最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

ミシェル・ピッコリ死去、実績、出演映画、生い立ち、結婚、家族

投稿日:

フランスの伝説的俳優、ミシェル・ピッコリさん死去 。享年94歳。2020年5月18日、脳卒中のため死去。著名な俳優であるピッコリは、ブリジットバルドーやキャサリンドヌーブと共演。ピッコリは、3回結婚し、最近では俳優のLudivine Clercと結婚しています。

Michelle Piccoli

Michelle Piccoli

ミシェル・ピッコリ死去

 

フランスの俳優ミシェル・ピッコリ(Michel Piccoli)さんが死去した。94歳だった。遺族が18日、明らかにした。

2020年5月18日、サンフィルベールシュルリルにある邸宅で脳卒中のため死去。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

ルイスブニュエルの「ベルデジュール」とジャンリュックゴダールの「軽蔑」での役割で知られるフランスのスクリーンスター、ミシェルピッコリが死去しました。

俳優の家族は先週月曜日にAFPとルフィガロにミシェル・ピッコリの死を伝えました。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリの実績

 

1949年から2015年にかけて最近まで200を超える映画に及ぶピッコリの多くの映画の中には、「ベルデジュール」、「天の川」、「ブルジョワジーの秘密の魅力」など、ブニュエルの多くの映画が含まれていました。


Tendresse, mépris, cynisme… Savoir tout jouer, la vocation de Michel Piccoli

 

彼はまた、ゴダールの「軽蔑」(別名「ルメプリス」)、ジャックリヴェットの「ラベルノイジーズ」、ルイマルレの「5月のミロウ」、リチャードデンボの「危険な動き」、ピーターデルモンテの「旅の道連れ」でも高い評価を得ました。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

直近では、ピッコリはレオスカラックスの「ホーリーモーターズ」(2012年)とナンニモレッティの「ウィーハヴポープ」(2011年)で主演し、David di Donatello賞のベストアクターを獲得しました。彼はまた、2015年にバートランドマンディコの短編映画「Our Lady of Hormones」のナレーションも提供しました。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

ピッコリは、1980年にマルコベローキオの「A Leap in the Dark」でカンヌのベストアクター賞を受賞しました。


      A Leap in the Dark

彼はまた、ピエールグラニエ=デフェールの「奇妙な事件」でベルリンのベストアクターの1982年シルバーベア賞を受賞しました。


ー       Une étrange affaire

 

映画以外では、ピッコリは数多くの劇に出演し、短い「Train de Nuit」を含む3つの映画を監督し、「Alorsvoila」、「The Black Beach」、「C’est pas toutafait la vie dont j」を特集しています。 「avaisreve」

 

 

過去半世紀で最も個性的かつ多才な役者の一人とされ、アート系作品の伝説的存在だったピッコリさんは、スペイン生まれの巨匠、ルイス・ブニュエル(Luis Bunuel)監督の『昼顔(Belle de Jour)』や『ブルジョワジーの秘かな愉(たの)しみ(The Discreet Charm of the Bourgeoisie)』などに出演した。

またジャンリュック・ゴダール(Jean-Luc Godard)監督の1963年の名作『軽蔑(Contempt)』では、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)の相手役として強い印象を残した。

「フランス版ケイリー・グラント(Cary Grant)」とも称されたピッコリさんは、平凡そうな人物像は変えることなく、グラントさんやハリウッド(Hollywood)の他のマルチ俳優同様、ほぼどんな内容の作品にも自身を合わせることができた。

広い額と太い眉、いたずらっぽい笑みで、女性を誘惑する男性から警察官、ギャング、ローマ法王まで容易に演じ分けた。

ブニュエル監督の映画だけでも6作品に出演しているピッコリさんだが、 フランス版アカデミー賞(Academy Awards)と呼ばれる映画賞「セザール賞(Cesar Awards)」では、ルイ・マル(Louis Malle)監督作品『五月のミル(Milou in May)』や、ジャック・リヴェット(Jacques Rivette)監督作品『美しき諍い女(いさかいめ、La Belle Noiseuse)』などで4度ノミネートはされているものの、受賞には至っていない。

とはいえ1980年のカンヌ映画祭(Cannes Film Festival)では、マルコ・ベロッキオ(Marco Bellocchio)監督作品で男優賞に輝いている。

