最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

書籍

池宮彰一郎「密約―西郷と大久保」第一部で未完に終わった理由

投稿日:2020年3月16日 更新日:

池宮彰一郎の「密約―西郷と大久保」は雑誌『野性時代』に連載していたが、第一部で未完となっています。その理由は、やはり盗作疑惑でした。そして池宮彰一郎は、2007年5月6日に肺癌のため死去しています。享年83歳でした。 もう「密約―西郷と大久保」は永遠に続編を見ることは無くなりました。

池宮彰一郎

池宮彰一郎

 

池宮彰一郎「密約―西郷と大久保」第一部で未完に終わった理由

池宮彰一郎に対する盗作疑惑が持ち上がります。

池宮彰一郎著の『遁げろ家康』(朝日新聞社)は司馬遼太郎の『覇王の家』との類似点を指摘されてしまいます。

その結果、池宮彰一郎著の『遁げろ家康』2002年12月25日に絶版・回収になります。

 

同様に、池宮彰一郎著の『島津奔る』(新潮社)も司馬遼太郎の『関ヶ原』との類似の問題を指摘されます。

その結果、池宮彰一郎著の『島津奔る』も、2003年4月3日に絶版・回収になります。

 

それらの作品が、類似していると指摘されて、その理由を池宮彰一郎は、

 

「家内の病気や引っ越し、連載が重なり混乱し、資料と先輩作家たちの作品が混ざってしまった。自戒の意味から絶版をお願いした」と無意識に司馬遼太郎の作品と類似してしまったことを認めます。

 

そして、この池宮彰一郎の盗作疑惑は、作家声明を終わらせることになります。

結果、池宮彰一郎「密約―西郷と大久保」第一部で未完に終わったわけです。

ただ、私個人としては、歴史小説愛好家として、池宮彰一郎氏は、好きな作家でした。

「密約―西郷と大久保」が幻になってしまったことは残念です。

言うまでもなく、私も司馬遼太郎のほぼ全作品、エッセイを読んでいます。

池宮彰一郎氏の類似疑惑については、やはり似ていたとしかいいようがありません。

ただ、作家活動は、類似疑惑の後も続けて欲しいと望んだ一人です。

池宮彰一郎氏には、十分な独創性と才能があったと思うからです。

まとめ

今回は、「池宮彰一郎「密約―西郷と大久保」第一部で未完に終わった理由」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画家のジョージ秋山

漫画家のジョージ秋山死去、プロフィール、作品一覧、動画

漫画家のジョージ秋山さんが5月12日、死去した。享年77歳。芳明堂に勤務しながら、取次として担当した若木書房に原稿を持ち込んだり、漫画家の前谷惟光邸へ日参して、漫画家を目指した。前谷惟光の名義で出版さ …

田畑精一さん

絵本作家の田畑精一さんが死去。プロフィールや主な作品を紹介。

絵本作家の田畑精一さんが死去。享年89歳。新しい絵本シリーズを描くため、田畑精一と古田足日がいっしょに、保育園を取材してまわって構想を練り、「文」と「絵」について互いにアイディアを出し合いながら完成さ …

石井妙子氏

ノンフィクション作家石井妙子氏の著書紹介や囲碁とのかかわり

今、ノンフィクション作家石井妙子氏の新作『女帝小池百合子』が話題になっています。石井妙子氏の作家スタイルである緻密な検証をもとに書かれた本書は、小池百合子都知事の「学歴詐称問題」など人間性がどうなのか …

漫画家もりしげ氏作品

漫画家もりしげ氏死去、作品やプロフィールなど。

漫画家もりしげ氏が、6月30日死去しました。「花右京メイド隊」「こいこい7」「フダンシズム-腐男子主義-」などの作品で知られています。 漫画家もりしげ氏作品 目次1 漫画家もりしげ氏死去2 漫画家もり …

七つの大罪

人気漫画『七つの大罪』「ついに完結!!」とお知らせされ、7年半の歴史に幕

テレビアニメ化もされた人気漫画『七つの大罪』が、25日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)17号で完結することが、18日発売の同誌16号で発表されました。予告ページで「ついに完結!!」とお知らせされ、 …