最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

ハリポタ原作者J・K・ローリングが、非難されたトランスジェンダーのtweetとは

投稿日:

大ヒット小説「ハリー・ポッター」シリーズの原作者J・K・ローリングが、トランスジェンダー嫌悪とも受け取られかねないツイッターへの投稿をめぐって非難の的になっている。

JK rolling

JK rolling

ジェンダー嫌悪とも受け取られるツイッターとは、

J・K・ローリング(JK rolling)が、トランスジェンダー嫌悪とも受け取られかねないツイッターへの投稿をめぐって非難の的になった問題のtwitterです。

J.K. Rowling @jk_rowling

‘People who menstruate.’ I’m sure there used to be a word for those people. Someone help me out. Wumben? Wimpund? Woomud?

「「月経をしている人たち。」昔はそういう人たちのための言葉があったはずです。
誰かが助けてくれます。ウンベン?ウィンプンド?ウムード?」」

「‘People who menstruate.’ 」「Wumben? Wimpund? Woomud?」

「『月経がある人』。ウンベン? ウィンパンド? ウーマッド?」

このコメントは、「ウーマン」や「ウィミン」という単語を使う代わりに「月経がある人」とした表現をあげつらったと思われ、しばらくして、J・K・ローリング名はツイッターのトレンドに浮上。

 

J・K・ローリングのtweetを「トランスジェンダー嫌悪」とみなしてローリングさんを非難する声が相次いだ。

その後、J・K・ローリングは、「トランスジェンダー嫌悪」と思われた自身のtweetに対し追加の説明を入れています。

J.K. Rowling @jk_rowling · 6月7日

If sex isn’t real, there’s no same-sex attraction. If sex isn’t real, the lived reality of women globally is erased. I know and love trans people, but erasing the concept of sex removes the ability of many to meaningfully discuss their lives. It isn’t hate to speak the truth.

「もしセックスが本物でなければ、同性愛はありません。セックスが本物ではない場合、世界中で生きている女性の現実は消滅します。私はトランスの人々を知っており、愛していますが、セックスの概念を消去すると、多くの人が彼らの人生について有意義に議論する能力が失われます。真実を語ることは嫌いではありません。」

さらに、J・K・ローリングは、連続してtweetをしています。

J.K. Rowling @jk_rowling

I’ve spent much of the last three years reading books, blogs and scientific papers by trans people, medics and gender specialists. I know exactly what the distinction is. Never assume that because someone thinks differently, they have no knowledge.

「「私は過去3年間のほとんどを、トランスピープル、メディック、ジェンダーの専門家による本、ブログ、科学論文を読んで過ごしてきました。私はその違いを正確に知っています。誰かが別の考えを持っているからといって、その人達が知識がないと思い込まないでください。 」

J.K. Rowling @jk_rowling

One of my best mates just called me. Self-described butch lesbian. It was hard to tell, because she was shouting quite loudly, but I could just make out ‘FUCKING YES!’

「「私の最高の仲間の一人がちょうど私を呼んだ。自称ブッチレズビアン。かなり大声で叫んでいたのでわかりませんでしたが、私はまさに、「FUCKING YES!」」と聴こえていました。」

J.K. Rowling @jk_rowling

‘Feminazi’, ‘TERF’, ‘bitch’, ‘witch’.
Times change. Woman-hate is eternal.

「「フェミナジ」、「TERF」、「雌犬」、「魔女」。時代は変わっても。女性嫌いは永遠です。」

J.K. Rowling @jk_rowling

The idea that women like me, who’ve been empathetic to trans people for decades, feeling kinship because they’re vulnerable in the same way as women – ie, to male violence – ‘hate’ trans people because they think sex is real and has lived consequences – is a nonsense.

「「何十年もトランスの人々に共感してきた私のような女性は、女性と同じように、つまり男性の暴力に弱い立場にあるため、親族関係を感じています。つまり、セックスは現実であり、結果を生きてきた-ナンセンスです。」

J.K. Rowling @jk_rowling · 6月7日

I respect every trans person’s right to live any way that feels authentic and comfortable to them. I’d march with you if you were discriminated against on the basis of being trans. At the same time, my life has been shaped by being female. I do not believe it’s hateful to say so.

「私はすべてのトランスパーソンが本物で快適な方法で生きる権利を尊重します。
あなたがトランスであることを理由に差別された場合、私はあなたと一緒に行進します。同時に、私の人生は女性であることによって形作られました。そう言うのが嫌だとは思わない。」

J.K. Rowling @jk_rowling · 6月7日

“I’ve never felt as shouted down, ignored, and targeted as a lesbian *within* our supposed GLBT community as I have over the past couple of years.”

