最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

「中国ファーウェイ通じ北京へ情報流出」元米グーグルCEOが見解

投稿日:

中国ファーウェイ通じ情報流出 元米グーグルCEOが見解。米IT大手グーグルで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は18日までに英BBCラジオで、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べ、安全保障上の懸念を示した。高い技術力への危機感も表明した。

エリック・シュミット

エリック・シュミット

「中国ファーウェイ通じ北京へ情報流出」見解

 

シュミット氏は現在、グーグル親会社のアルファベットの技術顧問。米国防総省の技術分野に関する諮問機関のトップも務める。

 

シュミット氏は「ファーウェイが国家安全保障上、容認できない行為を行ってきたことは間違いない」と指摘。中国側への情報流出は「起きたと確信している」と強調した。

エリック・シュミット

エリック・シュミット

 

元GoogleのCEOであるエリック・シュミット氏は、ファーウェイが北京にデータをルーティングしたことは「間違いない」と語った。

 

「ファーウェイが国家安全保障で受け入れられないいくつかの慣行に従事していることは間違いありません」とシュミットは言いました。

ファーウェイ

ファーウェイ

 

ファーウェイはしばしば国家安全保障にリスクをもたらすと非難されており、米国当局はそれが中国のスパイ活動を可能にするかもしれないと心配しました。

 

ファーウェイは北京にデータを渡し、政府から独立していると主張しているとの非難を繰り返し否定している。

さらに、ファーウェイ社長は、北京の政府から、そのような圧力があった場合会社をたたむとまで断言している。

エリック・シュミット

エリック・シュミット

Huaweiは国家安全保障上のリスクであり、中国政府へのネットワーク情報のルーティングなどの容認できない行為を行っていると、元GoogleのCEOであるシュミット主張しています。

 

「Huaweiが国家安全保障で受け入れられないいくつかの慣行に従事していることは間違いありません」とシュミットはBBCラジオで放送されるためにドキュメンタリーで言った。

 

「Huaweiルーターからの情報が最終的には国家のように見える手に渡ったことは間違いありません」と彼は付け加えました。 「それが起こっている。私たちはそれが起こったと確信しています。」

ファーウェイ

ファーウェイ

 

電気通信大手はしばしば国家安全保障にリスクをもたらすと非難されており、米国当局は中国のスパイ活動を可能にする可能性があると懸念している。

 

ワシントンは同盟国に対し、ファーウェイが次世代の5Gモバイルネットワークにアクセスできないようにすることを強く求めています。

 

英国は現在、同社に5Gロールアウトでの制限された役範囲の許可する決定を検討しています。

ファーウェイ

ファーウェイ

 

専門家は、Huaweiが中国のスパイ活動および国家安全保障法により要請された場合、ネットワークデータを北京に引き渡さざるを得ないだろうと述べています。

 

しかしファーウェイはデータを北京に渡し、政府から独立していると主張しているとの非難を繰り返し否定している。

 

同社は木曜日に彼のコメントのためにシュミットに反撃し、中国の当局に顧客データを渡すという提案に異議を唱えた。

 

「現在米国政府に勤務しているエリックシュミットの主張は単に真実ではなく、過去の同様の主張と同様に、証拠に裏付けられていません」とファーウェイのビクターチャン副社長はCNBCに語った。

エリック・シュミット

エリック・シュミット

 

2001年から2011年までGoogleを率いたシュミット氏は、国防総省の国防革新委員会の議長を務めています。

 

BBCへのインタビューで、彼は以前、中国の技術企業は「ものをコピーするのが非常に得意である」という信念など、中国について「偏見」を抱いていたと述べた。

 

これらの偏見は今や「捨てられる必要がある」と彼は付け加えた。

ファーウェイ

ファーウェイ

 

「中国人は、西洋と同じくらい研究と革新の主要な分野で優れている」とシュミット氏は英国の国営放送局に語った。彼は欧米諸国に対し、研究資金への投資を増やし、官民部門の協力を強化し、国際的な才能へのオープン性を維持することにより、世界第2位の経済に歩調を合わせるよう促しました。

 

シュミットが中国についてコメントしたのはこれが初めてではない。 2018年、シュミットは、インターネットの2つの異なるモデルへの「分岐」について警告しました。

1つは米国が主導し、もう1つは中国が主導しています。

ファーウェイ

ファーウェイ

 

彼はまた、中国でグーグルが中国から撤退したときに、グーグルの働きを擁護したことを認めた。

 

Google nixedは、従業員の怒りに続いて、2018年に中国で検閲付き検索エンジンを立ち上げる計画を立てています。

 

まとめ

今回は「「中国ファーウェイ通じ北京へ情報流出」元米グーグルCEOが見解」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ大統領

「トランプ氏追い出す」身内から落選広告のよろめく動画!#TRUMPISNOTWELL

トランプ氏がよろよろとよろめいて歩く映像に合わせ、男性のナレーションが語る。「米国経済は史上最悪、過去4カ月間の米国の死者は過去最多。ドナルド・トランプの対応は何か。自らが勝てない選挙を止めることだ」 …

空母

中国史上初の国内製造航空母艦と世界各国の空母!

中国史上初の国内製造航空母艦と世界各国の空母!空母を保有している国はアメリカだけではなく、中国は第一世代の国内製造空母である「山東」と呼ばれる新しい船を進水させたところです。世界各国では、他にもイギリ …

ITツールで企業の業績の集計

米GDP減少が戦後最大、アメリカの新型コロナウィルスの経済対策

米国の実質国内総生産(GDP)は、4~6月期に年率換算で前期比40%減と戦後最悪のマイナス成長が予想されます。新型コロナウィルスによる経済封鎖で大手企業にも経営不安が 広がり、失業率も10%を突破しそ …

トランプラリーワシントン

2021年1月6日のトランプ応援団結集の様子!

ドナルド・トランプ大統領は元旦に、ワシントンD.C.で「BIGプロテストラリー」を主催すると発表しました。アメリカ大統領選の2021年1月6日に向けてのトランプ支持者によるトランプラリーの予想。何人の …

トランプ大統領

トランプ大統領WHOへの資金拠出停止に舛添・高須賛否両論意見紹介

アメリカがついにWHOに制裁。トランプ米大統領は4月14日、国連(UN)の専門機関である世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するよう政権に指示したと発表した。新型コロナウイルスが世界に感染拡大する …