の作品にはウェッブの2002年の小説ニューカーディフのイラストが含まれています。

 

ウェッブ夫婦には2人の息子がおり、そのうちの1人は現在、アーティストです。

チャールズウェッブ夫妻

チャールズウェッブ夫妻

 

ウェッブは子供たちを学校に行かせないで、家庭で家庭教師ができるようにしました。

 

これは当時カリフォルニアでは違法であり、当局を回避するために彼らは州を逃れた。

 

ある時は、彼らはニュージャージーでヌーディストキャンプを管理しました。

ウェッブ夫妻は、また離婚もしています。

小説「卒業」

小説「卒業」

離婚の理由は(それは個人の違いによるものではなかった)、結婚制度または同性愛者に対する米国の結婚権利の欠如に対する抗議のいずれかと言っています。

 

ウェッブ夫妻は結婚式のプレゼントをゲストに売り返し、4軒の家を次々と譲り渡してパン屋で暮らし、掃除人、料理人、果物のピッカーとして小職をし、K-Martで働き、小屋に住んでいました。

 

ウェッブ夫妻はイギリスのイーストサセックス州イーストボーンに住んでいた時期もあります。

まとめ

今回は「「卒業」の著者チャールズウェッブ死去、非唯物論的ライフスタイル。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンニオ・モリコーネ

エンニオ・モリコーネ氏死去、作品と結婚や家族などについて。

7月5日、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ氏が死去しました。享年91歳。哀愁漂う旋律で、マカロニ・ウエスタンの普及に大きな役割を果たしました。レオーネの最後の映画「アメリカのワンスアポンアタイム」も …

ジョエル・シューマカー

ジョエル・シューマカー死去、作品や生い立ちそして私生活など。

「バットマン」映画と「ロストボーイズ」、ジェラルド・バトラー主演の「オペラ座の怪人」のハリウッドの映画監督で脚本家、ジョエル・シューマカーが80歳で死去しました。この1年ほど、ガンと闘っていたという。 …

Honor Blackman

オナー・ブラックマン生い立ち、結婚、柔道、死去(家族の言葉)、女優実績

元ボンドガールの女優、オナー・ブラックマンが死去。94歳でした。英メディアは6日、人気スパイ映画「007 ゴールドフィンガー」(1964年)で、主人公ジェームズ・ボンドの相手役「ボンドガール」を演じた …

サム・ロイド

サム・ロイドが死去、生い立ち、出演映画、テレビ。音楽活動。

『scrubs ~恋のお騒がせ病棟』テッド役サム・ロイドが56歳で死去。「スクラブ」でテッドバックランドの弁護士を演じることで最もよく知られている俳優のサムロイドは、木曜日に肺癌の合併症で亡くなりまし …

ジェリー・スティラー

ジェリー・スティラーの足跡、生い立ち、出演映画、Stiller and Meara、死去詳細。

コメディアン、ジェリー・スティラーが亡くなりました。息子ベン・スティラーのツイッターによると、自然死だったという。享年92歳。テレビ、舞台、映画映画に、「エアポート’75」「サブウェイ・パニック」など …