「私は過去2年間と同じように、想定されているGLBTコミュニティ内で、怒鳴られたり、無視されたり、レズビアンとしてターゲットにされたりしたことはありません。」

 

 

これに対して映画で主役を演じた俳優のダニエル・ラドクリフ(30)が8日、LGBTQ支援団体のブログにファンを気遣うコメントを寄せた。

ダニエル・ラドクリフ

ダニエル・ラドクリフ

 

この発言を受け、ソーシャルメディアの公式アカウントを持たないラドクリフさんは、LGBTQの若者の自殺を防ぐ活動を展開している非営利団体「トレバー・プロジェクト」のブログに寄稿した。

の中でラドクリフさんは、「トランスジェンダーの女性は女性」と強調し、「それに反する発言はどんなものであれ、トランスジェンダーの人々のアイデンティティーと尊厳を消し去る。この問題に関してジョー(ローリングさん)や私よりもずっと詳しい専門家のアドバイスにも反している」と指摘した。

 

 

ラドクリフさんの寄稿では、ハリー・ポッターのファンに向けて「同書に関する自分の体験が汚されたり損なわれたりしたと感じている皆さんへ」と語りかけ、「あの発言が苦痛を生じさせたことを心から残念に思う」「あの物語の中であなたが大切にしていたものを、完全に失っていないことを願う」とした。

 

ハリー・ポッターの映画でチョウ・チャン役を演じた女優のケイティ・リューングさんもツイッターにコメントを投稿し、黒人のトランスジェンダーの人々を支援する団体への募金サイトにリンクを張っている。

ケイティ・リューング

ケイティ・リューング

 

ネットの声

J・K・ローリングが、トランスジェンダー嫌悪とも受け取られかねないツイッターの件でネットの声を見てみましょう。

「この問題は難しい。自身の性別が生物学的なものと違うと感じている人もいますし、自分と同性を好きになることもありますからね。

まあ、別に理解ありますよ!って発言する必要もないとは思いますが、理解できないんだからねって発言するのはより必要ないと思いますね。実害があったとかでもない限りは。」

「こういう問題は、結局心の問題なんだから、受け入れられるかどうかだって個人個人決めさせろよって思う。「私の心は体の性別と違うの!」って主張があれば、「私はそういう人たちとは関わりたくない」て意見だって尊重してくれ。お互いに意見を尊重して反発する考え方の人とは距離を取ればいいだけ、ことさら踏み込んでくる人は、どちら側の主張の人であれ鬱陶しいだけだ」

「この問題も、言葉狩りと価値観の押し付けでLGBTファシズムになってるよ。
ポリコレも結構だけど、全体主義的なやり方は必ず大きな反動が来る。」

「全世界的に良くも悪くも異論が認められない社会になってきましたね。
不寛容さを排除し始めた結果、不寛容な社会になっているのですから皮肉なものです。」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200610-35155064-cnn-int

以上、ネットの声でした。

 

まとめ

今回は「ハリポタ原作者J・K・ローリングが、非難されたトランスジェンダーのtweetとは」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャドウィック・ボーズマン

「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが死亡。

「ブラックパンサー」のチャドウィック・ボーズマンが死亡。享年43歳。2018年に「ブラックパンサー」に出演。 チャドウィック・ボーズマン   目次1 チャドウィック・ボーズマンが死亡2 チャ …

ブラッドとニコール

ブラッド・ピットと注目されたポチュラルスキーはノーブラ姿で現れた!

ブラッド・ピットとロマンスで注目されたポチュラルスキーはノーブラ姿で現れた。ポチュラルスキー(Poturalski,27歳)は、コートのドレスの下で焼けるように暑いスナップでノーブラになります。ブラッ …

ピート・ハミル

ピートハミルが死去、プロフィールや作品など!

ピートハミル、伝説のニューヨークの新聞記者、85歳で死去。「幸福の黄色いハンカチ」原作者でもあります。ピートハミル(Pete Hamil)は、アメリカ人ジャーナリスト、小説家、エッセイスト、編集者、教 …

チャールズウェッブ

「卒業」の著者チャールズウェッブ死去、非唯物論的ライフスタイル。

小説「卒業」の著者チャールズウェッブが6月16日死去しました。81でした。ダスティンホフマン主演のマイクニコルズの映画「卒業」は日本でも有名です。生涯で9冊の小説を発表しています。2007年に「卒業」 …

イルファン・カーン

イルファン・カーン死去、生い立ち、出演映画、結婚、家族

インド人俳優のイルファン・カーン(Irrfan Khan)さんが死去しました。享年53歳。2020年4月28日にムンバイ市内の病院に搬送され結腸感染症の治療を受けたが、翌29日に死去した。生い立ち、出 …