最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

香港初めての新国家安全法に基づく逮捕者は「独立旗を持っていた」罪による。

投稿日:

香港警察は、7月1日に新国家安全法に基づき初めての逮捕者として、独立旗を掲揚した男を逮捕しました。

独立旗

独立旗

新国家安全法に基づき初めての逮捕者

独立旗

独立旗

香港新国家安全法に基づき独立旗を掲揚した男を逮捕。これが、新国家安全法に基づく初めての逮捕者となりました。

 

抗議者のデモを阻止する新しい法律が施行された。香港の警察は、独立旗を掲げた男を初めて逮捕した。

香港はこの日、新しい現実に目覚めた。

中国の中央政府が夜遅くに広範な国家安全保障法を課した。

独立旗

独立旗

 

都市の自治と貴重な市民的および社会的自由を剥奪し、領土に対する北京の権威主義的統治を強固にした。

 

この法律は、7月1日までに香港で発効しました。

 

イギリスの統治から中国への香港の譲渡の23周年のこの日、反対者を調査し、起訴し、処罰する地方と本土の当局の権限を劇的に拡大することになりました。

初めての逮捕者

初めての逮捕者

抽象的な言葉で、法律は離脱、転覆、テロ、および外国勢力との共謀を犯罪としています。

 

このような犯罪で有罪判決を受けた人は、懲役刑に至るまで刑に処される可能性があります。

そして香港警察は本日、独立旗を掲げた男を逮捕したと発表した。

新国家安全法の内容

7月1日効力の発効する1時間前に正式な条文が公表された新国家安全法の内容の要旨です。

香港国家安全維持法要旨

新法は香港の永住者と非永住者の両方に適用される。

以下の内容が含まれている。

国家からの離脱、転覆行為、テロリズム、香港に介入する外国勢力との結託といった犯罪を犯した場合、最低3年、最高で無期懲役が科される

中国中央政府と香港の地方政府への憎悪を扇動する行為は第29条違反となる。

公共交通機関の施設を損傷する行為はテロリズムとみなされる可能性がある。

 

長期にわたるデモでは、抗議者たちは市内のインフラを標的にすることが多かった
有罪となった者は公職に立候補できない。

 

中国中央政府は香港に新たな保安施設を設立し、独自の法執行官を配置する。施設も法執行官も香港の地元当局の管轄外となる。

香港特別行政区行政長官は国家安全保障事件における裁判官を任命できる。

新法告の知旗

新法告の知旗

 

香港の法務長官が陪審員の有無を決定できる。

地方自治体が設置した国家安全保障委員会の決定に対し、法的な異議申し立てはできない。

中国が「非常に深刻」とみなした事件の起訴を引

き継ぎ、一部の裁判は非公開で行う外国の非政府組織や通信社の管理を強化する。

同法第38条に基づき、非居住者が海外から同法に違反したとみなされる可能性もあるとみられる。

6月30日の施行以前の行為については適用されない。

 

まとめ

 

今回は「香港初めての新国家安全法に基づく逮捕者は「独立旗を持っていた」罪による。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ大統領

トランプ米大統領から横田早紀江さんへの書簡内容原文。

トランプ米大統領から横田早紀江さんへの書簡が送られました。米大統領は、横田さんに弔意を示し、書簡にはで「不屈の決意に感動」と書かれています。 トランプ大統領 目次1 トランプ米大統領から横田早紀江さん …

アラビア海

海上自衛隊護衛艦「たかなみ」の中東での活動域は?

2月2日海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」」が横須賀基地を出港した。「たかなみ」は2月下旬から中東海域で情報収集を始める。中東での活動域は結局、危険が予想されるホルムズ海峡は含んでいない。 護衛艦 &nb …

テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフトが、ツイッターでトランプ大統領を批判と反響

テイラー・スウィフトツイッターでトランプ大統領の「黒人殺害問題のデモ」のtweetを批判。テイラー・スウィフトツイッターの反響。トランプ大統領のデモに対する最近のtweetは。 テイラー・スウィフト …

トランプとバイデン

バイデンの応援チームとFacebookやTwitterとの関係をめぐって批判噴出!

バイデンの応援チームとFacebookやTwitterとの関係をめぐって新たな批判噴出。ジョー・バイデンの息子ハンター・バイデンによる腐敗したとされる商取引を詳述したニューヨーク・ポストの記事をツイッ …

王座に座る習近平国家主

中国習近平総書記の「中国人が決して承諾しない」を連発のウソ!

中国習近平総書記の「中国人が決して承諾しない」を連発のウソ。中国共産党の習近平総書記は9月3日、抗日戦争勝利記念75周年の座談会で、7月に中国共産党を批判したアメリカのポンペオ国務長官の発言を念頭に、 …