 

ミシェル・ピッコリの生い立ち、結婚、家族

 

イタリア系の父親アンリ・ピコリはヴァイオリニスト、母親マルセリーヌ・エクスペール=ブザンソンはピアニストという音楽一家でした。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

第二次世界大戦終息後、舞台俳優として活動を開始。アート系映画から大作まで150本以上の映画に出演した。

1990年代より監督もこなし、2001年の『黒い海岸』(日本未公開、CS放映)などを手がけている。

1980年のマルコ・ベロッキオ監督作『虚空への跳躍』Salto nel vuoto でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を、1982年の『Une etrange affaire』でベルリン国際映画祭男優賞を受賞している。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

ピッコリは、3回結婚し、最近では俳優のLudivine Clercと結婚しました。

Ludivine Clerc

Ludivine Clerc

家族と私生活 1954年に、ミシェルピッコリは女優のエレオノアハートと結婚しました。エレオノアハートには娘のアンコルデリアピッコリがいました。

彼は1966年に歌手JulietteGrécoと結婚し、1978年には脚本家Ludivine Clerc13と結婚し、ポーランド人の2人の子供InordとMissia14を養子にした。

ミシェル・ピッコリ

ミシェル・ピッコリ

 

ミシェル・ピッコリの出演映画

1954年 運命 Destinees

ー フレンチ・カンカン French Cancan Valorgueil

1956年  この庭に死す La mort en ce jardin シネクラブ上映

1959年 爪を磨く野獣 La bete a l’affut

1962年 いぬ Le doulos  ヌテシオ

1963年 軽蔑  Le Mepris 脚本家ポール・ジャヴァル

ー   小間使の日記  Le Journal d’une femme de chambre

1964年 スタンダールの恋愛論  De L’amour ラウル

1965年 潜行 Masquerade ジョルジュ

ー    七人目に賭ける男 Compartiment tueurs レネ

ー    レディL Lady L

1966年 獲物の分け前  La Curee アレクサンドル

ー   パリは燃えているか  Is Paris Burning? エドガー・ピザーニ

1967年 恋びと Mon amour Mon amour

ー   ロシュフォールの恋人たち  Les Demoiselles de Rochefort シモン・ダム

ー   奇襲戦隊 Un homme de trop

ー   昼顔  Belle de jour アンリ・ユッソン

1968年 黄金の眼 Diabolik

ー    別離 La chamade シャルル

1969年 トパーズ  Topaz ジャック

1970年 すぎ去りし日の…  Les choses de la vie ピエール

1971年 はめる/狙われた獲物 Max et les ferrailleurs マックス VHS発売題

1972年 ひきしお Liza

ー   ブルジョワジーの秘かな愉しみ  Le Charme discret de la bourgeoisie

1973年 最後の晩餐  La Grande bouffe ミシェル

1974年 地獄の貴婦人 Le trio infernal ジョルジュ

ー   自由の幻想  Le Fantome de la liberte

ー   友情 Vincent, Francois, Paul… et les autres フランソワ シネクラブ上映題

1975年 呪われた女 Leonor リカルド

ー    仮面/死の処方箋 7 morts sur ordonnance

1977年 シルビア・クリステルの ピンク泥棒 Rene la canne VHS発売題

1978年 野望の王国 L’Etat sauvage オルラヴィル TV5MONDE放映

1980年 虚空への跳躍 Salto nel vuoto マウロ カンヌ国際映画祭 男優賞 受賞

ー    アトランティック・シティ  Atlantic City U.S.A. ジョセフ

1981年 放蕩娘 La fille prodigue 特集上映

ー   Une etrange affaire ベルリン国際映画祭 男優賞 受賞

1982年 遅れてきた死神 Espion, leve-toi テレビ放映

ー   サン・スーシの女  La passante du Sans-Souci マックス

ー   パッション  Passion ミシェル・ブーラール

ー   愛の謝肉祭 Oltre la porta ムッティ氏 VHS発売題

ー   都会のひと部屋 Une chambre en ville

1983年 バトルランナー2030 Le prix du danger フレデリック VHS発売題


ー        Le prix du danger

 

