最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが死去、動画紹介!

投稿日:

ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが死去しました。イアンは1976年、アラン・ロングミュアーの後任ベーシストとして同バンドに加入、わずか7カ月で脱退した。メンバー間の内部争いが原因だったという。

イアンミッチェル

イアンミッチェル

イアン・ミッチェルが死去

イアンミッチェル

イアンミッチェル

 

Ian Mitchell, former member of Bay City Rollers, dies at 62

ベイシティローラーズの元メンバーであるイアンミッチェルが62歳で死去。

 

1970年代に一世を風靡したイギリス出身のアイドルグループ、ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが死去した。62歳でした。。

 

イアンは1976年、アラン・ロングミュアーの後任ベーシストとして同バンドに加入、わずか7カ月で脱退したものの、莫大なインパクトを残したことで知られていた。

イアンミッチェル

イアンミッチェル

 

ベイ・シティ・ローラーズの公式フェイスブックページにはこのようにコメントが出されている。

 

「イアン・ミッチェルの訃報を受け、深い悲しみに暮れています」

 

「奥様のウェンディとご遺族、ご友人の皆様にお悔やみを申し上げます」

 

「イアン、安らかにお眠り下さい」

イアンミッチェル

イアンミッチェル

 

同バンドを脱退後、イアンはメンバー間の内部争いが原因だったと明かしていた。「頭をガスオーブンに突っ込む前に逃れる必要があったよ」と以前当時を振り返っている。

 

その後、ロゼッタ・ストーンを結成したほか、ベイ・シティ・ローラーズの再結成にも参加した。

 

「Rest In Peace、Ian」とスコットランドのポップバンドがInstagramページで彼の死を発表したとき、こう書いています。

イアンミッチェル

イアンミッチェル

 

ミッチェルは1976年に17歳でグループに加わり、創設メンバーでベーシストのアラン・ロングミュアの後任となった。

 

しかし、9か月後にバンドを辞め、故郷の北アイルランドに戻り、ロゼッタストーンのグループとして昔の友達と一緒に演奏しました。

 

ミッチェルはローラーズと一緒でしたが、1976年のアルバム「献身」と、ダスティスプリングフィールドの「私だけが一緒にいたい」のカバーバージョンをリリースしました。

ベイシティローラーズ

ベイシティローラーズ

 

しかし、彼はバンド内の緊張に対処するのが難しく、その12月に出発し、ギタリストのPat McGlynnに入れ替わりました。

 

世界タータンを変えたボーイバンド。

 

フェイスブックに書いて、創設メンバーのスチュアート・ウッドは、彼の元バンドメイトの死は「非常に悲しい、悲しいニュース」だと語った。
`Rest In Peace, ian’ to Sukottorando

ベイシティローラーズ

ベイシティローラーズ

 

2000年代にミッチェルと共演した米国の歌手、カイルビンセントは、彼らの時間から「いくつかの素晴らしい思い出」があったと言いました。

 

Instagramで書いた彼は、ミッチェルの未亡人ウェンディ「そして世界中のイアンのファンの軍団」に彼の「深い哀悼の意」を送りました。

 

ベイシティローラーズは、1970年代に英国と米国でタータンクラッドのセンセーションになり、バイバイベイビーやシャンアランなどのヒットを生み出しました。

ベイシティローラーズ

ベイシティローラーズ

 

バンドは、2018年に弟のデレクとともに亡くなった、エジンバラ生まれのアランロングミュアによって形成されました。

 

ウッドは現在もローラーでギターを演奏し、現在のラインナップには、歌手イアン・トムソン、ベーシストのマーカス・コードック、ドラマーのジェイミー・マクグローリーが参加しています。

 

イアン・ミッチェルの動画

イアン・ミッチェル、62歳で死去、ベイシティローラーズのベーシスト、「献身」アルバムに出演。


Ian Mitchell Dies at 62, Bay City Rollers Bassist On ‘Dedication’ Album

 

イアンミッチェル、62歳で死去、ベイシティローラーベーシスト、「献身」アルバム、
イアンミッチェル、ベイシティローラーベーシスト、「献身」アルバム、
#IanMitchell

ロゼッタストーンの動画。


ー     Rosetta Stone – Sheila 1978

Album-Dedication, 1976年。ベイ・シティ・ローラーズの動画。


ー  Ian Mitchell (Bay City Rollers) – Dedication

Nur das Beste。ベイ・シティ・ローラーズの動画。


Bay City Rollers (Ian Mitchell) – Rock ‘N Roll Love Letter

 


Bay City Rollers (in Japan with Pat McGlynn) – Don’t Worry Baby

 


ー   Bay City Rollers – Yesterday’s hero 1977


ー  Bay City Rollers (Ian Mitchell) – Dedication

 

まとめ

今回は「ベイ・シティ・ローラーズのイアン・ミッチェルが死去、動画紹介!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ代表曲や生い立ちそして家族など

ハンク・ウィリアムズ(Hank Williams)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている1950年代のロックンロールの先駆者たちの多くが、そのキャリアの初期にウィリアム …

足立“YOU”祐二

DEAD ENDの足立“YOU”祐二さんの音楽活動やプロフィールについて。

DEAD ENDのギタリストを担当した足立“YOU”祐二さんが6月16日、敗血症のため死去しました。享年56歳。 足立“YOU”祐二 目次1 DEAD ENDの足立“YOU”祐二さん死去2 足立“YO …

クリストファー・クロス

米歌手クリストファー・クロスが神経疾患で一時まひ。最近の動画!

米歌手クリストファー・クロスさん、神経疾患で一時まひしてしまいました。コロナ原因とみられています。神経が免疫系によって攻撃されるまれな神経疾患「ギラン・バレー症候群」と診断された。最近の動画紹介。#A …

百瀬 喬

音楽評論家百瀬喬さん死去、死因、業績、著書

音楽評論家百瀬喬さん死去。3月6日百瀬喬さんが亡くなわれました。82歳でした。死因は脳出血。葬儀は近親者で営んだ。音楽評論家百瀬喬さん死去、死因、業績、著書、寄稿、論評など。 目次1 音楽評論家百瀬喬 …

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザが死去、プロフィールや「マシンヘッド」について!

マシーン・ヘッドのオリジナル・ドラマーのトニー・コスタンザが死去。プロフィールや「マシンヘッド」とのかかわり、クライシス、クローバー、デブリスインク、パップスミアにも参加。 トニー・コスタンザ 目次1 …