1984年 ヴィバラビィ Viva la vie! ミシェル・ペリン VHS発売題

1985年 ゲームの殺人 Peril en la demeure VHS発売題


ー    Péril en la demeure – Bande annonce

 

ー   遠い日の家族 Partir, revenir シモン

1986年 汚れた血  Mauvais sang マルク

ー    ピューリタンの女 La puritaine ピエール シネクラブ上映

1987年 ラ・ルンバ La rumba ダミアン VHS発売題

ー    恋の病い Maladie d’amour ラウル

1989年 偉大なる家族 Les grandes familles ノエル テレビ・ミニシリーズ

1990年 五月のミル  Milou en mai ミル

1991年 美しき諍い女  La Belle Noiseuse フレンホーフェル

1993年 小悪魔とキッス Rupture(s) VHS発売題

1994年 ランジュ・ノワール/甘い媚薬 L’ange noir ジョルジュ

1995年 百一夜 Les cent et une nuits de Simon Cinema シモン・シネマ

1996年 ボーマルシェ フィガロの誕生  Beaumarchais, l’insolent コンティ

ー   雨上がりの駅で  Compagna di Viaggio コジモ

ー   ティコ・ムーン  Tykho Moon

1997年 犯罪の系譜 Genealogies d’un crime ジョルジュ・ディディエシネクラブ上映

2000年 家族の再会 Everything Is Fine(We Are Leaving)(家族の再会)
Tout va bien, on s’en va ルイ フランス映画祭上映後、CS放映

2001年 家路  Je rentre a la Maison ジルベール・ヴァランス

ー   黒い海岸 La plage noire  監督/脚本 CS放映

2002年 D.I. Yadon ilaheyya

 

2003年 リリィ La petite Lili

2006年 ここに幸あり  Jardins en Automne マリー、ヴァンサンの母

ー  夜顔  Belle toujours アンリ・ユッソン

2007年 ランジェ公爵夫人 Ne touchez pas la hache ヴィダム・ド・パミエ

2008年 戦争について De la guerre

2008年 エレニの帰郷  スピロス


ー      映画『エレニの帰郷』予告編

 

2011年 ローマ法王の休日  Habemus Papam ローマ法王(メルヴィル)


ー    Bande annonce : Habemus Papam

 

2012年 ホーリー・モーターズ Holy Motors


ー    Michel Piccoli in ‘HOLY MOTORS’ clip

 

まとめ

今回は、「ミシェル・ピッコリ死去、実績、出演映画、生い立ち、結婚、家族」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エンニオ・モリコーネ

エンニオ・モリコーネ氏死去、作品と結婚や家族などについて。

7月5日、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ氏が死去しました。享年91歳。哀愁漂う旋律で、マカロニ・ウエスタンの普及に大きな役割を果たしました。レオーネの最後の映画「アメリカのワンスアポンアタイム」も …

カール・ライナー

カール・ライナー死去、実績や生い立ちプロフィールなど。

アメリカの俳優、映画監督のカール・ライナーが6月29日、ロサンゼルス郊外ビバリーヒルズの自宅で死去。享年98歳。死因は老衰とみられる。ニューヨークのユダヤ系移民の家庭出身。60年代の人気テレビコメディ …

チャールズウェッブ

「卒業」の著者チャールズウェッブ死去、非唯物論的ライフスタイル。

小説「卒業」の著者チャールズウェッブが6月16日死去しました。81でした。ダスティンホフマン主演のマイクニコルズの映画「卒業」は日本でも有名です。生涯で9冊の小説を発表しています。2007年に「卒業」 …

no image

リー・フィエロ、『JAWS/ジョーズ』の名場面動画、死去詳細、実績、人柄

1975年制作のスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『JAWS/ジョーズ』でキントナー夫人を演じた女優のリー・フィエロ(Lee Fiero)さんが、新型コロナウイルスによる合併症で死去しましたた。享年 …

グレゴリー・タイリー・ボイス

グレゴリー・タイリー・ボイス死去、出演映画、ガールフレンドのアデポジュ

2008年の映画『トワイライト~初恋~』に出演した俳優グレゴリー・タイリー・ボイスさんが、ラスベガスの住宅でガールフレンドのナタリー・アデポジュさんと共に遺体で発見された。ボイスとアデポジュ二人の関係 …